アルティメットせどり(株式会社キュリアスコープ)岩崎秀秋

足立です。


インフォトップランキングに珍しいタイプの「せどり」の教材がランクインしていたので、取り上げておきたいと思います。


こちらの「中古家電」を主に扱うせどり教材です。

アルティメットせどり(岩崎秀秋)

アルティメットせどり
URL :http://jsedori.com/ultimate/product/
販売業者:株式会社キュリアスコープ
販売者 :岩崎秀秋
所在地 :北海道札幌市中央区南三条西6-7-3 グローリーハイム602

アルティメットせどり(岩崎秀秋)レビュー

まずこの「アルティメットせどり」のセールスレターに目を通してみて思った事ですが、著者である岩崎秀秋さんがこのセールスレターで主張している事自体は、とくに間違っている事は言っていない、と思いました。


「せどり」というビジネスにおける理論的な面においても、とても本質を突いた概念を主張されていると思います。


例えばせどりは「新品」の商品よりも「中古」の商品を扱った方が、長い目で見ると有利であるという主張などは「新品を扱うせどりをやるか中古品を扱うせどりをやるかで悩んでいる人には非常に参考になる理論だと思いました。


新品は一度開封してしまえばその時点で中古品になってしまい、中古品は1度売っても、その購入者が再び売れば中古品として世に出回るから・・・という理屈ですね。


新品を売るために必要な知識やノウハウを身に付けたとしても、一度売ってしまった新品は、もうその時点で中古品になってしまうという事です。


新品の物の数よりも、中古品の数の方が世の中には何百倍も何万倍も、それ以上に多いのですから、それだけ新品を販売する機会よりも、中古品を販売する機会の方が遥かに多いというわけです。


要するに、新品を売るために身に付けた知識は、中古品に比べ遥かに機会の少ない新品を売る時にしか使えない、という事を主張しているわけですね。


この理論については僕も確かにその通りだと思いました。


せどりを長くやっていくのであれば、こういった意識を持っているのと、いないのとでは、労力的な部分でも大きな差が出てくる事になると思います。


ただ一般的に「せどり」と言うと、多くの人がイメージするのは中古本やCDやゲームソフトのせどりではないかと思いますが、この「アルティメットせどり」では「中古の家電」を扱う手法を公開しています。


中古本やゲームソフトなどの「せどり」だと、大手買取専門店なども参入しており価格競争が激しいのが現実で、利益率が良くても20%程である事に対して、家電を扱うせどりであれば利益率が40%を超える事も珍しくないらしいです。


これも実際の「実績」を見る限りではあながち適当な事を言っているわけでは無く、筆者の岩崎秀秋さん自身が中古家電のせどりで稼いでいるという事も事実として間違いないものと思います。


ただ、その実績、実力、理論が「本物である」としても、この中古家電を扱っていく「アルティメットせどり」には、幾つか注意するべきポイントがあります。


例えば実際に中古家電を仕入れていく為に必要となる「仕入れ資金」などですね。


ハッキリ言って中古家電の仕入れには、中古CDや本などのせどりに比べて「かなりの資金」が必要になります。


この「資金」については「アルティメットせどり」のセールスレターの中に掲載されている岩崎秀秋さんの事務所内を写した画像からも見て取れます。


実際に見て頂ければわかりますが物凄い数の家電が事務所内に散乱しているのが見て分かるかと思います。


セールスレターの方にも「30坪以上の広さのある事務所が1週間で一杯になる」という事が書いてある通り、中古家電のせどりに本腰を入れていくにはそれくらいの「資金」と「商品の保管場所」を確保する必要があるわけです。


少なくともその積み上げられた家電の山を見ると、これを仕入れるための資金は数万円や数十万円では到底済まない事は容易に想定出来ます。


30坪以上の広さの部屋を一週間で一杯にするには、どれだけの数の家電類をいくら分仕入れる必要があるのか想像してみて下さい。


数万円や数十万円分の家電を仕入れただけでは、とても30坪以上の広さの部屋は一杯にはなりません。


おそらく数百万円分は家電を仕入れているはずです。


しかも、段ボールに入ったままで、中身の見えない物も、かなりあります。


これは、今すぐ出荷されるような感じにはとても見えませんので、これを見る限りでも、あまり商品の回転が良くない事が見て取れます。


要するに「常に」これだけの家電を山のようににした状態を継続し続けない限り、家電のせどりでは思ったような金額は稼げない、という事なんだと思います。


仮に資金が10万円あって家電を仕入れたとしても、たたみ1畳あれば全部積み上げられます。


その家電が仮にすぐに売れたとしてもその金額は利益率40%で計算しても14万円ですから、利益は4万円です。


しかしこれは、あくまで10万円分の仕入れた家電が全部売れたと仮定しての話ですから、これと同じ事を、資金100万円分で実践してようやく40万円の利益を出せる計算になります。


ですが、これも100万円分の家電が全部売れたとしての話ですし、100万円分の家電を保管するだけでも相当のスペースを取る事は容易に想定出来ます。


ですが、実際はそうそうすぐに売れるとは限りませんし、売りそびれてしまう商品や売れない商品が出てくる事もあると思います。


そうなると幾ら、CDや本のせどりよりも「利益率が良い」と言っても、部屋はどんどん家電の山になってしまうんじゃないでしょうか。(というより、岩崎秀秋さんの事務所自体が既にそうなっているようにしか見えないのですが、、、。)


何にせよ、この「アルティメットせどり」の岩崎秀秋さんのように、家電のせどりで稼ぐには、「30坪以上の広さのある部屋が家電で一杯になる」くらい仕入れをしておかなければ、そこまでの金額は稼げない、という事です。


それなら素直にCDや本のせどりで稼いでいく方が僕は「賢明」だと思うんですけどね。


ただ、これもこのアルティメットせどりのセールスレターの中で岩崎秀秋さんが言っている事ですが、確かにCDや本のせどりは競合が多いので、「稼ぎにくい状況になっている」というのは事実として、あると思います。


ですが、そのせどりノウハウの中には「競合するほど稼げてしまうノウハウ」というのもあるんです。


それが僕が先日推奨したこちらの「せどりインサイダー」というノウハウです。


次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


「なんで競合するほど稼げるの?」


「そんな事、ありえるの?」


「それってどんなノウハウなの?」


と、次々疑問が出てくるかもしれませんが、この「せどりインサイダー」は、その手法、ノウハウの「全て」をセールスレターで公開していますので、それらの疑問は全てセールスレターを読めば解消されます。


ですので、もし興味があれば、一度セールスレターだけでも読んでみてください。


「こんなせどりノウハウがあったのか!」


と、まさに目から鱗が落ちると思いますよ。


少なくとも僕は「中古家電のせどり」をやるくらいなら、このせどりインサイダーのノウハウを駆使したせどりをやりますね。


明らかに確実な線で、リスクを押さえて稼ぐ事が出来るので。


興味があれば是非、ご覧になってみてください。


次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ