情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト(中村司)レビュー

足立です。


インフォトップにちょっと悪い意味で気になる高額教材がランキングされていたので、ちょっと取り上げておきたいと思います。


情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト

情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト

URL :http://the-goal.info/be/nakamura2/
販売業者:Gainers Life PTE LTD 岸本 守恭
著者  :中村司
所在地 :150 Orchard Road #07-13 Orchard Plaza Singapore 238841
概要  :情報起業教材・セミナー・合宿


情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト

僕はこの教材の販売者である中村司という方の事をまったく存じ上げないのですが、僕などよりずっと長い事この情報業界で活動されていた素晴らしい経歴もお持ちのようです。


そんな中村司さんの販売するのが今回取り上げる高額教材「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」なのですが、僕的にこちらのセールスレターには非常に気になる所が幾つかありました。


まずセールスレターを読み、そのカリキュラムの内容を踏まえた上で僕が強く感じた事は提唱しているカリキュラムのわりにその参加価格があまりにも高過ぎるというところです。


金額にして448,000円。


この「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」のカリキュラムを目にする限り、どう考えてもこの価格には見合わないと思ってしまったわけです。


というかそんな内容云々を気にせず、ただ金額という付加価値を付ける為だけにあえて高額にしているのではないかとさえ思えてしまいました。


これは人の消費行動心理にも言われている事ですが“高額なものは、良いものである”と勝手に思ってしまう固定的動作パターンという習性があるので、このセールスレターはまさしくそれを突こうとしているのではないかと思います。


とくに日本人はその潜在的本能意識が強い人種なので、現状の情報商材のインフレ化はまさにその賜物と言える現象の1つではないでしょうか。


仮にこの「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」が、19,8000円という価格だったとしたなら(これでも高額過ぎると僕は思いますが)おそらくこの教材を目にする印象は180度変わっていると思います。


「そこいら教材と同じくらいの価格なんだから、よくありがちな情報商材と同じような内容なんだろうな。」


と、このように感じる人が大多数を占める事になります。


ただそんな教材に44万円以上もの金額をふっかける事で、


「この教材は、他の高額教材よりも倍以上の価格だから、絶対に良い教材だ!」


と、消費者はその教材の中身を勝手に「価値あるもの」と妄想してしまうわけです。


それが、先ほど書いた人間が本能の中に潜在的に持っている、固定的動作パターンのひとつの、“高額なものは良いものである”と思い込む習性なんですね。


この「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」は、最近の高額塾の相場から見ても明らかに高い価格設定です。


しかし、果たして内容はどうなのかと言うと、これはセールスレターを読み説く限り、どう考えてもそんな価値は無いのではないかと思います。


カリキュラムの内容を目にする限りそこに書かれている「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」における情報起業の流れはこんな感じになっています。


1.競合の無いニッチなテーマを扱い
2.毎月10万円稼げるテーマを量産し
3.コピーライティングはテンプレートを使い
4.デザインはツールでシンプルなものを自作して
5.スマートフォンで動画を撮り簡単に作成し
6.その動画をYouTubeに流し
7.インフォトップで販売する



まず根本的なこの流れ自体が僕の考える情報起業ビジネスとは明らかに違う所がいくつかあるので、ここからはその辺りの事を書いていきたいと思います。


情報起業ビジネスで最も重要な要素は何か。

僕は常に、ネットビジネスで一番大切で重要なスキルはコピーライティングだと言い続けています。


そのため、どうしても“コピーライティングを疎かにして、ネットビジネスで稼げますよ”と、言っている教材を見るとちょっと黙っては居られません。


それは絶対に違うと僕は言い切れるからです。


コピーライティングのスキルを放棄して、テンプレートに当てはめるだけで本当に稼げるのであれば、この世の中には、ネットビジネスで成功している人で溢れ返っているはずです。


でも、実際にはネットビジネスで成功し続けている人は、決して多くはありません。


少なくともコピーライティングをテンプレート任せにして稼げると謳っているような教材は、ただ「楽して稼げるようになりますよ」という事を訴えて、楽してお金を稼ぎたい人を集めたいだけだと僕は思っています。


ネットビジネスでお金を稼ぐためには、コピーライティングこそ重要なはずで、この中村司さんも、それは分かっているはずです。


そうでなければ、今回のこの高額教材である、情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクトのセールスレターが、なぜこんなにも長く、色々な事を中村司さんが一生懸命に伝える必要があるのでしょう?


この中にこそ、まさしくコピーライティングの重要性について、中村司さん自身が自らが示しているようなものだと思います。


もし、この高額教材が欲しいと思ってしまう人が居るなら、それはまさに、この情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクトのセールスレターを読んだからこそでは無いのでしょうか。


この一点のみを見てもコピーライティングのスキルがいかに重要であるかが分かるはずです。


それを、コピーライティングはテンプレートに当てはめるだけって言うのは、明らかにネットビジネスで成功する本質から大きく外れてしまっています。


ただ、おそらくこのセールスレターで「コピーライティングが必要ですよ」と、その真実を語ってしまうと、中村司さんが意図してこの教材を高額販売したい初心者層の人にこの教材を売れなくなってしまうと考えてしまったのだと思います。


事実、甘い考えで楽をして稼ぎたいと思っている人が大半の初心者層の人は「コピーライティングの勉強なんて面倒臭い」と思ってしまう人が大多数を占めています。


そんな初心者層の人に対して一人でも多くの人にこの教材を買ってもらいたいと思うがあまり、コピーライティングはテンプレートで大丈夫、と甘い謳い文句を掲げ、そのようなカリキュラムを作ってしまったのではないでしょうか。


にも関わらず、当の自分はこの教材は売るためにしっかりコピーライティングをフル活用して、訴えているという矛盾、、、。


もし、本当にコピーライティングのスキルが必要では無く、テンプレートにあてはめたセールスレターでも情報商材が売れるというのであれば、この教材のセールスレターも、


「そのテンプレートに当てはめて作ったものです。」


と言って、そのテンプレートとやらをそのまま代用したものを使うべきではないでしょうか。


まあ、そんなテンプレートに当てはめたようなセールスレターでは到底情報商材は売れませんから、そんな売れないセールスレターで情報を売るようなマネは当の中村司さんはしないと思います。


でもその「売れないセールスレターで情報商材を売る」という行為を、今後44万円ものお金を支払った人達にさせようとしているというのがこの教材のカリキュラムなんですね。


他の内容を見ても、1つのテーマで月10万円を稼ぐ情報商材を量産する、といった事が書いてありますが、そもそも「コピーライティングはテンプレートで大丈夫です」という言葉に惹かれる人たちが、そんな稼げる情報商材を作って、更にそれを量産して行く事など出来るのでしょうか?


そもそもひとつの情報商材を作るのにどれだけ多くの時間と労力を使う事か・・・。


そういう苦労や大変さがある部分もこのセールスレターでは全く触れられていません。


とにかく簡単だ誰でも出来るとその一点張りです。


その他にも色々と思う箇所があるのですが、とにかく僕は特にコピーライティングの重要性について日頃からブログやメルマガで言い続けているので、やはりそこの部分に最も大きな懸念を感じてしまいます。


中村司さんのような素晴らしい経歴をお持ちの方ならば、もっと違った方法で本当に稼げるような人を育て上げる事も出来たと思うんですけどね。


しかし、それではたくさん稼ぐ事が出来ないので、このような方法でお金を稼ごうと思われたのだと思います。


ハッキリ言ってこの「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」の中で学べる内容は、おそらくほぼ大差なく僕が推奨している「ネットビジネス大百科」の方で学べると思います。


和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科


カリキュラムを見る限り、どう見てもそう大差を感じるものではありませんので。


しかもこのネットビジネス大百科の価格は約45分の1の10,000円ですからね。


実際にセールスレターだけでも見比べてみてください。


むしろ「ネットビジネス大百科」の方がコピーライティング、マーケティング等の重要なポイントについて、より明確でしっかりとした内容を学べる事がアピールされてますよ。


どう比較しても僕はこの「情報販売 完全習得コース ファーストキャッシュプロジェクト」に44万8000円なんて価値は感じられません。


あくまでも僕の個人的な意見ですが参考までに。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ