キーワードディスカバリープレミアムのレビュー(山岡建太)

足立です。


ここ最近、インフォトップの売上ランキング上位に入り続けているアフィリエイター向けのツールがありますので、今日はそちらを取り上げてみたいと思います。


こちらの「キーワードディスカバリープレミアム」という「キーワードリサーチツール」です。

キーワードディスカバリープレミアム(山岡建太)

キーワードディスカバリープレミアム
URL :http://keyword-discovery.net/lp/premium/
販売者 :山岡建太
所在地 :大阪府吹田市津雲台2-2-C31-210

キーワードディスカバリープレミアム(山岡建太)レビュー

こうしたキーワードリサーチツールは、これまでも幾つかのツールが情報商材業界に出て来ています。


そんな既存のキーワードリサーチツールを踏まえての、この「キーワードディスカバリープレミアム」ですが、率直に言ってキーワードリサーチツールとしては、ほぼ「目新しい」という機能は備わっていません。


このキーワードディスカバリープレミアムに備わっている機能は、いずれの機能も何かしらのキーワードリサーチツールに、同様の機能か代用できる機能が備わっているものと思います。


一応、その中でも唯一、これまでのツールには無かったかな?と思える機能はセールスレター内でも「キーワードディスカバリープレミアムならでは」と示されている『ライバルチェック機能』くらいでしょうか。


これは特定のキーワードで検索を行った際に「上位表示されたサイトの中に、幾つ無料ブログがあるか」を一目で判別できるようにしてくれるという機能です。


これは「検索結果の上位に無料ブログが表示されていれば、そのキーワードはライバルが弱い」という視点の元、添えられた機能であると思われます。


これはトレンドアフィリエイトなどで狙っていくキーワードをリサーチする際などに実際に多くの人が指標にしていた傾向にあるものですので、そういう人にはキーワードを絞り込む効率を上げられる機能に間違いありません。


ただ、強いて他に無い機能という点では、この機能くらいというのが実状です。


そのわりにこのキーワードディスカバリープレミアムは、14800円と他のキーワードリサーチツールと比較するとその価格がかなり「割高」に設定されています。


この価格は、もう一昔前の相場設定で、今この手のキーワードリサーチツールはもう5000円前後でほぼ同レベルの機能が備わった高性能なツールが販売されているような時代です。


そう考えると、そんな5000円前後の既存のツールに先ほどお伝えした「ライバルチェック機能」が備わった程度で約3倍もの価格というのは、どう考えても割高です。


確かに先ほどお伝えした機能はあれば「便利な機能」だと思います。


ですが、その検索結果でヒットしているサイトが「無料ブログかどうか」をチェックしていく事は簡単に出来てしまいます。


作業は実質的にそこまで手間がかかるような作業ではありません。


要するにその機能はとくに「無くても別に困らないという機能」なわけです。


その機能1つ追加されているだけのツールに、既存の3倍のお金を払ってまで購入する価値があるかと言えば、僕は「無い」と思います。


例えば、このキーワードディスカバリープレミアムの前にリリースされているキーワードリサーチツールは、こちらの「キーワードスカウターS」というツールですが、価格は税抜で4980円とやはり5000円前後の価格設定です。


キーワードリサーチツール「キーワードスカウターS」


それこそこのキーワードスカウターSの方で、機能的には、先程お伝えした『ライバルチェック機能』が備わっていないくらいで、それ以外の機能はほぼ同じものか、代用できる機能が普通に備わっています。


キーワードディスカバリープレミアムに14800円を支払うなら、僕はこのキーワードスカウターSを4980円で購入した方が確実に「お得」だと思いますけどね。


ただ、この手のキーワードリサーチツールはあくまでも「キーワードを絞り込む為のツール」ですので、これ自体がお金を生んでくれるわけでも何でもありません。


それこそキーワードディスカバリープレミアムのセールスレターはそれを錯覚させるような内容になっていますが、実際は「そんな事は無い」わけです。


重要なのはそのキーワードを狙って「どういう記事を書いていくか」であり、結局のところその「記事の内容」「記事の質」こそが『稼ぎ』に繋がっていきます。


逆にそこでしっかりとした記事を書けなければ、どんなキーワードを狙っても『稼ぎ』には繋がっていきません。


だからこそ、こうしたキーワードリサーチツールは、それなりの「記事を書く力」、すなわち「コピーライティングのスキル」があってこそ、本当の意味で活用していく事が出来るものなんです。


その点も含めて考えると、このキーワードディスカバリープレミアムに14800円を支払うのであれば、しっかりと「記事の書き方」を学べるコピーライティング教材と一緒に割安なキーワードリサーチツールを購入された方が確実にプラスだと思います。


例えば僕の推奨するコピーライティング教材「ミリオンライティング」であれば、価格も3980円程度です。


The Million Writing(ミリオンライティング)


こちらの「ミリオンライティング」であれば、先程の「キーワードスカウターS」と併せて購入しても要する購入費用は1万円以下ですからね。


初心者層の人がこうしたキーワードリサーチツールを手にしていくのであれば、併せてその「記事を書いていく為の教材」も併せて購入していくようにしていく事をお勧めします。


何にせよ、その機能性を考慮する限りキーワードディスカバリープレミアムは、ツールとしては悪いものではないと思いますが、他の類似ツールと比べると価格がちょっと(むしろ、かなり)高めですので、僕はお勧め致しません。


以上、参考にしてください。


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ