Googleのアルゴリズム「ハミングバード」とSEO対策の本質。

足立です。


自分のサイトやブログを、検索エンジンに上位表示させるための手段であるSEO対策。


このSEO対策を一切せず、サイトやブログをグーグルやヤフーの検索上位に表示させる事はとても困難です。


なぜなら、多くの人が自分のサイトやブログに効果の高いSEO対策を施しているからです。


とくに今は「今の時代に適したSEO対策」をしっかりと実践している人のブログやサイトだけが、上位表示を勝ち取れている状況にあります。


今の時代に、というのは進化していった「グーグル」の検索エンジンに適したSEO対策という意味合いですね。


ただSEO対策を「面倒臭い」とか、「よく分からない」と言って、SEO対策を全く意識せずに記事やサイトをただただ更新していくというのは「ネットビジネス」という観点で見ると決して「賢明な方針」とは言えません。


そもそも、サイトやブログを誰にも見てもらえなければ、それはただの自己満足な日記と一緒です。


それをビジネスという視点でやっていくのであれば、やはりきちんと多くの人、少なくとも「ターゲット」の目に触れるようにする為の戦略は立てていくべきだという事です。


そしてその集客面での戦略で最も合理的と考えられるのが、僕は「今の時代に合ったSEO対策」だと思います。

今の時代に合ったSEO対策とは。

今も昔も「有効なSEO対策」というものには、諸説色々あります。


少し前に主流だったのは「被リンク対策」を主とするSEO対策でした。


被リンク対策とは、自分のサイトやブログを、第三者のサイトやページにリンクしてもらい、その被リンクの数を増やしていく対策の事です。


事実、この被リンク対策は、一昔前まではとても有効でした。


そのため、SEO対策請負業者が人為的にたくさん被リンクを貼って、高い効果を上げていたわけです。


ただ、今は「自然に増えていった被リンク」は有効とされていますが、多くのSEO対策業者が行っていたような人為的に貼られていった被リンクなどは、ほとんど効果が無くなっていると言われています。


逆にそのような人為的な被リンク対策行為がGoogleに見つかれば一瞬で圏外に落とされてしまうリスクもあると言われているのです。


ちなみにGoogleは「ハミングバード」というアルゴリズムによって、人為的に増やされた不自然な被リンクなどを瞬時に見分けていると言われています。


「ハミングバード」とはハチドリの事ですので、きっとGoogleは「ハチドリのように素早く動いて、細長いクチバシでどんな小さな獲物でも正確に捕える事ができますよ僕たちは」というメッセージを込めているのかもしれません。


何にせよ、今後はどんな小さな人為的に貼られた被リンクや、ペナルティを受けるような不自然なリンク等はすべて見つかってしまうのでは無いかと思います。


そんな「ペナルティを受ける」とされている不自然なリンクというのは、


「自動化されているサービスやプログラムからの被リンク」
「リンクの交換や相互リンクだけを目的としているサイトやページからのリンク」
「色々なサイトやページに分散するウィジェットに仕込まれたリンク」
「色々なサイトやページのフッターに分散して仕込まれたリンク」
「記事広告」
「テキスト広告」
「隠されているリンク」
「コメント欄やフォーラム内に意図的に仕込まれたリンク」



などがあり、これらはすべてGoogleのアルゴリズム「ハミングバード」に見つかってしまうと言われています。


逆にこの「ハミングバード」にペナルティを受ける事なく、良質だと判断されるサイトやページは、ザックリと一言で言ってしまえば「クオリティーが高い記事やサイト」なわけです。


「ハミングバード」に良質であると認識され、上位表示させるために最も効果の高い究極の「SEO対策」は、結局のところ「記事のクオリティーを高める事」なんですね。


グーグルに好まれるコンテンツ=ユーザーに好まれるコンテンツ

結局のところ、今の時代に合ったSEO対策は「とにかくコンテンツの質を高める事」に尽きると言う事です。


では現在の「正しいSEO対策」の中で良いとされる「質の高いコンテンツ」というのは、結局のところ、


「訪問者のニーズを満足させる事が出来ているかどうか?」
「訪問者にとって読み易いかどうか?」



これが基本原則であり、そこにほんの少しSEO対策と言える技術的な観点を加えるなら、


「Googleに好かれるソースでコンテンツが構成されているかどうか?」


これに尽きると思います。


そしてこれらの基準を満たしているか否かは、訪問者の滞在時間やリピート率などで計測されているようです。


新規のアクセスが訪れてくれても、記事を読んで興味が湧かなければすぐにそのページを離れるでしょうし、リピートの割合を見ると「興味を持って見てくれる人がどれだけ居るか」が分かるはずです。


リピート率の少ないサイトやブログというのは、訪問者の興味や関心を引く事が出来ていない、という事の証明になります。


こういった事をしっかり把握しておくためにもアクセス解析を見て改善を繰り返す習慣をつけていくと良いと思います。


訪問者の滞在時間も長く、リピート率も良ければGoogleに「質が高いコンテンツ」と認識される可能性も上がるはずです。


そんな「正しいSEO対策」を本質的に学べる教材としては「本質のビジネスSEO」という教材があります。


推奨SEO対策教材「本質のビジネスSEO術」


僕の知る限り、今の、これからの時代に見合った本質的な「SEO対策」をきちんと説いている教材ですので興味があれば僕のレビュー記事の方も併せて読んでみてください。


また、僕なりの観点で「グーグルに評価される質が高いコンテンツをどう作ればいいのか」を講義した記事がこちらですので、興味があれば読んでおいてください。


SEO対策を意識したGoogle(検索エンジン)に好かれる記事の書き方


それではまた。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ