レビュー:中村式リスタートアフィリエイト(中村貞文)株式会社ラブアンドピース

足立です。


今日は7月に入ってから売れ筋となっている中村式リスタートアフィリエイトについて書いてみたいと思います。

中村式リスタートアフィリエイト

中村式リスタートアフィリエイト
URL :http://www.nakamura-style.com/new_affili/it/
販売業者:株式会社ラブアンドピース
著者  :中村貞文
所在地 :沖縄県沖縄市上地1-1-1ステータスコザ902
概要  :アフィリエイト教材

中村式リスタートアフィリエイト(中村貞文)レビュー

簡単に言ってしまえば「サイトをたくさん作ってアフィリエイト」していくという「量産型サイトアフィリエイト」のノウハウを提唱している教材ですね。


アフィリエイトの手法としては、どちらかというと「古典的」な部類に入ると思います。


“アフィリエイト=量産”


これは一世代前のアフィリエイターの中では、わりと常識でしたから。


ですので、手法そのものについては「斬新」という訳でも何でもありません。


セールスレターの動画を見ると、中村貞文さんという方は、とても爽やかな好青年で、まるで体操のお兄さんのような雰囲気ですね(笑)


胡散臭さがまったく無いという所は、多くの人の不安感を解消するには、十分にその役割を果たす事ができる動画だと思います。


人間性という部分でもきっと「良い人」なのではないでしょうか。


この爽やかさの伝わる動画を見て、購入した人も結構多い気がします。


ただ僕がこの中村式リスタートアフィリエイトを最初に見た思った事は「リスタート」という商品タイトルとはあまり相応しくない内容かな・・・という点です。


リスタートアフィリエイトですから、てっきり僕はアフィリエイトで稼げていない人に向けて作られた教材だと思っていたのですが、内容的にはあまりそういう印象は受けませんでした。


むしろ根本から「初心者向け」というイメージで作られているような教材だと思います。

良い意味では丁寧ですが、悪い意味ではかなり無駄に感じられるところも多かったです。


今時、ググれば分かる事にコンテンツの大半を割いていると言いますか・・・。


まあ、この手の一見ボリューミ-に見える教材にはありがちなパターンですが、この中村式リスタートアフィリエイトもその「ありがちなパターン」に沿って作られている感じします。


セールスレターの方ではあたかも「最新の手法」っぽい事を強調していますが、とくにそれほど斬新な内容は見受けられませんでした。


まあ、ごくありがちな「量産型サイトアフィリエイト」のノウハウという感じです。(少なくとも僕はそうとしか思えませんでした。)


あえて特徴を上げるなら記事投稿の際の「キーワード選定」のところでしょうか。


出来る限り競合の少ないキーワードを狙っていくというが中村式リスタートアフィリエイトの「ニッチキーワード戦略」です。


競合が多いキーワードではライバルに埋れてしまうので競合が少ないキーワードを狙っていくというのが、まあ・・・強いて「目新しい」というわけではありませんが、このノウハウで重きを置いているところかと思います。


ただこの辺りの「競合の少ないニッチキーワードで集客していく」というアフィリエイト手法は、ここ最近数多くリリースされている「トレンドアフィリエイト」系の教材で取り上げられている手法です。


要するに、ここ最近のそっち系(トレンド系)の教材を買っているような人には、とくに必要無いのでは?と思いましたね。


あと、一番思ったのはやはりこういった「集客方法重視」の教材には本当にありがちなパターンなのですが、やはりこの中村式リスタートアフィリエイトもある重要なポイントが最も「弱い」と思いました。


それは「記事の質」「記事のクオリティ」「記事の反応」を“どう上げていくか”という視点です。


結局どんなキーワードを狙って上位表示を達成出来ても、肝心な記事の中身が良くなければ、何をアフィリエイトしても稼ぐ事は出来ませんからね。


いかに記事自体のクオリティーを上げる事ができるかどうか。


この手のアフィリエイト教材はすこぶるこの辺りの言及が「弱い」です。


確かにこの中村式リスタートアフィリエイトを購入されるような人は「クオリティーの高い記事」が書けないが為に「下手な鉄砲数打ちゃ当たる」的な考えで量産型サイトアフィリエイトを始めてしまうのかもしれません。


ですが僕は率直にサイトを量産する労力をかけるくらいなら「コピーライティング」をしっかりと学んだ方が遥かに効率的に、且つ確実に稼げると思います。


実際、質の高い記事が書けるようになれば、そこまでニッチなキーワードばかりを狙わなくても王道のキーワード選定でも十分に上位表示は狙えますからね。


どんどん主要検索エンジンのグーグルが賢くなってきていますので、もう質の低い記事でテクニカルに上位表示を狙ったりする時代はとっくに終わりが見えて来ています。(と言うか既に終わってますね。)


だからと言って、ニッチなキーワードを狙って質の低い記事を垂れ流していっても、実際のところそう思うようには稼げないというのが現実です。


結局、集客という観点でも記事の質を左右するコピーライティングというスキルが重要なベクトルを占めるようになっているわけです。


現に「文章(コピーライティング)の勉強をするのは面倒臭い、と思っている人は多いかもしれません。


ですが実状を言えば、稼げもしないサイトをたくさん作っていく事の方が遥かに面倒臭い事なんです。


何よりそれが結果に繋がらなければ、それこそ不毛な労力です。


なら一掃のこと、コピーライティングスキルを身につけてしまった方が、どれだけ建設的か、、、という話です。


少なくとも僕はそう思いますし、そういう考えでネットビジネスをやっています。


そしてそういう「道」をこの企画で明確に示しています。


ネットビジネススターターキット「0→1」(ゼロワン)


金額的に見ても中村式リスタートアフィリエイトより安い金額で参加できる企画です。


でも「稼ぐ為のノウハウ」としては、僕の企画の方が遥かに長く、早く、きちんと稼げる本質的なノウハウを提供出来ていると思います。


そこは断然、自信がありますね。


中村式リスタートアフィリエイトの再現性と収益性

ちなみにこの中村式リスタートアフィリエイトのセールスレターでは、筆者の中村貞文さんが「毎月200万円以上を稼ぎ続けている」という事を謳っています。


ですがこの教材で書かれている内容だけではまず毎月200万円は不可能だと思います。


これは中村貞文さんが偽りの実績を語っているか、他の手法を隠し持っているか、そのどちらかでしょうね。


現にセールスレターの中では、中村貞文さんはその実績を明確にする証明を載せていませんから、どちらにしてもこの実績はかなり怪しいですしノウハウとしては到底不可能な数字だと思います。


まあ、とくにこの中村式リスタートアフィリエイトが詐欺的な商材だとは思いませんが、月収200万円は明らかに誇大広告だと思います。


とにかくかなりのレベルで頑張ってもせいぜい月収5~10万円を稼げればいいところという感じでしょうか。


それくらいしか稼げないのは市場がニッチだからという点と、やはり記事を書くポイントをきちんと体系化していないところが挙げられます。


結局ここが疎かなので、初心者層の多くはやってもやっても1円も稼げないという事にもなりかねないと思います。


それくらい記事の質を上げるというポイントは重要なんですね。


何よりセールスレターに書いてあるほど即効性のあるノウハウでも何でもありません。


むしろかなり地道で地味なノウハウです。


まあ、量産系はどうしてもそうなってしまうんですけどね。


もしも、ネットビジネスで挫折した人が「リスタートアフィリエイト」という言葉に引っかかり、購入されたとしてもおそらく同じ道を辿るような気がします。


多くの人が「挫折」している手法がそもそもこういうアフィリエイト手法なので。


文章力(コピーライティング)を疎かにして小手作だけのテクニック(この手法で言えばニッチキーワード戦略)でアクセスを集めて・・・という手法ですね。


いい加減、こういうノウハウで稼げなかった人は、ビジネスの本質を見抜いてコピーライティングのスキルをきちんと身に付けていくべきです。


それで実際のところ、ネットビジネスの大半の問題は全て「解決」するんですから。


イコール「稼げる」って事です。


そういう意味で言えば、こっちの教材のノウハウの方が遥かに「斬新」で「目新しく」感じかもしれませんね。


このような小手先のテクニックでアクセスだけを集める事に力を入れている教材などとは180度違うものなので。


Copyrighting Affiliate Program


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ