本上光さんのハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)について

足立です。


先日「無料オファー」について、幾つか突っ込みどころを指摘するような記事を書いたところ、ブログ読者の方から「これからも無料オファーの批評をもっとしてください」というお便りを頂きました。


有料の情報商材をレビューしている人は多いですが、無料オファーとなると取り上げているアフィリエイターの数もグッと少なくなります。


無料オファーと言えど、後に控えている有料教材の案内などを見極める上で批評をして欲しいという需要があるみたいですね。


そういうわけで、今日はこちらの無料オファーを取り上げてみたいと思います。

ハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)

ハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)
URL :http://hsc-no1.com/
販売業者:本上光

本上光さんのハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)について。


こちらのハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)は、『1日10分スマホの画面を触るだけで、100人中100人全ての人が絶対に稼げる!再現性100%』という事を謳って読者リストを掻き集めている模様です。


この手の無料オファーは、お金を取らないだけに広告ではもはや誇大広告は当たり前の言いたい放題というものがほとんどです。


ただその無料オファーの案内で謳われた印象を引きずったまま、その後に控えている高額な教材や塾の案内を受け取ると、その無料オファーの謳い文句がそのままその有料のものにも繋がっているような印象になってしまいます。


そして、まんまとそのオファーに乗ってしまう、、、という人が多いのがこの業界の実状です。


まあ、そもそもな話、無料オファーの段階で、『1日10分スマホの画面を触るだけで、100人中100人全ての人が絶対に稼げる!再現性100%』というような謳い文句に少しでも希望を感じてしまう事自体がどうなのかというところですが、そういう人が「食い物」にされているのがこの業界の現実でもあります。


その点で僕は「信じてしまう方にも責任はある」と思っていますが、そもそもの発端は無料オファーを出す側にある事は紛れも無い事実です。


そういう意味でもこのハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)の謳い文句には僕は「悪意」があるようにしか思えません。


「100人中100人全ての人が絶対に稼げる!再現性100%」なんて事を大々的に謳ってしまって居るのですから。


ただ、僕はこのブログの中で一貫して書いていますが、こういった事を簡単に信じてしまうような人というのは決まって、ネットビジネス初心者層の人たちです。


世間的に「情弱(情報弱者)」と呼ばれているような人たちですね。


この、ハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)という無料オファーは、そういった情報弱者層の人をターゲットにした無料オファーだと思います。


そしてこの無料オファーは今後は十中八九高額塾や高額商材などに進むはずです。


恐らくですが、20万円とか30万円とかの高額な案件へのオファーになっていくのだと思いますが、「100人中100人全ての人が絶対に稼げる!再現性100%」というはどんなビジネスであろうと絶対にあり得ない訳です。


「100人中100人全ての人が絶対に稼げる!再現性100%」という事など100%あり得ません。


そもそもこのハイスピードキャッシュ(High Speed Cash)の内情はFX市場を基にした「バイナリーオプション」というもの、ほぼギャンブルに近い金融商品だからです。


何故かランディングページの中では「バイナリーオプション取引では無い」と書いてあったのにも関わらず、その内容は普通にバイナリーオプションだったので、そもそもオファーページには完全な「虚偽」が記載されています。


要するに「嘘」をついてまで多くの人の興味を引き付けてリストを集めている訳です。


そもそもバイナリーオプションというのは「為替相場が今後上がるか下がるかを予測する」というもので、その読みが外れれば当然の事ながら配当金は貰えません。


もし、これで「100人中100人全ての人が絶対に稼げる!再現性100%」の方法があるとすれば、もう誰もが億万長者というレベルの話です。


そもそもの大元が「為替相場」なのですから、それは「投資」の世界と同じです。


100%勝てるなんて事は絶対にありえないわけです。


しかも、ハイスピードキャッシュのオファーページでは「最新のビジネス」という事を謳っていますが、バイナリーオプションは最新でも何でもありません。


2009年には日本市場に導入されています。


それを、今更最新のビジネスと言い切ってしまっている訳ですから、これはもう、こういった事を何も知らない情報弱者層の人に向けたオファーなのでしょう。


そういった情報弱者層の人は、悪意を感じるどころか凄い美味しい情報だ、と思ってしまい興奮した状態が続き、高額塾のオファーが始まった時には思わず申し込みをしてしまうのだと思います。


確かに、ハイ&ローを予想するだけ、というシンプルなゲーム感覚でできる訳ですから楽しいかもしれません。


ただ、それは資金が豊富にあって、負けてもそれがゲームのように楽しめる事が出来る人に限っての話です。


要するにただの「ギャンブル」です。


確実に稼げるなんてシロモノではありませんのでうかつに手を出してしまう事の無いように気を付けて下さい。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ