与沢翼さんの破産騒動について。アフィリエイトかホームレスか。

足立です。


今回は、今さら?と思うかもしれませんが、僕の思う与沢翼さんについて書いてみたいと思います。

与沢翼さんの破産騒動について。アフィリエイトかホームレスか。

まず率直に言うと、僕は与沢翼さんの事は嫌いではありません。


でも、最初に与沢翼さんを知った時は、一方的にとても嫌いでした。


もちろん与沢翼さん本人に会った事はありませんので、もっぱらネット上での彼の噂やネット上での見た目だけで、勝手な僕の判断で彼の事を毛嫌いしていました。


でも、心では分かっていました。


「人は、実際に会って話してみなければ、どんな人なのか見た目だけでは分からないものだ。」という事を。


その人の考えている事や、思っている事が分かるようなブログやメルマガなどの記事を読んでも居ない人の事など、人の噂や見た目だけでどんな人なのかは、絶対に分かるはずがありません。


そういう事を分かっていながらも、僕は、与沢翼さんの事を最初に毛嫌いしてしまったので、興味を持つ事も無く彼のブログやメルマガを読む事は一度もありませんでした。


それから1、2年が経ち、与沢翼さんの露出が増え始めた頃に僕は思いました。


『なぜ、彼はこんなにも有名になったのだろう?』


と、ふと思った時に、与沢翼さんのブログを初めてその時、探して読んでみたんです。


すると、やはり僕が抱いていた与沢翼さんの人物像とはかなり違っていました。


僕はてっきり、もっと上から目線の嫌な感じの成り金という人物像を思い描いて居たのですが、まったく偉ぶる感じもなく、紳士的な印象すら感じさせるような文章でした。


それからは、与沢翼さんから届くメルマガも、たまに読むようになりました。


高額塾などのセールスレターはまったく読まず、ただ単純に与沢翼という一人の人間が書く内容の記事と、どんな事をやっているのか、という所だけを読みました。


その後、与沢翼さんのYouTube動画がある事を知り、与沢翼さんのYouTubeを観てみました。


与沢翼さんのYouTube動画を見て。

これをきっかけに僕の更に彼に対する僕の印象は変わりました。


堂々とした、ゆっくりと落ち着いた嫌味の無い話し方で、話も上手く頭も良さそうな印象を受ける動画をいくつか観ました。


最初に僕が抱いた与沢翼さんの印象は最悪だったのですが、その後、彼のブログで文章を読み、人柄が伝わり好印象を抱きはじめ、その後、YouTubeで彼の話す姿を観て、更に好印象を僕に与えました。


と、いう事は、人の印象というのはネット上での見た目や、ネット上での噂だけで判断する事が、いかに愚かでアテにならない事なのかが分かります。


その人が、何を思い、何を考えているのか?という事を何も知らずに、ただネット上での噂や見た目だけで、その人物を判断する事が愚かで意味の無い事なんだ、という事を改めて知りました。


こういう事はよくあります。


実際に会って話してみなければ結局のところ、どういう人なのかは分からないのが人間だと思います。


実際に会ってジックリと話してみなければ、人間性はネット上だけでは決して分からないはずです。


しかし、その人が書く文章を読む事ができれば、かなりの部分でその人の人物像が分かる事は確かです。


もしかしたら、実際に会って話すよりも、文章を読んだ方が、その人の深い所が見える事も多々あるように思います。


特に初めて会って話す時というのは、人間は自分を良く見せたいと思う場合も少なからずあるからです。


もちろん文章も、何とでも書けますしそういう点はあるのですが、文章の場合、その人が、日頃どういう事を大切にしているのか、という部分やその人のアイデンティティなどが、細かい節々に必ず出るものだと思うのです。


例えば、自分以外の人の事を表現する時に、「あいつ」とか「あの野郎」とか「ヤツ」と表現する人と、「あの人」「あの方」「彼ら」と表現する人との人間性は、少なからず違う事が伝わると思うのです。


これは、ほんの1つの一例に過ぎませんが、こういった書き手が気付かぬうちに、無意識で出てしまう表現は無数にあります。


それらすべてを意識して書く事などはなかなかできるものではありません。


ちょっとしたニュアンスというのは、人それぞれ必ず違ってきます。


日頃、何を大切にしているか、どんなアイデンティティを持っているかなどで人それぞれ微妙に異なります。


こういった、ちょっとした表現でその人の人間性は読み手に伝わるものだと僕は常に思っています。


与沢翼さんの人間性の光と影。

与沢翼さんが他人の事を悪く言う事も、まずありません。


そこが、与沢翼さんという人物に対して僕が、「嫌いでは無い。」という印象を持っている大きな理由のひとつです。


もちろん僕は、与沢翼さんのメルマガやブログのすべてを読んだ訳では無いので、断言はできませんが、人の事を悪くは言わない印象を強く受けます。


僕が言うのもなんですが、与沢翼さんのブログを読んで感じる、彼の根底にある人柄は、決して悪くはないように僕は感じます。


とても良い人間性や思いやりも少なからずある人だと感じます。


ただ、色々な事に対して麻痺をしていると思っています。


お金を稼ぐ事もとても上手いと思うのですが、そのマーケティング手法には僕は疑問を感じずには居られないのが正直な僕の意見です。


今まで彼が手がけてきた教材や高額塾や、推奨して来た教材や高額塾は、多くの人を助けるのではなく、多くの人をガッカリさせるものが、ほとんどだったのではないか、と思います。


僕は、与沢翼さんがこれまでやって来たマーケティング手法を含む高額塾や教材は、僕が感じている彼の人柄から考えると「お金に麻痺をしてしまっている事が原因」としか考えられないような、誇大広告ばかりの手法だと感じてしまいます。


お金のためだけに、人の事を真剣には考える事が出来ていないように感じるのです。


色々な高額塾を与沢翼さん本人がやっていたり、有名な人と一緒にやったり、第三者の高額塾を強く推奨したりして来ましたが、そのほとんどが詐欺まがいな高額塾だと言われているのが、その実状ではないかと思います。


僕は、与沢翼さんが詐欺だとは思ってはいませんが、「詐欺的な要素を含んでいる事をやっているなぁ、、、」とは思います。


しかし、麻痺してしまっているため、その事に与沢翼さん本人が気が付いていない気がしてなりません。


お金というのは、ザックリと簡単に言うと、「困っている人を助けになる事ができるモノを売った時、その対価としてお金を頂く」ものだと思うのですが、与沢翼さんがやって来た事をみると、とてもそういう事が根底にあるようには到底思えません。


与沢翼は破産してホームレースになった?

そして、先日、与沢翼さんが破産したというニュースが世間を賑わせました。


その事について、計画倒産だとか、いやそうじゃ無いとか、色々な人たちが色々な見方をしています。


本当の所は僕には分かりませんが、これは与沢翼さんの考えている、今後のマーケティングのプロセスの1つだと僕は感じています。


与沢翼さんは、「天国と地獄」というストーリーを演出している気がしています。


どういう事かと言うと、今後、再び表舞台で完全に復活する時のために、イメージチェンジをしつつ、更に事業を円滑に進めるために、一旦自らを、すべて失った人という印象を世間に感じてもらうための演出なんだと思っています。


なぜなら、人は、どん底に居る人が這い上がっていくストーリーが好きだからです。


転落した人が、その後復活する物語りに人は共感し感動する生き物です。


だからこそ、どん底から這い上がる人を今、与沢翼さんは演じているのでは無いかと思います。


そうで無ければ、わざわざ絵に書いたような、ベタなホームレスのような段ボールの上に座っている自分の姿をメディアに流さないはずです。


底辺に居るホームレスのような与沢翼を、世間の人に対して強烈に印象付けておきたいからこそ、あの姿を演じる必要があるのでは無いかと思うのです。


これは、1つのマーケティング手法だと思います。


かと言って、それが悪い事だとは僕はまったく思っていません。


むしろ、今後の成り行きを楽しく見てみたい自分が居るくらいです。


まさに、彼の物語を楽しんでいる人の中の1人です。


ただ、以前と同じような「詐欺的な事をしなければ良いなぁ」とは思っています。


与沢翼さんが完全復活した後、また今までと同じような事をしてしまえば多くの人がガッカリしてしまう事と思います。


僕は個人的に、与沢翼さんが本来の人間性を取り戻し、今までと180度違う、詐欺的要素が一切無いマーケティングをしていって欲しいな、と思っています。


そうなれば、それこそ本当のファンが日本中に溢れるのでは無いかと思います。


次はどんなマーケティングを仕掛けて行くのか、とても興味深いです。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ