どこでもキーワードゲッター(戸井邦雄)はあまり意味が無いツール?

足立です。


今回、ちょっと思う事があってこちらのツールについて取り上げておきたいと思います。

どこでもキーワードゲッター(戸井邦雄)

どこでもキーワードゲッター
URL :http://xn--28jxbe6hrj4azg5a6c8xwebe.com/
販売者 :戸井 邦雄
所在地 :大阪府門真市幸福町25-4 フェリーチェ古川橋201号

どこでもキーワードゲッター(戸井邦雄)レビュー

ブログなどの記事を書く時、意識するべき事のひとつに「キーワード」があります。


集客を目的に記事を書くという場合など、まずは「狙うべきキーワード」を決めて、そのキーワードに沿った内容の記事を書いていくという事は僕も少なからずやっています。


これを「旬なトレンドキーワード」に対して、徹底的に行っていく手法が「トレンドアフィリエイト」という手法ですね。


ただそういった「キーワード」を狙っていく際は、そのキーワードがどのくらいの検索数があるのか、そのキーワードで検索結果の上位に表示されているライバルとなるサイトはどれくらいあるのか、などを事前に調べていく事もあります。


とくにトレンド系のアフィリエイトをやっている人は、これを徹底しているはずです。


ただ、僕のブログのような「ある程度、一貫したテーマを掲げて価値のある情報を提供していく事を前提」にしているブログであれば、そこまで「キーワードのリサーチ」に拘っていく必要はない、、、と、少なくとも僕はそう思ってます。


そこに時間をかけるよりもどんどん記事を書き上げていった方が良いと思うからです。


あまりキーワードに引っ張られて肝心な記事を書く時間を浪費するよりも、僕のブログのような明確なコンセプトとターゲットが決まっているブログであれば、とにかく「質の良い記事を書く事」が大切だというのが僕の考えですね。


その上で、今回取り上げている「どこでもキーワードゲッター」というツールについてですが、そのセールスレターの冒頭には、


「ライバル不在、お宝キーワードがザクザクGET、次世代キーワードツール、、、」


という事が書かれています。


では、果たしてこのキーワードゲッターは本当にライバル不在のお宝キーワードがザクザク手に入るツールなのでしょうか。


そして、それが本当に大金に変わるようなツールなのでしょうか。


そのままこの「どこでもキーワードゲッター」のセールスレターを読んでいくと、この「どこでもキーワードゲッターで出来る事」というのは、


・キーワードの検索ボリュームが分かり、
・関連検索ワードで、長期間検索されるものが分かり、
・Google、Yahoo、おしえてgoo、Googleトレンドの検索結果が分かり
・その検索結果1ページ目に表示されているブログが分かる



というようなものらしいです。


・・・これでは、さすがに「ライバル不在のお宝キーワード」を“ザクザク”はGETできないと思いますね、、、。


ちょっとセールスレターの表現は大袈裟過ぎると思います。


セールスレターの冒頭文はあたかも勝手にそういったライバル不在のお宝キーワードをこのツールが教えてくれる、といった錯覚を起こさせる表現で書いてありますが、実際はそうでもないようです。


結局、こうしたツールの情報から「ライバル不在のお宝キーワード」を自分でコツコツ探していかなければいけないわけですから。


しかも、この「どこでもキーワードゲッター」のツールでできる事というのは、誰にでも普通に無料で出来てしまう事です。


しかもそこまで手間がかかるような事でもありません。


そこを考えると、そこまでこの「どこでもキーワードゲッター」が画期的で、価値があるかと言えば、僕はそこまでのものでもないと思いました。


無料で、というのであれば、普通に使うかもしれませんが、言ってもその程度のツールのような気がします。


少なくとも僕は「14,800円」というお金を支払ってまで欲しいとは思いません。


しかも、これら誰でも無料でできる事を「これは革命です」と豪語しているセールスレターには、やや滑稽ささえ感じますね、、、。


無料で普通に調べられる事が、この「どこでもキーワードゲッター」というツールを使えば3分ほどで出来るというだけで「革命」というのは完全に大袈裟かと思います。


こういう謳い回しの時点で、販売者さんのスタンスやモラルを疑います、、、。


同考えてもキーワードを調べる時間が短縮する事ができるだけのツールで「革命」というのは言い過ぎですから。


まあ、便利は便利かもしれませんが、少なくとも「革命」と言えるほどのものではありません。


何度も言いますが、ちょっとした作業行程で誰でも無料で簡単に調べられる情報をツールで吐き出しているだけです。


それこそ、その情報元である「グーグル」などの検索エンジンがやっている事が「革命」なのであって、このツールはその上っ面をすくっているだけの「おもちゃのようなツール」です。


これを14800円で売り込んで「革命」を豪語するのはどうかと思いますね。


あの「グーグル」でさえ、無料で使える「ツール」なのですから(まあ、そんな事を言うと、世の中のツール全てがグーグルに比べれば「無価値」という事になってしまいますますが)


また、「次世代キーワードツール」という謳い文句については「スマートフォンでキーワードの調査が出来る」という所が「次世代」なのだそうだです(笑)


何にせよ「どこでもキーワードゲッター」というツールさえあれば、あたかも“ライバル不在のお宝キーワードがザクザク簡単に手に入る”という事が謳われていますが、これは全くそこまでのツールではありません。


セールスレターの構成もあまり「分かり易い」とは言えませんので、大袈裟な謳い文句で衝動的に買わせようとしている感がありますね。


僕は14800円の価値は「無い」と思いますので、購入を検討する際はこの「分かりにくいセールスレター」をよく読んで、冷静に「このツールで出来る事」を考えてから決めた方がいいと思います。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ