YouTubeアドセンスで稼ぐのは現実的かどうか?

最近、身近な知り合いがYouTubeアドセンスで稼いでいるという話を聞いたので、今回は改めてYouTubeアドセンスについて書いてみたいと思います。

YouTubeアドセンスで稼ぐのは現実的かどうか?

YouTubeアドセンス、と聞くとまだまだ難しいと感じてしまう人も多い事と思います。


YouTubeという言葉はもう聞き慣れて分からない人は居ないとは思いますが、「YouTubeアドセンス」って何?という人は僕の周りも含め、まだまだ多いように思います。


YouTubeアドセンスというのはYouTubeに投稿する動画に表示された広告から収入を得られる仕組みの事で、このアドセンス広告には種類が2種類あります。


1つはYouTube動画に表示されるだけで報酬が発生する「インプレッション報酬」と呼ばれるもので、YouTubeに投稿した動画が再生されて広告が表示されさえすれば、自動的に報酬が得られます。


そして、2つ目がYouTube動画に表示された広告がクリックされると報酬が発生する「クリック課金報酬」と呼ばれるもので、こちらは投稿したYouTube動画に広告が表示されて、その表示された広告を閲覧者にクリックされた分だけ報酬が得られます。


このように、YouTubeアドセンスというのは、投稿したYouTube動画が再生された時に、そこから広告収入を得る仕組みの事を言います。


そして今、実際にこのYouTubeアドセンスだけで大金を稼ぎ出している人たちが、この日本にも少なからず居るわけです。


そういう意味ではYouTubeアドセンスは夢物語でも何でも無く、現実的な「今の時代の新しいビジネスモデル」という事が言えると思います。


しかし、こういったYouTubeアドセンスの仕組みについて理解している人でも、なぜか「YouTubeアドセンスで稼いでみよう」と、いざ行動に移す人がまだまだ少ないのが現実です。


なぜ、行動に移そうとしないのかというと、やはりそこには「難しいそう・・・」とか「面倒臭そう・・・」という先入観があるからだと思います。


ただ、ここで「先入観」という言葉を使った通り、大半の人は実際にやってもいない段階で「自分勝手な思い込み」でそう思っている傾向にあります。


他にも「身近な人が誰もやっていないから・・・」と思っている人も、僕は多いと思っています。


なぜなら、それが日本人の典型的な特徴だからです。


誰か身近な人が実際にやって実際に稼いでいるという話を聞かない限り、行動には移しません。


「皆と一緒」で無いと不安なのが典型的な日本人の特徴です。


要するに、多くの人は「稼げるかどうか分からないものはやりたくない・・・」と思っているわけです。


先入観を捨ててまずはやってみる事の重要性。

冒頭で書いたYouTubeアドセンスで実際に稼いでいる僕の身近な知り合いも、「自分でも何でこんな動画の再生回数が何十万アクセスも行くのかまったく理解できない笑」という事を普通に言っていました。


たった1つの投稿動画が、事実放ったらかしの状態で毎月5万円弱の報酬を運んでくれているというのです。


勿論、ここまでの収入を1つの動画で稼げるような事は稀ですが、数千円台の収入を継続して稼げるような動画は、幾つかのポイントを押さえればわりと簡単に作成していく事が出来ます。


いざ実際にやり始めてみると、再生回数がどれくらい伸びるかワクワクしながら動画を撮って、その動画をどんどん投稿していくだけでいいんですから。


世の中の多くの人は「何か良い事無いかなぁ」と言う割には、目の前に転がっている多くのチャンスには見向きもせず、行動を起こしていません。


だから稼げないんです。


少なくとも今、YouTubeアドセンスは特別なスキルなどは無関係に誰にでも同じだけのチャンスがある市場だと思います。


言ってみればただただYouTubeに投稿した動画が再生されさえすれば稼げるわけですからね。


実際にYouTubeアドセンスで実際に、何百万回や何千万回の再生回数されている動画を見てみてください。


誰でも撮れるような動画ばかりなはずです。


子供でも撮れるような動画も少なからずあるくらいなので、特に凝った動画である必要も一切ありません。


むしろ、凝った動画程再生回数はあまり芳しくないものが多いと言っても過言ではないと思います。


ここに、大きなチャンスを感じる人が、今後大きく稼ぐ可能性のある人でもあると思います。


ネットビジネスの初心者だから、今すぐ稼ぐ事は出来ない、という事も一切ありません。


このYouTubeアドセンスに限っては、初心者だろうがベテランだろうが一切関係は無いわけです。


僕がやっているような、ブログやメルマガでアフィリエイトで稼ぐ事と比べてみてもYouTubeアドセンスで稼ぐ事というのは、経験やスキルなどは一切関係無く稼げる可能性があります。


それこそ、YouTubeアドセンスの再生回数の報酬だけで稼ぐ場合は、コピーライティングのスキルなども一切必要ありませんし、稼ぐ仕組みの構築すら必要ありません。


ただただ、再生されるような動画さえ投稿する事が出来れば、それだけで大金を軽々と稼ぎ出してしまう可能性を秘めているのです。


しかも、動画を撮って投稿するという事が出来る人であるなら誰にでもそのチャンスが同じようにあるビジネスモデルです。


僕的には「ネットでお金を稼ぎたい」という意欲がありながら、アフィリエイトなどのビジネスで上手くいっていないようであれば、チャレンジしてみる価値は十分にあると思います。


Youtubeアドセンスを始めるなら・・・。

一応、僕の方でYoutubeアドセンス関連の教材でお勧めなものは2つあります。


1つは完全にオリジナルな動画を撮影し、作成し、投稿していく正攻法で王道的に稼いでいくこちらのYoutubeアドセンス教材。


YouTube Adsense攻略プログラム「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」


そしてもう1つは、つい最近、販売になったばかりの教材なのですが、先程の正攻法で王道的に稼いでいくこちらのYoutubeアドセンス教材とは真逆の「邪道な動画」で稼いでいくこちらの教材です。


邪道Youtuber育成プログラム「Evil Youtuber Subject」


いずれも正反対な教材ですが、正攻法でいくなら「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」。


やや邪道な方法でもとにかくバンバン稼いでいきたいなら「Evil Youtuber Subject」の方をお勧めします。


双方のセールスレターを読んで自分に合う方を選んでみてはどうかと思います。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ