次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」イーブックジャパン

足立です。


今日は前々から、レビューを書こう書こうと思いながら、後回しになっていた数少ない「せどり」系の優良商材の方をご紹介させて頂きます。


こちらの次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」という教材です。

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」
URL :http://sedoriater-leo.com/01/
販売業者:株式会社イーブックジャパン
販売者 :佐藤潤、せどりエイターれお☆
所在地 :埼玉県志木市幸町1-6-58-104

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」レビュー

僕はこの次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」が2つの意味で「革命的」だと思っています。


1つは純粋に「せどりの情報商材」として、手法、再現性、内容、全てにおいてこれまでにない素晴らしいノウハウを提供しているという事。


そしてもう1つはそのセールスレターの内容が、情報商材の常識を覆すほどの「革新的なもの」である事です。


というのも、この次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」のセールスレターは、そのノウハウの「全て」を包み隠さず完全に公開しきっているんです。


情報商材のセールスレターで、こんな内容のものは、少なくとも僕はこの次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」のセールスレターで初めて目の当たりにしました。


しかもそのセールスレターで明かされているノウハウそのものが目から鱗が落ちる程、“衝撃的な内容”だったわけです。


ただ、その「衝撃」と共に、この次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」のセールスレターを読み進めながら僕はこう思いました。


「ここまでの内容をセールスレターで教えてしまったら、この教材自体が売れなくなるのでは?」


と、、、。


ただ、その謎はセールスレターを読み進めていく中ですぐに解けました。


むしろ「なるほど!だからここまでの種明かしをしているのか!」と納得させられたほどでした。


結果的に僕は、おそらくこの次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」の販売者さんの「思うツボ」にハマり、このノウハウの「有料プラン」に参加せずにはいられない衝動にかられ、実際に「参加」に至ったわけです。


その結果、「どうなった」のか。


ここからはその実体験を踏まえた、『次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」有料プラン』について僕の正直なレビューの方に入っていきたいと思います。


「せどりインサイダー」有料プランの実体験話。

「せどり」と言えば古本屋などに足を運び、ネット上で高く取引されている本を買って帰り、その本をネットで出品して売るという方法が世間的に知られています。


しかも、その一冊当たりの利益は微妙たるもので、それを何冊も何十冊も何百冊も繰り返し転売していく事で利益を上げていくというのが一般的な認識ではないでしょうか。


ただ、この次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」は、そんな「割に合わない労力を伴う必要は全く無い手法」を教えてくれます。


その手法というのが、ネット上で仕入れた商品を、ただそのままネット上で売るだけでなく「その仕入れたモノの相場を自分で操作する事ができる」という方法であり、その「相場を操作する手法」によって、その「利益」をも「操作」してしまうという方法になっています。


勿論、この時点では「本当にそんな事が出来るのか?」と疑問に思うかもしれません。


ただその「カラクリ」については、それこそセールスレターの方で全て「種明かし」されています。


それも100%腑に落ちてしまう理論、事例と共に。


そしてこの方法は、実際に「有料プランで公開されているやり方」を徹底してやっていくと、セールスレターに書いてあったような「事例」の通りに面白いほど「再現」出来てしまうんです。


しかもその「利益率」は、従来の薄利多売のせどりなどとは比べものにならないほど高く、まさにその転売手法は「インサイダー」の名に相応しいものになっていると思います。


人によってはセールスレターで解説されている理論や事例だけでは、完全にはピンと来ないかもしれませんが、僕は物販業が本業なので、モノが売れる際の流れなどについては、少なからず普通の人よりは実践的に理解している部分があります。


例えば、僕が扱っている物にバリ島家具があるのですが、以前、バリ島家具ブームが到来した時というのは、それまで以上に人が集まり、高い値段でも買う人は大勢居ました。


他に取り扱っている店が無かったからです。


その当時、バリ島家具に価値を感じる人が居た訳ですね。


そして、数年後にバリ島家具ブームが去った後はというと、集まる人の数はもちろん、高い値段では誰も買わなくなってしまった、という事がありました。


要するにモノ(商品)の売買というのは、言ってみれば当然の事ですが「需要と供給」によって生じるものなんです。


そしてその「バランス」において「供給」が「需要」を上回ってしまうと、当然ですが商品はなかなか売れなくなります。


以前の僕のバリ島家具のように(笑)


では逆に「需要」が「供給」を上回ったなら、、、


当然、商品はどんどん売れていき、更にその需要が上がっていくと、その「価格」も高騰していく事になります。


その商品に希少性と希少価値が生まれるからです。


この次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」のカラクリは、まさにこの「希少価値」を意図的に作り出し、「需要と供給のバランスに伴う価格相場を操作する事」にあるのです。


しかし、ここで勘違いして欲しくない事があります。


確かにこの次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」は、そのセールスレターに書いてある事を、そのまま実践しさえすれば本当に資金を倍々にしていく事ができます。


ただ、それ以上に確実に稼ぎたいというのであれば、やはり有料プランのノウハウを実践していった方がより確実に、より大きな利益を上げられるようになっているノウハウです。


これは僕が有料プランのマニュアルとそのサービスを受けているからこそ断言できる事ですが、それだけは本当に間違いありません。


というのもこの「有料プラン」の方では、著者しか知り得る事のない、生きたスキルが詰まったノウハウを教えてくれるのですが、それが本当に「凄い」んです。


何をやるにしても、やってみると色々な大小様々な壁にぶつかる事は当たり前です。


その大小様々な壁を先に知り、その壁の乗り越え方というのは、やはりその壁を乗り越えた事がある人にしか分かりません。


この有料プランの中で教えてくれる、経験者にしか知り得ない事を読んでみると、「有料プランにして良かった・・・」と必ず思います。


必ず価格以上に価値を感じられるはずですので、この次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」のノウハウを実践するのであれば、これは迷うことなく有料プランに参加して実践していってください。


一切躓く事無くストレースに、確実に稼ぎたい、、、という人にはとくに有料プランは必須だと思います。


特に有料プランの中の、“プレミア商品仕入れ編”の中に出てくる、仕入れるかどうかの「2つの判断基準」。


これは本当に必見です。


これを知るか知らないかでは、仕入れる際の迷いが消えるため、利益が大きく違ってくる事は間違いないありません。


他にも、さすが有料プランというだけあって、先に知っておいて良かったという事が濃密に詰め込まれています。


その権利が数万円で購入できるのであれば、迷う事自体が無駄な事だと思います。


どうせこのノウハウを実践していくにあたっては、数万円台の仕入れはすぐにしていく事になるのですから。


その仕入れ費用の一部は迷わず、次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」の「ノウハウの仕入れに回すべきだ」という事です。


その「ノウハウの仕入れ」は、一生涯使える「財産」になるからです。


「せどりインサイダー」+井上太一せどりインサイダープロジェクト

こちらの次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」ですが、こちらの井上太一さんというアフィリエイターさんがかなり手厚く、有効な特典コンテンツを提供してくれています。

「せどりインサイダー」+井上太一せどりインサイダープロジェクト

この井上太一さん独自の「商品リサーチマニュアル」は、かなり強力な内容で、おそらくこの一冊だけでも「稼げる商品」をリサーチしてくスピードは格段に変わってくると思います。

次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」に参加する際はこの井上太一さんの「せどりインサイダープロジェクト」から参加される事をお勧めします。

それでは。

Hiroshi Adachi

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ