アフィリエイトディスカバリー(小澤竜太、長澤悠太)レビューと批評

足立です。


今日はこちらのアフィリエイト教材についてレビューしていきたいと思います。

アフィリエイトディスカバリー

アフィリエイトディスカバリー
URL :http://afdiscovery.com/
販売業者:株式会社ディスカバリー
著者  :小澤竜太、長澤悠太
所在地 :東京都港区港南2-11-18天王州デュープレックス1007
概要  :情報商材アフィリエイト総合(ブログ、メルマガ等)


アフィリエイトディスカバリー(小澤竜太、長澤悠太)のレビュー

まずは率直に僕の感想を言うと、著者の方たちは、とても誠実そうな方だという印象で好感を持てる方たちだと思いました。


そして、こちらのアフィリエイト教材は、色々なノウハウをタップリとたくさん学ぶ事が出来るアフィリエイト教材だとも思います。


ですので、とにかく、最初から順番にアフィリエイトのすべてを学んでいきたいという人にはこれはお勧めだと思います。


少々情報が多くて全部を学び切るのは大変かもしれません。


しかし、このアフィリエイト教材に文句を言うつもりやケチを付ける気は一切無く、このアフィリエイトディスカバリーは教材としてとても良いと思うのですが、ここからは僕の考えている僕の意見を書いてみたいと思います。


アフィリエイトディスカバリーの批評

まずこのアフィリエイトディスカバリーという教材には、初心者が学ぶべき事以上の事が詰め込まれ過ぎているように感じます。


良い意味で、一切手を抜いていない素晴らしい教材である一方で、悪い意味で初心者は挫折してしまうほどの情報量が詰め込まれているように思います。


僕の経験上ですが、初心者の人と言うのは何を始める時も、最初は何も知らない状態でスタートします。


そして、次々に、それまで知らなかった色んな、新しいものを頭に入れていかなければ、いけない時というのは必ず頭が混乱してしまいます。


最初はモチベーションも高くやる気満々なのですが、そのうち失速し挫折してしまう人がかなり居るはずです。


もし、挫折せず学ぶ事が出来たとしても、僕の経験上ですが、初心者の人と言うか、初心者の時に広い範囲でのノウハウやテクニカルな事を学んでしまうと、結果的に大成しないというか、そつなく出来るけど、これといって“尖ったものは何も持っていない人”になってしまうと思います。


先生に言われた広くて浅い事を、ただ真面目にやっていくタイプの子供というのは結局、“普通の中の普通”の「どんぐりの背くらべ」レベルの子供にしか成れませんでした。


でも、その一方、何かひとつの基礎をひたすら努力していく子供は、先生から見れば“言う事を聞かないハミ出した生徒”だったかもしれませんが、間違いなくそういう子供の方が結果的に見ると大成します。


例えば僕は小学生の頃、絵を描くと必ず賞を取っていたのですが、その裏で僕に絵を教えてくれた芸術家の先生が居ました。


その先生の教え方というのは、鉛筆だけでひたすら僕に葉っぱの無い木の絵を描かせました。


絵の具が使いたくても絵の具を使わせてもらえませんでした。


同じクラスで絵の上手な友達がもう一人居て、その友達は“絵の教室”に通っていて人の顔の絵を、絵の具を使って描いたり、風景画を薄い灰色の墨を使い、筆で描いたりしていたので、僕はその友達をいつも羨ましく思っていました。


しかし、その後、僕の描いた絵は毎回必ず賞を受賞しましたが、絵画教室に通って居た友達は上手な絵を描いていましたが一度も賞をとる事が出来ませんでした。


この例と同じ事が言えると思います。


「基礎」というものの正しい学び方と見に付け方

基礎というのは、広く浅くを学ぶというよりも、ひとつの基礎をとことん掘り下げて、量が質に変換してから次に進むという学び方の方が大成する学び方だと僕は自分の経験もあるので個人的にそう思っています。


この例で言うなら、絵そのものの構成を徹底的に身に付けるために、僕は葉っぱの無い木の絵を鉛筆一本で描き続ける事で身に付けました。


対して絵画教室に通っていた友達は、絵画教室に通う生徒の満足度を重視した、絵画全般を教わった事で、絵がそこそこ上手になっただけで、“中の上”どまりという、大きな差が付いてしまったという訳です。


しかし、色んな事を幅広く学んでいく方が、特に初心者は安心感が得られる人が多いだろうし、受講中はお客さんに満足してもらいやすいと思います。


教える側も「あれもこれも、たくさん教えますよ」と言った方が人を集めやすいので、それはそれで何も悪くないと思います。


しかし、色々なノウハウを、あれもこれもと学んでいく事が多いと、すべてに対して意識を集中できる人も少なくて挫折してしまう人は実はとても多いと思います。


僕自身が、実際にそういうタイプの人間で多くの事を幅広く学んでいくやり方は途中で気が抜けて挫折してしまいます。


僕は、あれもこれもやる事が多いと僕は挫折してしまうのです。


でも、一点集中で、ひとつの基礎をとことん学び、自分のものにしてしまうと、なぜか他の事も理解度が高まって全体が底上げされるという現象も起きます。


今、僕が書いている事を何となく分かるという人も居るのでは無いでしょうか?


だからと言って、このアフィリエイト教材である、小澤竜太さんと、長澤悠太さんの、アフィリエイトディスカバリーが良くないと言っているのではありません。


どちらのタイプの人間かによって、適した学び方があるという事です。


そこそこのアフィリエイターを「ひとまず」目指したい人向けの教材

何でもそつなく普通に出来るレベルで満足する事ができるマニュアル人間で、さらに目指すべき所が“中の上”という明確な目標があるという人には、このアフィリエイトディスカバリーは良いと思います。


僕みたいな、一点集中型で目指す世界が“中の上”では無くあくまでも“上”を目標にしたい人には、物足らないと感じてしまうのかもしれません。


このアフィリエイトディスカバリーのセールスレターにも、「アフィリエイト初心者でも30日で5万円」という誇大な事が書かれる事の多い教材には珍しい誠実感を感じる事がちゃんと書いてあります。


この辺りは製作者の小澤竜太さんと、長澤悠太さんの誠実さが、とても感じられます。


しかし、誠実だからといって成功する教材であるという訳でもありません。


もちろん、詐欺的な要素は無いと思うので、先ほども書いたように、目指すべき所が“中の上”という目標の人には、このアフィリエイトディスカバリーは良いと思います。


僕みたいな、一点集中型で目指す世界が“中の上”では無く、あくまでも“上”を目標にしたい人には、物足らないと感じてしまうのかもしれません。


そういう人には、こちらの方が良いと思います。


それは、宇崎恵吾さんのCopyrighting Affiliate Program(コピーライティングアフィリエイトプログラム)というアフィリエイト教材です。

>Copyrighting Affiliate Program


どうせなら「トップ」を「本気」で目指したいなら。

僕が思う、初心者が最初にしっかり学ぶべき基礎というのはコピーライティングのスキルです。


なぜなら、アフィリエイトをする上でも、その他ネットビジネスをする上でも必ずその力を発揮する事ができるからです。


結局、コピーライティングスキルがしっかり身に付いていない人というのは、何を学ぼうとしっかり稼ぐ事はできません。


人が人から何かを買う時には、必ずそこには言葉があります。


アフィリエイトなどのネットビジネスであるなら、それはコピーライティングの力で売れるのです。


コピーライティングのスキルを身に付ける事が出来ていれば、稼ぐための正しいアフィリエイトの方法を学べば確実に、他のアフィリエイターたちよりも稼ぐ事ができます。


コピーライティングスキルと、稼ぐための正しいアフィリエイトの、そのどちらも学べます。


しかも、この宇崎恵吾さんのCopyrighting Affiliate Program(コピーライティングアフィリエイトプログラム)で学べる事は、コピーライティングだけではなく効果抜群の集客スキルも学べます。


この2点を徹底的に掘り下げて学ぶ事で、幅広い事をそつなく学ぶより大きな収入を得ることができると思います。

>Copyrighting Affiliate Program


足立博流ネットビジネススターターキット「0→1(ゼロワン)」

ちなみにですがこの「Copyrighting Affiliate Program」に参加頂ける場合は、僕からの提供コンテンツである「ネットビジネススターターキット0→1(ゼロワン)」及びその後のメール講座であるゼロワン講座の受講権利を併せて得る事が出来ます。


コンセプトは「0を1にする為のスキル」を身に付けて貰う事。


ネットビジネスで収入を得ていく為に必要不可欠であり、最も重要だと思う2つのスキルだけを徹底的にフォーカスして体系化した僕のオリジナルコンテンツになります。


実際に「稼ぐべくして稼ぐ」という事を“自分の力”で達成し続けていく「本質的な力」を身に付けてもらう為、魂を込めて作り込ませてもらいました。


これは本音で僕が持っているスキル、僕に絞り出せるものは全て、このコンテンツにはこれ以上無い形で絞り出せたと思ってます。


現にそれを実現できるだけのものを作り込めた自信もあります。


その詳細は案内ページの方をご覧頂ければと思いますが「0からの一歩」という観点では本当にこれ以上無いものを作る事が出来たのではないでしょうか。


それくらいの自信作ですので、よろしければ是非、こちらも併せてご検討頂ければと思います。

>足立博流ネットビジネススターターキット「0→1」(ゼロワン)


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ