お洒落なカウンターづくり。/足立博流。男のモノづくり。

足立です。


僕のお店には自分で言うのも何ですが、自作のお洒落なカウンターがあります。


今日はこのカウンターを作った際のお話しをしていきますね。

お洒落なカウンターづくり。

私は兼ねてより、店の壁沿いに3m50cmのカウンターをつくりたいと思っていました。


でも、そんな長いカウンターの木材はなかなかありません。


あったとしても厚みが足らない場合がほとんどで、そういう素材ではイメージする雰囲気とはかけ離れてしまいます。


そんな想いのまま半年ほど過ぎたころに、、、まさかこんな事があるんだろうかという事が私の目の前で起きたのでした。


近所のお店が規模を縮小するという事で、今までディスプレーとして使っていた長い杉の木の無垢板が要らなくなったというのです。




この絶妙なタイミングで、たまたまその店に寄った私の運の良さは昔から健在でした。


運の良さは使えば使うほど無くなるのではなく、むしろ上がっていっている気さえします。


そんな、まんざら気のせいではない宇宙の法則が、その裏には隠されているようでした(笑)


手に入れた無垢板の長さにまた驚きました。


3m50cm。


私が望んでいた長さピッタリだったのです。


しかも幅もちょうどピッタリ。


厚みも探していた4㎝なので怖い位全てのサイズが私の求めるサイズと全く同じでした。


しかも、歩いて5分の近所のお店で必要無くなったというのですから、不思議ではありますが、こういう事って・・・本当にあるんです。




この長さやサイズが変わってしまう前に、夢なら醒めてしまわぬ前にと祈りながら早速、刷毛で色を塗っていきました。


オイルステインのダークブラウンを刷毛で丁寧に塗り無垢板にしっかりと染み込ませていきました。


染み込ませたら乾いた布で丁寧に拭き取っていく作業。




出来上がった無垢板を、そのままカウンターとして使っては私のモノづくり精神が満足する訳が無いので、ちょっとだけ手を加えました。


しかし、これは私の店で使うカウンターです。


どうしても、手を抜いてしまおうという楽したい方の私が顔を出してしまいます。




じっくり考えもせず、これといった物凄いアイデアが沸く訳ではなく、誰でも思いつきそうな安易なアイデアしか降りてこない五分十分のシンキングタイム内でさっさと決めてしまいました。




ただ店の壁にしっかりとボルトで留めて固定すると、最初からそこにあったかのような存在感のカウンターが新たに誕生しました。




完成しない事がモットー。

いつ来ても毎回どこかが替わっていますね?とよく言われるが、完成など一生無いのです。


それは人と全く同じであり私は一生勉強し続けて変わり続けていきたいと思っているから。


それは、私がやっている店も同じ。


「完成」は存在しないのです。


このブログと一緒ですね。


ただ、評価するのは私ではなくカウンターを使うお客様です。


これが思いのほか好評なので、良かったなぁと思っています。


スワロフスキーや、ターコイズを埋め込んだだけのカウンターにしました。


今はこのカウンター。


上に色々乗せられて当初の使い道とは異なる使い方をされていますが(笑)




今回もお付き合い頂き、ありがとうございました。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ