「モノ作りをデザイン」の記事一覧

足立博流、男のモノづくり~鹿の頭蓋骨~その2

足立です。 前回の記事でご紹介したCANDyBLOODのイメージキャラクターである大きな角を持つ鹿。 今日もこの鹿のお話しをさせてください。 足立博流、男のモノづくり~鹿の頭蓋骨~ この鹿のイメージイラストはミキの同級生・・・

足立博流、男のモノづくり~鹿の頭蓋骨~芸術とは。

神の使いとして神社で飼っている鹿。 CANDyBLOODのイメージキャラクターは大きな角を持つ鹿です。 店内の大きな壁には、壁画風の大きなシカがチョークで描かれています。 描いてくれたアーティストはディズニーをはじめ数多・・・

足立博流、男のモノづくり~ディスプレーラック篇その3~

足立です。 ふと新たなディスプレーラックが必要になったのですが、またまたイメージ通りのディスプレーラックが無い、、、。 “無いなら創る”の精神で、いつもなら自分で創るのが僕、足立流。 ・・・なのですが、この3つ目のディス・・・

足立博流、男のモノづくり~ディスプレーラック篇その2~

魅力的な店頭用のディスプレーラックが探し回ってもどこにも無くて、“無いならつくる”という教えを受けてきた僕は早速「自分なりのディスプレーラック」を創ってみた。 ・・・そんな記事を先日も書きましたが、今日はその第二弾です。・・・

足立博流、男のモノづくり~ipad用ケース篇~

自分流のモノ作り。 「何を偉そうに」と思われるかもしれませんが、僕の「モノ作り」が顧客様から評価されている所は、その「自分流のこだわり」にあると思っています。 そう思わずにはやっていけない、、、と言った方が正しいかもしれ・・・

足立博流、男のモノづくり~ディスプレーラック篇~

足立です。 以前、僕はお店のディスプレーラックが欲しくて、色々と探した事がありました。 ただ、どうも「これだ!」と胸に響くディスプレーラックに巡り会う事ができず“無いなら創る”という幼少の頃からの父の教えコアに焼き付いて・・・

足立博流、男のモノづくり~店舗内装の設計、デザイン PATORICH篇~

足立です。 これは名古屋に構える僕のお店「CANDyBLOOD」の内装を見て「自分たちの店もこんな感じにしたい」というご依頼を受けた時の話です。 店舗内装の設計、デザインの依頼を受けた時の話 そんなこのお店も今は大繁盛店・・・

足立博流、男のモノづくり~店舗内装の設計、デザイン CANDy BLOOD篇~

足立です。 今日は私のお店をフル改装した時の話をしたいと思います。 店を持って10年目を迎えた頃、僕は店舗をフル改装しました。 店内の設計やデザインは当然、僕自身がやったのですが、それ以外は友達の建築屋さんに頼みました。・・・

マーケティングクリエイター足立博のモノ作り・創作の記録。

今でこそ、僕はこのようなブログを運営してインターネットを利用したマーケティングノウハウなどを綴っていますが、僕の本業はあくまでも店舗経営を行っている店舗オーナーであり、またその店に並ぶアイテムを自ら作り出している「職人」・・・

お洒落なカウンターづくり。/足立博流。男のモノづくり。

足立です。 僕のお店には自分で言うのも何ですが、自作のお洒落なカウンターがあります。 今日はこのカウンターを作った際のお話しをしていきますね。 お洒落なカウンターづくり。 私は兼ねてより、店の壁沿いに3m50cmのカウン・・・

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ