僕にとってのヒーロー、牛島和彦さん。

1979年、春夏の甲子園で世間の注目をぶっちぎりに集めた二人組が居た。大阪浪商のエース牛島和彦さんとキャッチャーのドカベン事香川さんのバッテリーだ。


1970年7月13日生まれの私は、まだ小学三年生だった


私と同じ世代の人は分かると思うが、あの頃の甲子園は今の甲子園とは違い、『甲子園がまだ甲子園』だった時代だ。


今のように世の中がまだ本当の意味での便利ではなく、コンビニも無い、インターネットもないウォシュレットも無い時代の甲子園。


今の甲子園のイメージとは捉え方や意味合いがまるで違っていた。


甲子園という存在そのものの比重がとても重い時代だった。


今の小学生で甲子園を楽しみにしている子供はどれくらい居るだろうか?


甲子園よりプレステではないだろうか?もしかしたらYouTubeかもしれないしニコニコ動画やレンタルDVDなのかもしれないが、競合するものが並列してたくさんの選択肢がある今の時代とは根本的に時代背景が著しく違っていた。


甲子園で敗退するチームの悔しさや儚さといった感情に一進一退になって共感したいと願う子供達はどれくらい居るだろうか?


甲子園は私たちに色々なものを学ばせてくれた。


共感することで自分以外の他者が経験したことと同じように今後の人生で活かすことができるという能力は人間にだけ与えられた特殊能力である。


少なくても私は、甲子園から人がどんな時に悔しくて、悲しくて儚いのか、を教えてもらい客観的に人の感情を汲み取る事が少しはできるようになったとすら思っている。


人は自分の人生とダブらせながら映画を観て何かを感じ、主人公が体験し学んだ教えを自分に当てはめ、その後の人生で活かして行くことができるのと一緒である。


人はどこからでも学び、人生で活かすことができる特殊な生き物であるのだと私は思っている


このような感情の教えをブラウン管を通して私に教えてくれた人物こそが、この時代の甲子園で一世を風靡した浪商のエースであった牛島和彦さんであった。


それ以前にカッコ良い男とは何か?という事を最初に感じさせてくれたからこそ、私は牛島さんに注目していったのだった。


もちろん、私がそう感じるということは、私と同世代の人もまた同じように感じて居たことは間違いないだろう。


小学三年生のあの頃に戻ってこの記事を書いてみたい。


>この記事の続きはこちら。

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ