エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)尾上雄二のレビュー

足立です。


僕のブログでは「コピーライティングの教材」から「転売系の教材」まで、僕なりに価値があると思った教材をそのジャンルごとにご紹介しています。


その中で、世間的な注目度の高さもあってか、よく売れているジャンルの情報商材の1つが「Youtubeで稼ぐ系の教材」です。


そのYoutubeで稼ぐ系の教材では「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」という教材を推奨していたのですが、今日はそれとの「比較」という形で、あるもう1つのYouTubeビジネス教材を取り上げてみたいと思います。

エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)

エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)
URL :http://evilyoutuber.black/toku/
販売業者:株式会社バンザイ
販売者 :福田功、尾上雄二
所在地 :三重県鈴鹿市西条9丁目22番地

エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)レビュー

こちら「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」同様、Youtubeアドセンスで稼ぐ事を目的にした教材なのですが、セールスレターでは“グレーゾーンを狙った邪道な方法で広告収入を得ていく”という事が謳われています。


グレーゾーンと言うと、それだけで拒否反応を示してしまう人も大勢居ると思いますが、実は僕もどちらかと言うとそういうタイプの人間です。


ただYuotubeで稼ぐ系のノウハウについては、そもそもが根本として「グレーゾーン」に分類されるようなものが多いのではないかと思います。


現に今もYoutubeで稼いでいる人の多くはその「グレーゾーン」をうまく突いて稼いでいるのではないでしょうか。


そんな中でも、僕がこのブログでも推奨している「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」については、そのグレーゾーンな要素をほぼ排除した「クリーンそのもの」な方法のみで収入を得ていく事が出来る教材になっていました。


だからこそ僕も「これなら長く実践出来る真っ当な教材」という判断のもと「推奨出来る教材」として紹介させて頂いていたわけです。


YouTubeAdsense攻略情報共有プログラム


その上で、今回取り上げる、エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)は、自らセールスレターの中で“邪道な稼ぎ方”ということを謳っている、ある意味では「潔い教材」と言えるかもしれません。


ただその“グレーゾーン”“邪道”という部分が実際「どこまでグレーで邪道のものなのか」を僕なりに批評していきたいと思います。


「エビルユーチューバー」はどこまでグレーで邪道なのか。

ひとまず多くの人が気になっているであろうところだけを最初にお伝えしておくと、この「エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)」に書いてある方法で動画を作れば、事実、その動画の再生回数は“かなり高い確率で”大幅に稼ぎ出せてしまうと思います。


Youtubeアドセンスによる広告収入をメインにしていく場合、この「再生回数」はそのまま「収入」に直結しますので、動画の再生回数を大幅に稼ぎ出せるという事はそれだけこのノウハウは「稼げる事」を意味します。


要するにこのエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウは「稼げる」という事です。


それこそエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウで投稿していく動画1つ1つの再生回数の比率(=稼げる広告収入の比率)は、僕が推奨していた「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」で作り出せる動画より、遥かに上をいく事は間違いない・・・と思いますね。


ただ「再生回数(収入)だけ」を考慮するなら、2倍、3倍どころでは無く、5倍、10倍は違ってくるかもしれません。


それこそ“正攻法”の「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」では多少なりと“当たり外れ”があったものがこの“邪道”な「エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)」であれば、その“当たり外れ”を無くして、ほぼ全ての投稿動画をことごとく「当たり動画」にしていく事も可能になると思います。


そしてその要因こそがセールスレターでも“邪道”と謳われている「既に出来上がっている動画等の素材を使う」という“動画の作り方”にあります。


要するにYouTubeビジネスで一番の肝となる「投稿動画」を、自分で自ら撮影する等の手間を一切かける事なく、「既に出来上がっている素材のみ」を使って動画を作成し、投稿していくという事です。


当然これは正攻法で自分だけのオリジナル動画を自作している真っ当なYoutuberからしてみれば、完全に「邪道な動画の作り方」としか言えないと思います。


言わば他人のふんどし“だけ”で相撲を取っているようなものですから。


それこそ普通、YouTubeへ投稿する動画は、自ら動画の撮影をする所から始まり、そういう動画を投稿していくものです。


ただ「広告収入」を狙ってそれをやっていくとなると、やはりいざ投稿しても全く再生されないような動画が出てきてしまう事もあります。


むしろそういう動画の方が大半であり、その中で幾つか「当たり動画」が出てくる事でようやくその広告収入を得ていく事が可能になります。


正攻法を辿ってYoutubeアドセンスで稼いでいくというのは、まさにその積み重ねなわけです。


そこをエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウでは、ある程度「再生される事が分かっている動画ネタ」を基に「それに沿った素材」で動画を作成し、投稿していくというまさに「邪道なやり方」で動画を投稿していきます。


当然、そんなやり方をしますので、いざ投稿した動画が全く再生されないという事はほとんどありません。


結果として「当たり動画」を量産していけるわけです。


あとはその「グレーゾーン」を狙った「邪道の方法」が法的に、Youtubeの規約的に、何より実践していくあなた自身的に「許されるのか」というところが重要なのではないかと思います。


エビルユーチューバーにおける法律、規約の境界線について。

ではその日本の「法律」とYoutubeの「規約」的にそもそもこの方法は「許されるのか」という点についてですが、実際のところそこはグレーゾーンでも何でもないというのが実状だと思います。


法律にせよ、規約にせよ、それは「決まり事」ですから、そこに違反している要素が無ければそれは「白」であり、そこには明確な境界線がある以上、実際のところ「グレー」というものは存在しません。


世間的に言われているグレーゾーンというのは、実際は白か黒かのどちらかであり、そこが「曖昧なもの」をグレーと言うわけです。


ただ、このエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウについては、全く持ってそこは「曖昧」にはなっていません。


ここはマニュアルをきちんと読んでいけば、しっかりと「理解」と「納得」が出来るポイントですが、このノウハウは全く持って「問題の無い方法」と言えます。


要するに「白」だという事です。


ただ、そこを多くの人が「グレー」だと思っているところがあり、また、その境界線をしっかりと認識せずにギリギリのところで近い事をやっている人達が多い傾向にあるようです。


そこを踏まえてその「境界線」を明確にした上で、この「動画の作り方」を完全に“クリア(白)な状態”でやっていけるようにそのポイントをマニュアル化しているのがこのこのエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)という教材なわけですね。


マニュアルの方ではこんな感じの図解も交えながら、かなり具体的にその「踏み越えてはいけない境界線」などの解説をしてくれています。




多くの人は「自分の価値観」を中心に物事を考えてしまいがちなので、YouTubeをまったく見ない人や、YouTubeの事をあまり知らない人にとっては、この「エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)」のやり方は「邪道そのもの」であり、受け入れられないものに感じてしまうかもしれません。


ただYouTubeの世界を深く知って行けば知って行く程、このノウハウで行っていく事は「至って普通の事」である事に気が付くと思います。


何故なら、現実としてYoutubeの中にはこの方法で作られたような動画がバンバン投稿されているからです。


要するにこのエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウは、その「境界線」などを明確にしたものとして、このような形で公開されたのが「初」というだけで、実際に同じような方法、同じような動画で稼いでいるような人は既に数多く存在します。


そんな「彼等」がやっている事を「その踏み越えてはいけない境界線」や「動画の作り方」などを具体的にマニュアル化したものがこのエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)という教材なわけです。


ただこのエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウにおけるその「邪道な方法で作り出せる動画」がどういうものかは、セールスレターの方で全て公開されています。


幾ら稼げるとしてもそれを見て「どうしても腑に落ちない」という人は、Youtubeを使って稼ぐというビジネスそのものに固執しないか、僕が推奨している「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」の方で正攻法の稼ぎ方をしていけばいいと思います。


今現在の段階では、事実としてエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウの方が圧倒的に再生回数と広告収入を稼ぎやすい状況にあると思いますが、その状況がずっと続くとは限りません。


少なくとも僕はいつかは王道的な「正攻法」である「YouTube Adsense攻略情報共有プログラム」のノウハウの方が将来的には「長期的に稼げるノウハウ」になっていくと思っています。


まあ、それが何年先か、十数年先かはわかりませんが、たぶん、そうなります。


例えばテレビ業界が本格的にYouTubeやネット動画の世界に参入してきた時などは、下手にエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウで作れる動画よりも、正攻法で作れるオリジナル動画の方が需要が集まってくるんじゃないかな、、、と思いますね。


ただ「今現在の段階」では、「エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)」のノウハウは間違いなく有効であり、実際に今は「稼げる動画」を幾らでも量産出来る状況にあると思います。


それは事実、間違いありません。


エビルユーチューバー+アフィリエイター銀次さんの限定特典。

こちらのエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)ですが、こちらのアフィリエイターさんがかなり手厚く、有効な特典コンテンツを提供してくれています。

エビルユーチューバー+アフィリエイター銀次さんの限定特典

エビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)のノウハウで作成した動画に集まってくるアクセスを「Youtubeアドセンスの広告収入」だけに留まらせる事無く、別の形でも収入に変えていくというノウハウです。

しかもその「別の形の収入源」というのが「Youtubeで稼ぐ系の情報商材を売り込んでいく」というもの。

要するにYoutubeの利用者にYoutubeで稼ぐ系の情報商材を売り込んでいくという戦略になります。

これは僕には無い発想でしたし、その戦略という面でもかなり詳しいやり方がきちんと解説されています。

これはエビルユーチューバー(Evil Youtuber Subject)を実践していくのであれば、確実に併せて実践していく事をお勧めします。

おそらく収入の上がり方が2倍、3倍は違ってくると思いますので。(やり方次第ではもっと変わってくるかもしれません。)

勿論「動画の説明文に誘導リンクを貼ればOK」というだけの薄っぺらなノウハウではありませんので「Youtubeマーケティング」という観点でもかなり参考になる特典かと思います。

これだけでも1つの情報商材として十分に成り立つ特典内容ですね。

LPを使わないリストマーケティング戦略なども解説されていますので、Youtubeをマーケティングの入口の1つとして増やしていきたいような人にもお勧めの内容です。

是非一度、銀次さんの特典コンテンツの詳細もご覧になってみてください。

エビルユーチューバー+アフィリエイター銀次さんの限定特典

それでは。

Hiroshi Adachi

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ