NEWホームセンターせどりのレビュー(大藤伸栄)

足立です。

インフォトップで「ホームセンター」を利用したせどりのノウハウを提唱している教材が売れ筋になっているようなので、今日はそのせどり教材を取りあげておきたいと思います。

こちらの「NEWホームセンターせどり」というせどり教材です。

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)

NEWホームセンターせどり
URL :http://homecenter-sedori.com/
販売業者:株式会社キュリアスコープ
販売者 :岩崎秀秋
所在地 :北海道札幌市中央区南6条東3丁目1-2レノンテラーザ6-3 3F

NEWホームセンターせどり(大藤伸栄)レビュー

販売元は、よくせどり、転売系の教材を販売している株式会社キュリアスコープの岩崎秀秋さん。


過去、この株式会社キュリアスコープ岩崎秀秋さんの教材は幾つか目にした事がありますが、正直、あまり「質が高かった」という印象はありません、、、。


「ページ数のわりに薄いマニュアルだな」


という印象の教材が多かったというのが率直なところでした。


とは言え、この「NEWホームセンターせどり」という教材ですが、ホームセンターに仕入れの対象を絞った教材というのは、僕の知る限りでは初めてだったので、一応、実際に購入して中身の方を確認してみたのですが・・・


やっぱり、この「NEWホームセンターせどり」のマニュアルも、その『悪い傾向』が同じように出てしまっているという感じです。


明らかに必要の無い画像を大きく貼り付けてページの大半を埋めているようなページが非常に多かったです。


一応、マニュアルのページ数は本編108Pという事になっていますが、その不要な画像を除けば、3分の1、4分の1くらいのボリュームになってしまうんじゃないかと思います。


まあ、実際のボリュームがどうであれ、情報としての「質」が伴っていて、その内容を踏まえて実際に「稼げる」というなら、せどり教材、転売教材としては何の文句もありません。


ですが、この「NEWホームセンターせどり」のマニュアルは、その内容も、正直言って、この内容で「情報商材」として1万円近いお金を取るのはどうかな・・・というものでした。


まず、せどり系、転売系の情報商材として、僕的に最も重要だと思う「実践的なステップ」が、ほぼろくに書かれていないというのが致命的だと思いました。


要するに、まず何をして、次に何をやって・・・という流れ、ステップがこのマニュアルにはろくに書かれていないわけです。


正直、こういう実践的ステップが書かれていてこそ、情報商材は本屋さんに並んでいる書籍と一線を引けるものだと思いますし、相応のお金を取れるものだと思います。


ですが、ハッキリ言ってこの「NEWホームセンターせどり」のマニュアル内容は、そういう「実践的なステップがろくに書かれていない」どころか、書店に並んでいる本屋さんの本よりも、せどり、転売の「読み物」としては『情報量も薄い』という感じでした。


いざ「何が書かれていたか」と言われれば、全国に点在しているホームセンターの紹介や、その売り場の紹介。


あとは、仕入れの対象になり得る商品を値札で見分ける方法が書かれていたくらいでしょうか。


それ以上の具体的な「せどり」や「転売」のポイントは、ほとんど書かれていませんでした。


全国のホームセンターの情報くらいであれば、インターネット検索で普通に調べられる情報ですし、その売り場の情報なんて、お店に行けば普通に分かります(笑)


その店舗の紹介情報に関しても「全国のホームセンター、どこでも仕入れが出来ます」という事が漠然と書かれているだけで、特段、仕入れに有利なホームセンターなどが紹介されているという事もありませんでした。


少なくとも、それくらいの「仕入れに有利なホームセンター」などの情報は、それなりに書かれているだろうと期待したんですけどね。


ですが、そういう情報さえ無かった時点で、僕的に、この「NEWホームセンターせどり」は、どこに価値を見出せばいい教材なの?というのが率直なところです。


また、仕入れの対象になり得る商品を値札で見分ける方についても「特価品」と書かれている商品や「セール」と書かれている商品を狙いましょうという事が、ひたすら各ホームセンターの値札の画像と一緒に羅列されているだけでという感じでした。


そんな、とりとめも無い画像が大量に貼られているだけのマニュアルなので、ハッキリ言って「せどり」というノウハウを実践していく上では、何の足しにならないような情報ばかりが並べられている教材という感じでしたね。


結局、そういった「仕入れて利益を出しやすそうな商品」に目星を付けても、そこからの「せどり」「転売」における具体的なステップは何も書かれていないわけです。


実際にその目星を付けた商品が、どれくらいの利益を見込めるのか、どれくらいで売れそうなのか。


また、どれくらいの利益を見込めるなら仕入れるべきなのか。


いざ仕入れたなら、どう転売していけばいいのか。


その際には、どこに気を付ければいいのか。


そういう事は、この「NEWホームセンターせどり」のマニュアルには、ほぼ何も書かれていないんですね。


まあ、この辺りのステップはせどりや転売のビジネスに経験や知識がある人なら、やって出来ない事も無いと思います。


ですが、初心者の人にとっては非常に重要なポイントだと思いますので、そこが全くマニュアルで触れられていないというのは「教材」としては不十分過ぎるものとして言いようがありません。


というより、この「NEWホームセンターせどり」の筆者である大藤伸栄さんという方は、本当にこのノウハウで稼いでいるのかどうかも、正直、疑問なところですね。


本当にホームセンターを使ったせどりで「稼いでいる」なら、もう少し具体的な情報や絞り込んだ情報がマニュアルに書かれていてもいい気がしますので。


まあ、僕なりのこの「NEWホームセンターせどり」という教材の批評はこんな感じですかね。


初心者には到底お勧め出来る内容ではありませんし、かと言って経験者の人が手に取ったとしても、正直「足しになるような情報」は、ほぼ何も無いんじゃないかと思いますね。


そういうわけで、あまりお勧め出来ない教材です。


あくまでも僕の個人的な批評ですが、参考までに。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ