フォローマティックXY(株式会社マニホールド・ナレッジ)北川雅嗣 レビュー

足立です。


先日、ツイッターブレインというツールのレビューを書きましたが、今回はフォローマティックXYというツールについて書いてみたいと思います。

フォローマティックXY

フォローマティックXY
URL :http://フォローマティック.com/
販売業者:株式会社マニホールド・ナレッジ
著者  :北川雅嗣
所在地 :北海道札幌市北区北19条西6丁目1-15 キングパレス3F
概要  :ツイッターフォロワー収集&BOTツール+マーケティング教材

フォローマティックXY(北川雅嗣)レビュー

このフォローマティックXYも先日のツイッターブレインと同じく、ツイッターでフォロワーを自動収集するツールです。


やはりツイッターでは「フォロワー」をたくさん集められるかどうかが、ひとつの大きなポイントになっています。


ただフォロワーはその「数」が多ければ良いというわけではありません。


例えば、あなたがツイッターで何かをつぶやいた時、何も興味を示してくれない人しかいなければ、何の意味もありません。


そんなフォロワーが、例え何万人居たとしても、です。


あなたが投稿するツイートに対して、実際に「反応」してくれるフォロワーがどれだけ集められるかが重要なわけですね。


要するに、質の良いフォロワーを集められるかどうかが問題という事です。


そしてこの、フォロワーを自動で集めて来てくれるツールの1つが、今回取り上げているフォローマティックXYです。


ネット上では、「フォローマティックXY」と検索すると、ズラ~っとフォローマティックXYを絶賛する人たちの記事やサイトが一杯出てきます。


ただ、、、どう見てもそのような記事の大半は「右へ習え」的な意見を淡々と述べているような印象を覚えるのは僕だけでしょうか。


まあ、それはいいのですがこの「フォローマティックXY」はフォローマティックX、フォローマティックYという2つのツールが設置になっているものなのですが、フォローマティックXがフォロワーの自動収集ツール。


フォローマティックYというのが、自分が管理しているアカウント内での「リツイート」を自動化させるツールになります。


フォローマティックXYの実状。

先程もお伝えしたように「フォローマティックXY」というキーワードで検索をすると、本当に照らし合わせたかのような同じ意見の「絶賛記事」が大量にヒットします。


ただそこに「凍結」や「動かない」「不具合」「使えない」などのネガティブキーワードを加えて検索していくと・・・


出てきますね。


フォローマティックXは起動しない・・・。


フォローマティックYはつぶやかない・・・


などなど、「生の声」とも思われる“本音レビュー”が。


それも、そういう声は1件や2件ではありませんので、実際にこういう事が多くの人の間で起こっているみたいですね。


現に購入者しか見れないサポートフォーラム的な役割を果たす掲示板の中では、


「起動しません。」
「動かないのですが、こういうものですか?」
「早く修正して欲しいのですけど」
「なかなか安定しません。」



という声も。


そして、サポートに問い合わせても返事が一週間も来ない事が多いみたいです。


それなのに、フォローマティックXYと検索すると、上位表示されている記事はフォローマティックXYを推奨する記事ばかり、、、。


まあ、何というか「そういうマーケティング」がお上手な販売者さんみたいですね。


それもそのはず、そういった検索上位に来ている「絶賛記事」の大半は、よくよく日付を見るとフォローマティックXYの公開日よりも前の日付で記事が上がっている場合がほとんどです。


要するに身内かその周りで「フォローマティックを売ろう!」という人達が結託してそういう記事を上がているものと思います。


現にこの「フォローマティックXY」は、その公開前にしきりにそういう売り方をアフィリエイターさんに促していたようですから。


要するにそういう絶賛意見の大半は、実際にフォローマティックXYを使用した上での「生の声」では無く、それこそアフィリエイト報酬目的の意見でしか無いと思ってください。


それでも、ネットビジネス初心者やツイッター初心者たちは、フォローマティックXYと検索した時に上位表示されているどの記事やサイトを見ても、


「フォローマティックXYは最高です。」
「フォローマティックXYは稼げます。」



と書いてあるので、それを真に受けてしまうのだと思います。


実際はこのツール1つで「稼げる余地」なんて、ほとんど無いんですけどね、、、。


ここは僕なりの意見をハッキリと述べておきますがツイッターのツールは例えどんなに優秀なツールでも、それ単体で稼ぐのはそう簡単な事ではありません。


ましてこのフォローマティックXYに関して言えば、そのセールスレターに書いてある内容はもう完全にただの誇大広告です。


「アフィリエイト報酬100万円達成!」


とか、あんな大金をこのツール1つで稼ぐ事はまずできないと思ってください。


ツイッターは、あくまでも集客というプロセスで使うものであって、それはこのフォローマティックXYのようなツールを使っても同じ事。


その認識だけは絶対に忘れてはダメです。


あくまでもツイッターは「ツイッターで稼ぐ」という考えを持つより「質の高いフォロワーをどれだけ集められるか」という観点で見てください。


実際にそういうフォロワーをたくさん集められれば、結果は後々しっかりとついてきます。


そういう観点で見るとフォローマティックXYは、ハッキリ言ってただ、その「数」を集めるだけのツールでしか無いというのが現実です。


要するにその「質」は、自分で上げるしか無いわけです。


フォロワーの質をいかに引き上げるか。

ちなみにフォロワーの質を上げる方法は1つしかありません。


それは普段からいかに「面白いツイート」を投稿し、いかに自分のアカウントに注目を集めておくか。


あなたの所有するアカウントの注目度こそが、投稿していくツイートの反応に繋がり、その反応の高さこそが「フォロワーの質」なわけです。


よってツイッターで重要なのは、フォロワーの数をただ増やしていく事では無く、それと同時に「質」を高めていく事が必要になってきます。


その為には「面白いツイート」「注目されるツイート」を作る必要があり、フォローマティックXY利用者の多くはそれが出来ず、結局ツールを活かせずに終わっている人が多いみたいですね。


要するに「面白いツイート」「注目されるツイート」を作る事が出来ずに挫折しているわけです。


そんな「面白いツイート」「注目されるツイート」をものの数分で一気に何百件と「確実な方法で」自動生成出来るツールがあります。


それが、先日の記事で紹介したツイッターブレインというツールです。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


ツイッターブレインはフォローマティックXYより数カ付き後にリリースされているツールなのですが、後発のツールというのは、必然的にそれまでのツールよりも改善や改良が加えられたものになる場合がほとんどです。


それはそうですよね。


既に出回っているものを叩き台にもっと良いものを作る事はそう難しくありません。


少なくとも、現状のツイッターツールの中では最も「最新」で「最先端」の機能が付いたツールは、この「ツイッターブレイン」の方ではないかと思います。


ツールの機能性、充実性、付属マニュアルの質、価格、サポート体制。


どれを取っても歴然としてフォローマティックXYの上をいってますね。


素直にセールスレターを読み比べて、それぞれの機能性やマニュアルの内容、サポート体制等を見比べてもらえれば、どっちが上かはもう歴然だと思います。


その上で言えば、フォローマティックXYは完全な誇大広告ですが、ツイッターブレインのセールスレターはツールの機能性などを淡々とアピールしているイメージです。


それこそ書いてある事、そのままのツールやマニュアルが手に入ると思ってください。


そういうわけで、今の状況であればフォローマティックXYを購入する理由はハッキリ言って1つもありません。


ツイッターツールを購入されるのであれば、僕はこちらをお勧めします。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


何にせよ、一度僕の記事の方を参考にして頂ければと思います。


Hiroshi Adachi


関連記事

Twitter Brain(ツイッターブレイン)のレビュー記事

フォローブースターPROとツイッターブレイン


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ