レビュー:●●●●転売ビジネス公開マニュアル(横塚弘之、川島和彦)

足立です。


今日は久しぶりの『推奨情報商材』のご紹介です。


僕は本当に「良い」と思った情報商材や、自分自身で再現性を確認(体験)出来たものしか推奨しません。


今日ご紹介するのは何を学べて「良かった」というより、後者の「再現性を体験出来た」という点で有益な情報だと判断しましたのでシェアさせて頂きます。


こちらの「転売系」の情報になります。

●●●●転売ビジネス公開マニュアル(横塚弘之、川島和彦)

●●●●転売ビジネス公開マニュアル
URL :http://resale-business.net/
販売者 :横塚弘之
著者  :川島和彦
所在地 :東京都杉並区和泉2丁目40番地29号コーポ和泉201号室
概要  :リアル→ネット転売ビジネス

●●●●転売ビジネス公開マニュアル:レビュー

僕は、元々物販業をしていて今年で14年目になります。


物販というのは、簡単に言ってしまえば、何かを仕入れて、それを仕入れた金額よりも高い金額で売るというビジネスモデルです。


その中で僕が行っていたのは「バリ島家具」を仕入れて日本で販売する「輸入ビジネス」になります。





当然、僕がやっているこうした家具の輸入ビジネスも「転売ビジネス」なわけですが、僕にとって今日ご紹介する「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」は正直言って、良くも悪くも目から鱗な情報でした。


「悪くも」というのは、何というか、ちょっと悔しかったんです。


僕のように「海外で家具を仕入れる」というような資金も要らず大掛かりな事をしなくても、こんなにも利益率の良い転売ビジネスがあるんだという事を知らされたと言いますか・・・。


何にせよ、この「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」のノウハウについては、僕自身でも実際に試してみた経緯がありますので、その辺りも含めてレビューしていきたいと思います。


そもそも何故僕が、この「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」に興味を持ったのかと言うと、その理由はザックリと4つほどありました。


1つ目は「仕入れに要する資金がたったの数百円」で出来て、僕の本業以上に利益率が高いというところ。


物販業を行っている商売人として、まずはに単純にそこに興味を持ちました。


2つ目はその商品の「持ち運びが楽」というところ。


何せ僕が扱っている「家具」という商品はとにかく仕入れの際から持ち運びに苦労する商品です。


しかもモノがモノだけに在庫の保管にもお金がかかります。


それが「片手」で持ち運べる商品で保管にもスペースを取られないというのですから、これも大きな興味の対象となりました。


3つ目は、この●●●●転売ビジネス公開マニュアルで「仕入れ」を行う場所が「フリーマーケット」だったというところ。


実は僕のお店の目と鼻の先では、このフリーマーケットがよく開催されていた為、このいざ「やってみる」にしても簡単に仕入れができると思ったわけです。



それこそわざわざ海外に行かなくても、家の近所で仕入れができるのはありがたいと思いました(笑)


そして4つ目が、この「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」のノウハウの再現性が本当に高ければ、僕のブログをよく見てくれている人やメルマガを読んでくれている人にとっては「非常に稼ぎやすいノウハウじゃないか」と思った点です。


僕のブログは比較的、ネットビジネス初心者の人や、これからやってみようと思っているような人が多く集まってくれていますので、そういう人達にとってはこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」のノウハウは非常に適していると思ったんです。


一応、僕自身は「ネットビジネス」というくくりの中ではこのブログを基に「アフィリエイト」等で収入を得ているわけですが、実際のところ初心者がほとんど特別なスキルなどを身に付けずに「すぐに」ネットでお金を稼げる術としては、やはり「物販」が最適だと思います。


あくまでもスキルを身に付けず“すぐに”ネットでお金を稼ぐなら・・・ですよ?


それこそまずは実際に「ネットでお金を稼ぐ」という体験をしてしまえば、それがモチベーションに繋がるだけでなく、ネットでお金を稼ぐという事に対する敷居をも低くさせる事にも繋がります。


まあ、そこでよく筆頭に挙げられるのは「せどり」などのビジネスですが、せどりも今はかなり競合が多くなってきていますし「ネットで仕入れてネットで売る」というやり方をするなら、やはり人と違う視点や知識が必要になってきてます。


でもこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」は仕入れ先がフリーマーケットというリアルな場で、その「狙いを定める商品」も1つのジャンルの「ある商品」のみだという点に僕は非常に優位性を感じました。


やっぱり「ネットで仕入れてネットで売る」というノウハウに需要が高まり、多くの人はそういうノウハウに集まっている傾向にあるので、逆にちょっと「面倒」というくらいの「フリーマーケットで仕入れをする」というこのノウハウは、もしかするとその分だけ「いざやってみた場合の再現性は高いのでは」と思ったわけです。


そこで店先でもよくフリーマーケットをやっているし、まずは僕がやってみてこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の再現性をチェックしてみようと思いました。


そして実際に「やってみた」わけです。


●●●●転売ビジネス公開マニュアルの実践レビュー

まずこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」は、フリーマーケットやバザーなどでは必ずと言っていいほど、出品されているカタカナ4文字の「あるもの」を仕入れてネットで売るという単純明快な転売ビジネスになります。


まず先にそのデメリットを挙げておくと、その「あるもの」は1つ1つは片手ですんなりと持ち運べるものですが、さすがに100個や200個と大量に仕入れる場合は持ち運びが大変になる事。


そもそもその商品ばかりをフリーマーケットで買い占めていると、さすがにちょっとおかしな目で見る人が居るかもしれない事。


あとはフリーマーケットやバザー会場まで遠い人にしてみれば、往復する労力がかかる事が挙げられます。


そこにもう1つ付け加えるなら、仕入れが「リアルな場」になりますので、同じフリーマーケットの開業などで同じ商品を狙う人が数人出てくると、どうしても仕入れに競合が生じるというところでしょうか。


ただその競合の部分については、いざそうならないためにマニュアルの販売数が限定されているみたいですし、何よりフリーマーケットは都内だけでもとんでもない数の会場数がありますし、僕の住んでいる名古屋近郊でもかなりの数があります。


それも相当頻繁に開催されていますので、あえてこのような「リアルな場での仕入れ」が必須となる転売ビジネスのノウハウにそこまで多大な需要があるとは思えませんから、そこまで競合という点は気にしなくて大丈夫だと思います。


逆に「メリット」と言えるものはそれ以上にたくさんあって、まずは既にお伝えした通り「仕入れ」が安いので資金がさほど必要無い事。


またその割に非常に利益率が高い事。


いざ仕入れた商品に関しても何ら特別なことをせずに「そのまま転売すれば良い」という事。


極め付けとしてはその商品の需要は今後も尽きる事はまず無い「消耗品」的な性質のある商品である事。


あとは細かいところで「持ち運び楽」「まとめ買いもできる」「保管場所にも困らない事」などでしょうか。


本当にメリットにメリットを重ねていけばキリが無いほど出てくると思います。


何よりこの商品自体はインターネットでもかなり盛んに取引が行われているようで、ヤフーオークションだけを見てもその取引頻度は物凄く高いです。


今はモバオクなどでも相当数の売買があるみたいですし、今後もこの商品をネットで買い求めるようになる人達はどんどん増えていくと思います。


ですので基本的に「仕入れた商品が売れない」という事はそうそうない商品だと思って問題ありません。


要するに「仕入れをすれば仕入れた分だけ売れていく商品」という事です。


最初はこの「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」のセールスレターの謳い文句はかなり大袈裟に言っているんだろうと思いましたが、実際にこの商品のネット上での取引頻度を見たら「月に数十万円を稼ぐ」という事は率直に全然難しい事ではなさそうだと感じました。


それだけ、その「ある商品」というのは大きな「利益(利益率)」を取れる商品なわけです。


ちなみにその商品のインターネットオークションでの主な相場はこんな感じです。





これはオークションサイトの取引履歴をオークファンというサイトから取ってきたキャプチャ画像ですが、そのカタカナ4文字の「ある商品」のキーワードのみをそのまま入れて出て来ている結果です。


ご覧の通り1000円以下(930円)という取引履歴も出ていますが平均額は「12092円」となっていますので、現にそれくらいの平均相場で取引されている商品という事です。


そしてその取引件数はご覧の通り「19000件以上」です。


これ「1カ月間のみの取引件数」ですからね。


なので、平均額もあくまでここ1カ月間のものなので、これはその時期によってちょっと変動しています。


夏場は相場が上がる傾向にあるみたいですね。


逆にどんなに相場が落ちている時期でも3000円以上は堅いです。


何にせよ約2万件の取引があっての平均相場ですので、その信憑性としては十分ではないかと思います。


要するにこの商品をフリーマーケットで最低ラインでも「3000円以下」で仕入れられれば十分に利益を見込めるという事になるわけですが、フリーマーケットではまずこれが3000円以上で売られている事は「無い」と思っていいと思います。


現に僕の店先のフリーマーケットでは高いものでも1000円くらい。


大抵のものは数百円くらいで、それこそかなりの数が出ています。


ちなみに僕はフリーマーケットでその商品を購入するのは初めてで、それまではあまり意識して見る事も無かったのですが、ネットオークションの相場を見た後にフリーマーケットでそれを見ると、ちょっと見て見ぬフリは出来なくなってしまいました(笑)


ちなみに最初に仕入れたのは、人当りのよさそうなおばさんが売っていたものを4つほど。


それぞれ値段がバラバラだったのですが「4個買うから安くして」と、そのおばさんに言うとすぐに安くしてくれました。(ちなみに僕は隣に居ただけで僕の奥さんが値切りました。)


その4つを仕入れる際にかかった合計金額は2,500円で、もし値切らずに買った場合は3,200円でした。


その様子からして、フリーマーケットの場合は「まとめて買うから安くして」と言えば安くしてもらえる事が普通っぽかったです。


そのおばさんは全部で7つ、その商品を売っていたのですが「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の中に書いてあった「仕入れる際の注意点」に気を付けたら、そのうちの3個はその条件から外れていたので買いませんでした。


その注意点を知らなければ“僕なら”たぶん全部を買ってたと思います(これ、ある意味ヒントです)


尚、この時に仕入れた4つは一番安いモノで500円で、一番高いモノで1,200円でした。


僕は、最初からこの商品だけが目当てだったので、サッと行ってサッと帰って来たのですが、それこそ会場入口付近で商品を物色する程度でもすぐに見つかったので、これはフリーマーケットではわりと定番な商品と思ってもいいものと思います。


そして早速、仕入れた商品の写真を撮ってマニュアル推奨の「ヤフーオークション」にて出品。


結果は、こちらの通りでした。





フリーマーケットへサッと出かけてサッと買ってきた4つの商品全てものの見事に全て仕入れた金額以上の額で売れました。


僕が仕入れた金額は、平均すると、2,500円÷4=1個625円なので、今回の売上すべての合計金額が15,650円。


利益額で言うと13,150円ほどですので上々な結果だったと思います。


少なくとも再現性は十分にあるノウハウだという事は僕自身が確信を持って体験できた結果でした。


●●●●転売ビジネス公開マニュアル+足立博限定特典

というわけで、この「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」は普通に再現性もある「価値のある転売ノウハウ」を公開している情報商材と言っていいと思います。


都心近郊のフリーマーケットに足を運べるような人なら、それこそ本当に誰がやっても普通に稼げるノウハウだと思いました。


仕入れるべき商品のポイントもきちんとマニュアルに書いてありますので変にハズレを引く事も無いと思います。


その後もちょくちょくフリーマーケット会場を見てますが、半数以上の比率で「利益が出せる商品」が普通に出品されてます。


これは僕の店先のフリーマーケットに限った話では無いと思うので、ほぼどこで仕入れを行うにしてもさほど条件は変わらないはずです。


あと、この「ある商品」については、これがかなり大きなヒントになりますが僕的には「写真の撮り方1つ」で結構、入札の入り方が変わってくる商品じゃないかと思いました。

でも、いまいちこの部分については「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」の中身ではそこまで言及した事は書かれてませんでしたので、この商材の特典として僕の方でその「写真の撮り方」をマニュアル化したものをお付けする事にします。


物が高く売れる写真の撮り方

文字通り「誰にでも簡単にできる売れる写真の撮り方」のマニュアルです。


僕は、自分のレザーアイテムのブランドを持っているのですが、そのブランドのサイトに載せている写真は、すべて僕自身が撮っています。


言うまでもなく「商品」というものは「写真の写り具合」によって売れ行きがまったく違ってきます。


これは僕自身が自身のサイトやオークションサイトなどでも散々と体験してきている事ですので間違いありません。


そして写真には実は「売れる写真の撮り方」というものがありますので、その「秘密の写真の撮り方」を、こちらの特典で僕からこの教材を購入してくれた人にだけこっそり教えます。


僕なりの「プロ並みの撮影テクニック」をバンバンまとめてもよかったのですが、あくまでもこの特典マニュアルは「商品画像の撮影」を前提に作ってますので、本当にマニュアルに書いてあるコツとポイントを押さえて頂ければ、誰でも本当にビックリする程、「綺麗な写真」が撮れるようになります。


実際にこの方法で僕が撮ったいくつかの商品の写真も、参考用にお付け致しますし、実際に普段僕がどんな所で撮っているのかも、写真付きで全てお見せしています。


ちなみにこの「写真の撮り方マニュアル」でまとめている写真の撮り方は、この●●●●転売ビジネス公開マニュアルの商品に限っての撮影テクニックではありませんので、どんな商品にも活用頂けるはずです。


普段からヤフーオークションなどで商品や私物を売っているような人、商売をしている人には物凄く役立つというか「利益」に直結するマニュアルではないかと。


ホント、写真1つでオークションの入札の入り方はガラリと変わりますからね。


これは僕自身が本当に色々な商品で体験済みなので、間違いありません。


是非有効に活用してください。


それともう1つだけこちらの教材にお付けする特典マニュアルの方をご用意しました。


オークションで売れる意外な物28個の情報集

この情報集の中で紹介されているものですが、おそらくかなりの数のものがあなたの身の回りにあると思います。


また、探せば簡単に見つけられて、ほぼタダ同然で手に入るものもたくさんあります。


人によっては当たり前のように捨ててしまっていたものなんかもあると思います。


あとはフリーマーケットやバザーなどでよく格安で叩き売りされているものなんかも含まれてます。


もともとモノに愛着を持ってしまう僕だからこそ、その価値に気付く事が出来た28個の情報集です。


身近なもので。


近所のある場所で。


フリーマーケットやバザーで。


もしこの28個の中に該当するものが目に入ったなら、あなたはある意味「お金」を見つけたのと同じかもしれません。


こちらも是非、有益な参考情報としてご活用頂ければと思います。


以上、


・物が高く売れる写真の撮り方

・オークションで売れる意外な物28個の情報集



今回ご紹介させて頂いた「●●●●転売ビジネス公開マニュアル」には、上記2点の特典マニュアルの方をお付けしたいと思います。


>●●●●転売ビジネス公開マニュアルの詳細はこちら


是非、こちらをインターネットでお金を稼ぐという事への足掛かりにして頂ければと思います。


それでは。


Hiroshi Adachi

“レビュー:●●●●転売ビジネス公開マニュアル(横塚弘之、川島和彦)” への6件のフィードバック

  1. 珍田 より:

    こんにちわ

    今回購入させて頂きました
    大変使えるノウハウでとても満足しています
    (まだ実践してませんが手応えありです)

    特典はどうやって頂けるのでしょうか?

    • candy_admin より:

      珍田様、足立です。
      教材のご購入ありがとうございます。
      特典の方、メールの方を頂ければ直接添付致します。
      一度、私のアドレスまでご連絡ください。
      よろしくお願いします。

  2. 中森 より:

    こんにちは

    アドモールというサイトは、特典の有無を表示されないようになっているのでしょうか?

    この教材の特典はまだ配布されていますでしょうか?

    ぜひ、足立さんのサイトから購入したいと思っています。

    • candy_admin より:

      中森様
      足立です。
      特典の方、現在も配布中です。
      特典の表示はPCの互換性によってされない場合もあるようです。
      私のブログやメルマガを介して購入頂ければ問題ありません。
      よろしくお願いします。

  3. Fukui より:

    こんちは。

    商材を購入させていただきました。

    メールを送信しましたので、ご確認よろしくお願いいたします。

  4. 中西 より:

    この度、足立様のブログより:●●●●転売ビジネス公開マニュアルを購入させて頂きました。
    つきましては下記2点の特典をご送信下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

    ・物が高く売れる写真の撮り方

    ・オークションで売れる意外な物28個の情報集

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ