広田光輝さんの「新世代転売セミナー」について。

足立です。


広田光輝さんという方が各主要都市で無料開催している「新世代転売セミナー」というセミナーがあるのですが、そのオファーページを見て幾つか思うところがありましたので、取り上げておきたいと思います。

広田光輝さんの「新世代転売セミナー」

新世代転売セミナー
URL :http://k-tenbai.com/letter/shinshin/index.php
販売者 :広田光輝
所在地 :大阪府岸和田市土生町2-30-12-4F

広田光輝さんの「新世代転売セミナー」について。

「抜穴的な秘密ルートを使った転売で、今までの転売の常識をひっくり返す・・・」


これがこの「新世代転売セミナー」の謳い文句です。


確かにこういった転売系のビジネスで成功する為に必要なものとして「利益を見込める商品の仕入れルートの確立」は、かなり重要度が高いものと言えるかもしれません。


ただ、もしもその仕入れルートが、本当に「特別なもの」であるなら、その仕入れルートを使う人が増えれば増えるほど、その仕入れルートは当然「特別」ではなくなります。


仕入れにおいても、その転売時においても競合していく可能性が双方で高まっていくからです。


つまり、このような転売系のセミナーにおいて「抜穴的な秘密ルートを使った転売で稼ぐ」という事を謳っている時点で、その謳い文句が既に転売ビジネスの原理原則における「矛盾」をはらんでいるという事に気が付かなければいけません。


勿論、無料のセミナーですので、その矛盾が詐欺だなんだというつもりはありませんが、そんな「秘密ルート」を「無料セミナーで公開する」と言っている時点で、そこには必ず裏があると言う見方はしておいた方がいいという事です。


転売ビジネスにおいて「秘密ルート」というものがあるなら、それはその人だけが独占的に使っていればこその秘密ルートなのです。


それを「無料で明かします」と言っている時点で、そのオファーそのものが既に本末転倒状態にあるとしか言いようがありません。


そのような事を謳っている時点で、その秘密ルート自体が実際はただの謳い文句でしかないものであるか、仮にそれが本当にその時は「秘密ルート」であっても、こうした無料セミナーで公開されていく時点でそれはもう秘密ルートではなくなっていきます。


それでなくともこの「新世代転売セミナー」は全国各地でそれなりの人数を対象に開催しているようですので、その度に「ライバル」を増やしていっている事になります。


その仕入れルート、ノウハウが有効なものである程、その競合はただただマイナスにしか作用していかないわけです。


つまりこの「新世代転売セミナー」で言われる「秘密ルート」の存在が、本物であれ偽物であれ、このセミナーのオファーはどちらにしてもオファーそのものが破綻しているとしか言いようがありません。


強いて整合性が取れる展開が見込めるとすれば、無料セミナーの方では結局のところその「秘密のルート」を明かさず、本当に人数を絞り込んで一部の人だけを対象にその秘密ルートを明かすと言うパターンくらいでしょうか。


イコールそれは、その一部の人からそれなりのお金を徴収するという事です。


まあ、こういう無料セミナーの先には基本、そういうものが待っているものですが、このオファーは既にそれ無しでは成り立たないようなものになっている事が分かります。


この新世代転売セミナーに参加する=何かの有料オファーを売り込まれにいく


という事ですね。


ただ、有料にするにしても、相当数にその「秘密ルート」を教えるという時点で、やはり転売ビジネスとしての論理が破綻することには変わりありません。


他にも、この「新世代転売セミナー」のセールスレターには、


「パソコンやスマホを片手に週2時間の作業で稼げる」
「利益率60%以上、利益額5000円以上」
「自宅でも外出先でもどこにいても稼ぐ事ができる」
「必然的に価格競争、緩和しない理由がある」
「商品を仕入れたらスグに現金に変わる」
「不良在庫を100%防ぐ事ができるためリスクゼロ」
「国語の知識、難しいパソコンスキル、面倒くさい作業一切不要」
「資金ゼロでも実践可能」



といった、ネットビジネスで稼ぎたい人や転売ビジネス初心者の人にとってが、とにかく「求めているフレーズ」が、ところ狭しと並べられています。


ただ、基本的にそんな「簡単に稼げる」というようなネットビジネスは、ほぼ存在しません。


そこだけは言っておきます。


特にこの手の転売系ビジネスで「簡単に稼ぎ続ける事」は本当に簡単ではないんです。


まあ、無料セミナーですから、参加するだけであれば経験も兼ねてアリかもしれません。


ただ、このオファーページに書かれている事をそのまま真に受けて、テンションを上げてセミナー会場に足を運んでいるような人は、まさに恰好の標的です。


そういう人を狙って、高額なオファーをふっかけて低俗な情報を売り付け、利益を上げているような人達がこの業界にがたくさんいますから。


今はインターネット上で評判が外に出づらい「セミナーで売る」という手法が横行しつつありますので、一応、注意勧告です。


無料とは言え、甘い言葉なかろを並べているものにはとくに注意してください。


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ