レビュー:YouTube Optimizer(株式会社World Net Marketing)花岡宏明

足立です。


最近YouTube関連の教材が数多く出て来ていますが、今回は教材ではなくYouTube系のツールがインフォトップのランキングに入っていましたので、取り上げておきたいと思います。


こちらですね。

YouTube Optimizer(株式会社World Net Marketing)

YouTube Optimizer
URL :http://youtuber-jp.info/yo/index.html
販売業者:株式会社World Net Marketing
販売者 :花岡宏明
所在地 :東京都江東区東雲1-9 19-903
概要  :Youtubeアップロードツール

レビュー:YouTube Optimizer(株式会社World Net Marketing)

さすがYouTube系のツールを販売しているだけあって、このYouTube Optimizerというツールのセールスレターは見て分かるように、冒頭の「動画」で構成されています。


言うなれば「セールムービー」ですね。


雰囲気を上手に出していて良い感じだと思います。


高額塾系に、よくありがちな派手に煽った誇大表現で演出してあるような動画とは違い、癖の無い綺麗なまとまりのあるムービーだと思いました。


この動画を見れば、この「YouTube Optimizer」というものが、どんなツールなのかはすぐに理解する事ができます。


簡単に言ってしまえば、YouTubeに動画をアップロードする時の労力が半減する、というツールです。


UPしたYouTube動画にアクセスを大量に集める事ができるといった事が「YouTube Optimizer」の強みとして謳われています。


・・・ただ、この「YouTube Optimizer」のセールスレター、動画で謳われている「優位性」は全て本当なのか。


その辺りについて言及していきたいと思います。


YouTube動画にアクセスを大量に集めるには、どうすれば良いのか?


これを分かりやすく簡単に言うと、1つは、「タイトルとキーワード」を、たくさん検索されている言葉にする、という事。


そしてもう1つは実際にUPされた動画の継続観覧率によって決まると僕は思っています。


継続観覧率とは、YouTubeにUPされた動画が最後まで再生されたかどうかです。


YouTube側の視点で考えてみれば一目瞭然だと思うのですが、要はYouTube側からしてみれば質の良い動画を上位表示して多くの人に閲覧してもらいたい、と考えるはずです。


なぜなら、それがそのままYouTubeとしてのブランディングになるはずだからです。


質の良い動画とはどんな動画なのか。


これは「最後まで再生されている動画」に他なりません。


そういう質の良い動画をYouTube側としては埋れさせておきたくは無いはずです。


今では、YouTube以外にも数多くの無料動画サービスを提供しているメディアが次々と出て来ています。


YouTube側からしてみれば、そういった競合メディアとの差別化をするためにも、質の良い動画を上位表示しておきたいと考えるはずです。


しかし、今回ここで取り上げている「YouTube Optimizer」の中で主張しているアクセスを集める方法というのは、タイトル以外に別の事も言っています。


それは、YouTubeにアップロードする時の、動画の説明文とタグについてです。


そして、中でも動画のキーワード対策と関連動画対策がとても重要であると主張していますね。


Youtube動画の再生回数と「説明文」「タグ」について。

この「YouTube Optimizer」のプレゼン動画では、動画の説明文とキーワード対策と関連動画対策とタグ対策をすれば、GoogleやYouTubeでの検索結果に反映されたり、関連動画での表示率も高くなるという事を主張しています。


ですがYoutube動画の再生において「説明文」「タグ」の対策がどこまで有効であるかという証明や根拠は実際のところどこにもありません。


「YouTube Optimizer」の主張はこうです。


投稿する動画に関連するキーワードと、人気の高い「人気動画」のリンクがこの「YouTube Optimizer」のツールで自動生成され、それをそのまま自分がUPする動画に貼る事で、その「人気動画」との関連動画であると見なされ表示率が上がりアクセスが集まる、、、。


ただこの主張にはいまいち根拠がありません。


少なくとも僕は「YouTube Optimizer」で自動生成されたキーワードと人気動画のリンク先が貼られたものを見ても、その有効性には大きく疑問を感じています。


と、いうのも実際にYouTubeで上位表示されている動画を見ても、このようなキーワードが無数に貼り付けられているような動画は見た事が無いからです。


YouTubeを運営しているのはGoogleですので、こんな意味不明なキーワードが無数に貼り付けられているような動画に高評価を下すような事は絶対にしないと思います。


もし、これだけの事でYouTubeに上位表示されるようになってしまえば、YouTube内に質の悪い動画が溢れかえってしまう事になるからです。


まさかYouTubeをGoogleがそんな無法地帯にする訳がありません。


もっと、本質を突いた要素が入っていない限り上位表示してはもらえるはずが無いと思います。


質の良い動画=キーワードが羅列された動画や人気動画のリンク先が貼られた動画


こんな馬鹿げた理屈はありえないと思います。


もし、本当にこの「YouTube Optimizer」で主張した事がYouTubeで上位表示されるのであれば、そういうキーワードの羅列された人気動画のリンク先が貼られた動画がたくさん上位表示されているはずですが、そういう動画が上位表示されているのでは無いというのが現状です。


むしろ、説明文が一切書いてない動画が上位表示されている事が多い気さえしています。


以上の理由からこの「YouTube Optimizer」は、スムーズにYouTubeに動画をUPする事ができるツールとして有効ではあると思いますが、アクセスを大量に集める事ができるとは言えない、と思います。


もしも、アクセスを大量に集める事ができるのであれば、著者が証明と称して提示しているような、芸能人が出ているような動画をその証明に使うのではなく、通常ならアクセスが集まるはずが無いような動画にアクセスを大量に集める事が出来ている、という証明をするはずです。


それならこの「YouTube Optimizer」というツールの力によってアクセスを集めたんだ、という事が分かります。


にも関わらず、この「YouTube Optimizer」の中で証明といって出されているのは、そもそもその動画に出ている芸能人の持っているネームバリューでアクセスが集まっている可能性の高い動画ばかりです。


本当にこの「YouTube Optimizer」が有効であるなら、誰も知らない人物しか出ていない動画なのに、この「YouTube Optimizer」のツールを使えば、ほらこんなにもアクセスが集まるんですよ!、、、という事を証明してくれるはずです。


しかし、証明として出されているものの多くは「このツール関係無いじゃん。」というものばかりです。


「YouTube Optimizer」というツールは、「YouTube動画にアクセスを集める方法」ではなく、YouTube動画をUPする時の手助けとなるツール、という位置付けでしか無いと思います。


最初からそういう手助けツールだという認識で手に入れるのであれば、良いと思いますが、それで2万円は明らかに高額過ぎます。


無料ツールとしてはアリかと思いますが。


そんなわけでこの「YouTube Optimizer」は、アクセスを集めるためのツールというよりは、ただ「アップロードする時の労力を半減するためのツール」というレベルのものでしかないと思います。


このツールに2万円というお金を支払うなら、こちらのプログラムに参加された方が「Youtubeで稼ぐ」という点では遥かに有意義ではないかと思いますね。


>YouTube Adsense攻略情報共有プログラム


価格は特別価格で参加すれば1万円でもおつりが来ます。


Youtubeで稼ぎたいという人はまずこちらのプログラムから参加してみる事をお勧めします。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ