ソーシャルメディアマスター集客クラブについて(大田賢二)

足立です。


インフォトップのランキングの方に、また新しい集客系のツールの方が出ていたようですので、取り上げておきたいと思います。


株式会社オタケン、大田賢二が販売しているこちらの集客ツールパッケージ?です。

ソーシャルメディアマスター集客クラブ

ソーシャルメディアマスター集客クラブ
URL :http://smac6.com/
販売業者:株式会社オタケン
販売者 :大田賢二
所在地 :東京都千代田区神田多町2-8-10 神田グレースビル3F

ソーシャルメディアマスター集客クラブ(大田賢二)レビュー

「twitter」「facebook」「tsu」などのSNSを使った集客ツールと、それらをブログに繋ぐためのツールを月額4980円で利用できるというサービスです。


一応、このソーシャルメディアマスター集客クラブのセールスレターには、「こういう人に役立つ」というものが以下のように記載されています。


・運営するサイトやブログにアクセスが中々集められない人
・facebookを見込み客収集用に使っているが成果が出ていない人
・twitterのフォロアーが中々増えない人
・twitterからアクセスを引っ張る方法がわからない人
・ブログのアクセスアップが上手くいかない人
・tsu(スー)を使って集客やお小遣い稼ぎに利用したい人
・集客力をレベルアップさせて隠れてライバルを出し抜きたい人
・一人で複数媒体を運営したいが最近は限界を感じている人



こういった人が、このソーシャルメディアマスター集客クラブに月額4980円を支払って参加すると、集客効果を大幅にアップ出来る、、、らしいです。


それどころか「稼げる」というところまで平気で書いてありますね。


ただ、いまいちその理屈、理由はしっかりと書かれておらず『6つのツールに“丸投げするだけ”で、あとは自動で稼いでくれる』的な事しか書かれていません。


その6つのツールというのが、以下のようなものになっています。


・twitterのフォロー、アンフォロー、BOTツール
・twitterの複数アカウントを利用しての自動リツイート拡散ツール
・facebookの自動いいね!&自動友達申請ツール
・tsuの自動いいね、友達申請、フォローツール
・ブログ記事の自動生成と自動投稿ツール
・URL短縮ツール


まあ、当然ならがこのようなツールを6つ稼動させていっても、その“丸投げ”では到底「稼ぐ事」は出来ないと思います。


ネットビジネスはそんなに甘いものではないですから。


先程の6つのツールにおいても、twitterのツールが2つ含まれていますが、おおよそその機能は「フォローマティックXY」というツールと類似しています。


facebookの自動いいね!と自動友達申請ツールに関しても、類似する安価なものがありますし、tsuに関しては一時期は話題になりましたが、このSNS自体、今後伸びていくようには思えません。


ブログの記事の自動生成&自動投稿ツールにしても、こういったものは薄いコンテンツが量産がされるだけですので、今の検索エンジン対策にはほとんど意味の無いツールです。


短縮ツールも、わざわざこのツールを使う必要性もまるで感じません。無料ツールで十分対応出来ます。


・・・という感じなので、このソーシャルメディアマスター集客クラブは、これら6つのツールの詰め合わせて月額4980円はちょっと割高なんじゃないかと思います。


というより、おそらくこのソーシャルメディアマスター集客クラブに今現在参加している人は、おそらくその対象となっているSNSを使っていない人や、その知識に乏しい人なんじゃないでしょうか。


実際にそのSNSを利用していれば、その「現実」が見えていますので、このセールスレターに書かれている事がいかに空虚なものかが分かるはずですので、まずこのソーシャルメディアマスター集客クラブに「参加しよう」とは思わないはずだからです。


要するにこのソーシャルメディアマスター集客クラブのセールスレターに書かれている内容を真に受け手しまうような人は、その知識や現実が分かっていない人だけなんじゃないかと思うわけです。


特に今回のソーシャルメディアマスター集客クラブで紹介しているようなツールは、大抵の場合「初心者でも、これを使えば簡単に稼げるようになりますよ」というような謳い文句で紹介されています。


そのセールスレターが「いかにも簡単そう」と感じさせるような書き方をしている場合が大半なわけです。


「誰でも簡単に稼げるようになる」と感じさせるような事を謳って、あまり「よく分かっていない人」に向けてこういったツールを売り込んでいる傾向にあるわけですね。


俗に情報弱者層と呼ばれるような人達は「よく分からない事や、よく知らない事」がある時、「それを知っている」という立場の人の言う事を鵜呑みにしてしまう傾向にあります。


このソーシャルメディアマスター集客クラブの場合で例えるなら、『SNSを利用して、6つのツールに丸投げすれば集客出来て自動で稼げる・・・原理や仕組みがよく分からないけど、実績もありそうな大田賢二さんが言っているんだから信じて良さそうだな。』と信じてしまうわけです。


最初から、よく分からない内容なので、疑うべき部分がどこかも分からない状態という事もあり、信じてしまった方が楽と感じてしまいます。


しかも、ソーシャルメディアマスター集客クラブの場合、セールスレターがも非常に長く、一見は「しっかりと書かれているように」じられる為、よく分からない初心者の方が信じてしまうのも無理はありません。


ただ、実際にセールスレターに書かれているような結果を出せるかどうかはまた別問題です。


それこそ、このソーシャルメディアマスター集客クラブの提供ツールを有効に活用出来るのは既にそれぞれのSNSを使って、ある程度結果を出せているような人だと思います。


この6つのツールで集客した先に「売れる仕組み」を構築しているような人なら、実際に有効に活用出来る余地もあるんじゃないかという事です。


ですが、このソーシャルメディアマスター集客クラブの提供ツールの対象になっている「twitter」「facebook」「tsu」これら3つを全て利用しているような人はほとんど「いない」と思います。


せいぜい「twitter」と「facebook」、もしくはその片方ではないでしょうか。


ただ「twitter」にしても「facebook」にしても、今はそれぞれで「買い切りタイプ」の高性能なツールが出ていますので、あえてこのソーシャルメディアマスター集客クラブのツールを手にするメリットはあまりないと思います。


買い切りタイプのツールの価格帯はせいぜい2~3万円台ですので、ソーシャルメディアマスター集客クラブの月額利用料4980円で考えると、およそ5~6カ月分です。


そう考えると、確実に買い切りタイプで高性能なツールを購入した方が「お得」なわけです。


使えば使うほど、費用がかかっていくわけですから。


そう考えると今回のソーシャルメディアマスター集客クラブに参加するメリットは、初心者層、経験者層、問わずあまり参加するメリットは無い、、、というのが率直な僕の結論です。


「twitter」「facebook」「tsu」それぞれをそれなりに使っていて、既にそれなりの仕組みを構築しているような人が「ひとまず」というレベルで、こういうツールを1~2カ月試しに使ってみてもいいかもしれません。



まあ、そんな人はほぼいないに等しいと思いますので、どれか1つのSNSに特化して集客をしたいなら、そこに特化した買い切りタイプのツールを購入した方がいいと思います。


ただ、フェイスブックは今やかなり規制が厳しい状況ですので、あまりこういったツールを使うのはお勧めしません。


僕的に強いてツールを利用する価値があるのは「ツイッター」くらいでしょうか。


その「ツイッターのツール」ですと、こちらをお勧めしていますので、興味があればこちらをご参照ください。


Twitter Brain(ツイッターブレイン)


以上、ソーシャルメディアマスター集客クラブの批評でした。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ