コピーライティングスキルを「最速」で身に付ける方法【情報ビジネス講座4】

足立です。


足立流情報ビジネス講座、第4回目の更新記事です。


前回のおさらいはこちらからどうぞ。

>ネットビジネスで最も収入と「直結」するスキルとは


情報ビジネス、またそのアフィリエイトは、身に付けていった知識を情報として発信していく事で、その知識を無限大のお金に変えていく事が出来ます。


その上で前回の情報ビジネス講座ではそのビジネスモデルの良し悪し、その成果を最も左右するスキルは他でも無く「コピーライティングである」という事を更に強調してお話しさせて頂きました。


僕の知る限りこの情報ビジネス業界、ネットビジネス業界で圧倒的な結果を出している人はほぼ例外なくこのスキルが卓越しています。


そして当の僕自身もネットからの収入という点においては、このコピーライティングのスキルの向上と共に、そのスキルに比例するように収入を得られるようになっているくらいですからね。


その事例や実例の方も前回の講座で、具体的な数字、収入等を共にお見せしたかと思います。


何にせよ、僕がコピーライティングのスキルを駆使してしっかりと収入やその収入源を積み上げている事は明らかですので、今回はもう少しこのスキルを掘り下げていきたいと思います。


どうずればコピーライティングスキルを「最速」で身に付け、いち早く「稼げる文章」を書けるようになるか。


ネットビジネスで本気で稼ぐべくして稼いでいきたいなら、今日の講座もしっかりと読んでおいてください。


そして実際に「行動」していってもらいたいです。


それが何よりもあなたの「未来」に繋がると思いますので。


それでは早速、本題に入っていきましょう。

再確認と再認識。ネットビジネスにおけるコピーライティングの重要性

前回の講座からお伝えしている通り、僕はこの「コピーライティング」というスキルがネットビジネスで成果を上げていく上で何を差し置いてでも「最も重要なスキルである」と思っています。


その上でネットビジネスやアフィリエイトで、多くの人が成功出来ず「稼げない状況」に陥る要因は、まさに「このスキルを軽んじているからではないか」と思うわけです。


とくに「軽んじている」という認識は無いかもしれませんが、その重要性を認識出来ていない人が多い事は間違いありません。


そうであるからこそ「アフィリエイトの95%は1万円も稼げない」とか、僕からすれば到底考えられない比率がこの業界の常識になっています。


ただそんな「ありえない比率」で稼げない人が多いのは、多くの人がネットビジネスで重要な事をわかっていないせいではないか。


的外れな勉強をして的外れな事をしているが為に、そのような状況が生まれているのではないか・・・と、そう思うわけです。


「ネットビジネス = パソコンと向き合ってデータを分析する」とか「ネットビジネス = SEO対策などのアクセスアップスキルが重要」とか。


何というか、そういう「ピコピコしたイメージ」でネットビジネスを捉え、完全に的外れな事を学んで実践している人が多い気がするんですね。


勿論、SEO対策やアクセスアップのスキルも重要ですし、時にデータなどを解析する事も必要だとは思います。


ですがハッキリ言ってそんなものは「後回しでいい」と僕は思います。


ネットビジネスと言えど結局、重要なのは、パソコンの先にいる「人(お客さん)」なんですよ。


ネットビジネスはパソコンやネットを向き合うビジネスでは無く、パソコンやネットを利用して人と向き合うビジネスなんです。


リアルビジネスとの違いは対面かウェブかというその「フィルターの違いでしか無い」と僕は思ってます。


リアルビジネスなら直にお客さんと顔を併せますから直接的なサービスや言葉でコミュニケーションを取れますがネットビジネスではそういう事が出来ません。


だからこそ「文章」でそれをするわけです。


むしろ「文章でするしか無い」と言ってもいいくらいかと思います。


要するにコピーライティングというスキルは、ネットで人をコミュニケーションを取っていく為のものであり、こちらの思いや考え伝えたり商品のアピールなどを行える唯一無二のスキルと言っても過言では無いわけです。


リアルな「お店」であれば商品のアピールは店の雰囲気や店員などの直接的なアピールで行えます。


ですがネットビジネスではそれを9割は「文章」でしなければなりません。


そこに動画やイメージ画像を添える事も出来ますが、やはり最も大きなベクトルを占めるのはやはり文章になるわけです。


それがどういう商品なのか、その商品を勧めている「あなた」がどういう人なのか、商品が信用できるのか、それを紹介するあなたは信頼できるのか。


そういった事のお客さんの判断はほぼ「文章」で決まります。


この一点を考えてもネットビジネスにおいて、最も重要なスキルがコピーライティングである事はもう何を差し置いても「明らか」ではないでしょうか。


にも関わらずネットビジネスを始めるという段階で、コピーライティングの勉強に力を入れる人は稀かと思います。


むしろほとんど「いない」のではないでしょうか。


つまり多くの人がネットビジネスやアフィリエイトで稼げていない理由はまさに“コピーライティングのスキルをきちんと身に付けないから”という要因に尽きるのではないかと思います。


要するにあなたがそういう人達と同じ道を辿りたくなければ、まずはこのスキルをしっかりと学んで身に付ければいいんです。


現に僕はそうやって成果を上げる事が出来ています。



僕のメルマガ講座やブログ講座などを介して成功している人がいるのも、僕がこのスキルの重要性を最初の段階で、こうして「くどい」ほど強調しているからだと思います。


むしろコピーライティングの本格的に身に付けるところからネットビジネスを始めればまず「稼げない」なんて事はほぼほぼありえないと言っていいと思います。


現にこのスキルを最初にきちんと身に付けて、稼げなかったという人を僕は見た事がありません。


というか稼げないはずが無いんです。


そこそこの集客なんて、それこそコピーのスキルがあれば、ちょっとした労力で幾らでも出来るんですから。


集客が出来ても稼げる文章を書きない人はたくさんいますが文章が書けても集客が全く出来ないなんて人はほとんどいません。


だって「集客」はある程度の答えが明確になっていて、それをやれば誰でもそこそこの集客は出来るものだからです。


でも「稼げる文章」は実際はその「答え」もあるのですが、その答えが1つではないという点で多くの人は頭を悩ませます。


集客やマーケティングが数式の「答え」だとすれば、コピーライティングは答えに対しての「数式」なんですね。


言うなれば「5+5=」という数式に対して、「10」の答えを出せばうまくいくのがマーケティング。


でもコピーライティングは「10」の答えを出す為にその数式を自分で考えて作らなければならないわけです。


「1+9」でもよければ「2+8」でもいいわけですね。


こういう簡単な数式で言えば簡単な事ですが、多くの人はこういう「自分なりの答え」を出すスキルをどうも苦手に捉える傾向にあります。


でも実際は、こっちの方が答え(数式)が多分にあるので、やっていて楽しいですし、その答え(数式)を作るコツやその法則さえ覚えれば、幾らでもそれを作れるようになります。


それがコピーライティングというスキルなんですね。


コピーライティングスキルを「最速」で身に付ける方法

ではこのコピーライティングのスキルを身に付け、「稼げる文章」を書けるようになる為にはどうすればいいのか。


その答えはまずはその「原理原則」を理解していく事だと思います。


先ほどもお伝えした通り「稼げる文章」にはその原理原則があって、そこには実は規則性のようなものがあります。


要するに人が興味を持つ文章、信用を抱いてしまう文章、思わず興奮を覚えてお金を払いたくなる文章。


こういうものには「ルール」や「法則」のようなものがあるんですね。


これは行動心理学やマーケティング心理学に裏付けられたもので、そういう研究をしている一流の心理学者や、マーケッターの人達がその答えをたくさん書き残してくれています。


そしてそれは人が人である以上、100年前、50年前から変わらないものであり、また50年先も100年先も根本となる部分に関しては、大きくは変わらないであろうと言われています。


人が喜ぶ事、怒る事、哀しむ事、楽しむ事、その感情のトリガー(引き金)のようなものには、いつの時代、どこの国でもある程度の共通点があるという事です。


そしてそれを文章によってコントロールしていくのがコピーライティングなんですね。


人が興味を持つ文章、信用を抱いてしまう文章、思わず興奮を覚えてお金を払いたくなる文章のルールや法則は、まさにそういう心理学の裏付けなどから出来上がっています。


要するにそのルールや法則をあなたが一から見つけ出していく必要は一切無く“既に見つけだされているものを学んで活用していけばいい”わけです。


それで「稼げる文章」は書けてしまうわけですから。


こんなにもありがたい話はありません。


そういう意味ではこのコピーライティングのスキルは流行り廃りで刻一刻と移り変わるネット上の集客スキルやマーケティングスキルなどよりも、遥かに「変わる事の無い明確な答え」が出ているものだと思います。


だからこそ身に付けたスキルを一生涯使えるわけですね。


そこに時間を割いていくだけの価値が多いにあるという事です。


そしてそのような出来上がったルールや法則は、既に多くのコピーライターやマーケッターがそれを体系化した書籍などをたくさん世に出してくれています。


本来、ネットビジネスで稼ぎたいのであれば、こういう書籍をもとに勉強するところから始めるべきなんです。


コピーライティングに関して言えば、もうその「答え」がそういう書籍にそのまま詰め込まれています。


ただ・・・。


そういう書籍の大半は今のように「インターネット」がこうして世界的に普及する前に書かれたものがほとんどなんですね。



その内容を「ネットビジネス」に活かしていくには、やはりある程度は自分なりの応用が必要になります。


そこが簡単なようで難しいわけです。


比較的、そういう書籍を読んできたという人が必ずしもネットビジネスで成功できないのは、その内容をネットビジネスに応用出来ていないからだと思います。


かと言ってそう都合よくそういった法則やルールをしっかりと今のネットビジネス業界に落とし込んでくれている「書籍」は今のところ僕も「これ!」というものには、残念ながらお目に書かれていません。


ただこれはあくまでも「書籍では」の話。


教材・・・すなわち情報商材という形であれば、それをこれ以上無い形で体系化してくれているものがあります。


今日はそういう観点で行動心理学やマーケティング心理学の本質をしっかりと今のネットビジネスに落とし込んでいる、


「ネットビジネスに適したコピーライティングの本質」


を学べる教材を2つほど、ご紹介しておきたいと思います。


コピーライティングスキルを「最速」で身に付けられる2つの教材

「何だ、ここで情報商材の売り込みか」と、あなたはそう思われたかもしれません。


ですがこれは本当に価値のある教材を紹介するものですので、僕がどんな意図でこれから紹介する教材を売り込んだとしても、それを手にしたあなたが手に出来る価値は、実際にあなたが支払うであろうお金の価値を遥かに上回るはずです。


何よりこれからご紹介する教材の「価格」は、書店に並びビジネス署などとさほど大差は無いものですので、そういう意味でもあなたが手に出来る「対価」は計り知れません。


それだけは間違いないと言っておきます。


現に僕は日頃から「お勧めの教材を教えてください」と、率直にこのようなご質問を頂いた際はまずは迷う事なく


“ネットビジネスのスタートアップ教材”


として、この2つの情報商材は推奨しています。


宇崎恵吾さんのThe Million Writing

和佐大輔さんと木坂健宣さんのネットビジネス大百科


宇崎恵吾さんのThe Million Writingについては前回の講座でもご紹介した通り、この分野の情報商材では間違いなく右に出るものは無いです。


それは価格や保証なども含めてですが、3980円という価格帯に加えてメール1通で返金を受けられる「無条件保証付き」ですからね。


これについてはもう有無も言わさずまず読んで欲しいです。


気に入らなければメール1通でお金は返ってくるのですから。


要するに販売している側もそれくらいの自信があって、このコピーライティング教材を公開しているわけですから、その内容は文字通り「圧倒的」過ぎると言ってもいいくらいです。


3980円の教材に僕がここまでハードルを上がるわけですからまずは騙されたと思ってでも購入して読んでもたいらいです。


少なくとも僕はこの教材を読んで


「この価格でこんなレベルの教材を提供されたら、返金請求なんて出来るはずが無い・・・。」


と率直に心底そう思ったくらいです。


またこのThe Million Writingにはその「保証」以上に、もう1つ考えられない「特別な無料特典」が“2つ”付いています。


しかもそのうちの1つはセールスレターにも明かされていない言わば購入した後にこっそり提供してもらえるもので、この手口がまた憎らしいんですよね(笑)


完全に意表を突かれ、更に「感動」が増してしまうわけです。


モノ作りを通じてお客さんの「感動」を追及する僕にとって、このThe Million Writingという教材は情報商材というもので「それ」が出来ている本当に素晴らしい教材だと思っています。


だからこそそれを実際に味わってもらいわけです。


いずれにしてもその教材内容、特典などについてはもっと詳しいレビューをこちらの記事に書いていますのでよろしければ是非、お読み頂ければと思います。


>宇崎恵吾さん「The Million Writing」のレビュー

また「The Million Writing」に加えてもう1本が。和佐大輔さんと木坂健宣さんのネットビジネス大百科という教材。


何故そこまで絶賛する「The Million Writing」に、この「ネットビジネス大百科」を併せて推奨するのかと言うと、その一番の理由は教材の「コンテンツ構成の違い」にあります。


The Million Writingがしっかりと体系化された1冊のテキストマニュアルであるのに対して、ネットビジネス大百科は全て「音声」で構成されている「音声教材」なんです。


また「The Million Writing」は完全にコピーライティンに特化した教材ですが、ネットビジネス大百科はネットビジネスの基本や骨組みも学べるようになっています。


そういう観点でも「スタートアップ教材」には、この「ネットビジネス大百科」も併せて推奨しているんですね。


完全にコピーライティングのみを特化して学ぶよりも、ネットビジネスというものの骨組みも併せて学んでいく事で、すぐにでもそのスキルを実用していけるわけです。


何よりこのネットビジネス大百科にも、著者の一人である木坂健宣さんが講義している、コピーライティングに特化した音声パートがあって、これがThe Million Writingとはまた違った視点で非常に秀逸です。


むしろ僕はThe Million Writingよりも先にこの教材のコピーライティングパートでコピーライティングを勉強してきた経緯があります。


つまり僕にコピーライティングを気付かせてくれたのは他でも無くこの教材で、そのコピーライティングの音声パートを担当していた木坂さんです。


現にThe Million Writingの著者、宇崎恵吾さんも自身のブログでこのネットビジネス大百科の木坂健宣さんのコピーライティング音声を


「The Million Writingと併せて学ぶのに適した音声教材」


として非常に高く評価しています。


宇崎恵吾さんのネットビジネス大百科批評


この記事で宇崎さんが言われている事は「まさに」で、ネットビジネス大百科のコピーライティング講義では耳で聞きながらそのスキルを頭に入れていく事が出来ます。


The Million Writingにおける「テキスト形式」とは、また異なる感覚を用いた学び方が出来るわけです。


実際にThe Million Writingを手にした上であれば、この「ネットビジネス大百科」の音声講義は、また別の視点、角度、感覚でコピーライティングを学べます。


非常にその「学び」を深められるコンテンツになっているわけです。


それだけThe Million Writingもネットビジネス大百科も、コピーライティングの「本質」を身に付けるという上では、共通する部分はありながら、その「視点の違い」などで、より深い理解とスキルの吸収を図っていく事が出来ます。


読んで学び、聞いて学べる。


そういう観点でこの2つの教材はかなり「相性が良く」また「勉強になる組み合わせ」なわけです。


コピーライティングスキルを「最速」で身に付ける方法。まとめ

まとめると「The Million Writing」はきちんと体系化されたマニュアルでコピーライティングというスキルを徹底的に学ぶ事が出来ます。


ネットビジネス大百科はコピーライティング音声講義にネットビジネス全般、そのマーケティング等に関する音声講義。


あとは彼等のクライアントの成功事例や音声の書き起こしファイルなどなど、ネットビジネスの基礎から応用までを学ぶ事が出来ます。


総合的な観点で「ネットビジネス大百科だけじゃダメなの?」と、そう思われる人もいるかもしれませんが、これはキッパリ「ダメ」と言っておきます。


まあ、正確には「ダメ」というより「The Million Writing」は絶対に読んでおいた方がいいです。


更に言えば「The Million Writing」のテキスト教材と「木坂健宣さんのコピーライティング音声」を併せて学ぶ事で、あなたの「文章の力」はグッと高くなると思います。


The Million Writingと木坂健宣さんの音声講座は切り口も構成も全く異なりながらも共通している部分もあり、これら2つからコピーライティングを学ぶ事で体系化されたマニュアルと説得力のある音声講義からその重要なポイントをより強固に固めていけるはずです。


正直、ネットビジネスは「稼げる文章を書けるようになったもの勝ち」みたいなところがありますので、The Million Writingとネットビジネス大百科は、


“ネットビジネススタートアップ教材”


として、是非とも併せて学んでいく事をお勧めしています。


いずれにしても「コピーライティング」を避けてネットビジネスでの大成功はありえません。


本気で成功を目指すなら遅かれ早かれコピーライティングを学ぶというところには必ず行き着きます。


その「答え」が明確に体系化されているのは間違いなくこの「The Million Writing」であり、その「答え」を説得力のある講義音声で教えてくれているのが「ネットビジネス大百科のコピーライティング講座」です。


The Million Writingが3980円でネットビジネス大百科が10000円ポッキリ。


この2つの教材でコピーライティングを本気で学んで計13980円以上の価値を見出せないような人は正直「ネットビジネスでの成功は諦めるべき」だと思います。


というかこの2つから本気でライティングを学べばそれ以上の価値は何十倍、何百倍と間違いなく引き出せます。


むしろ10万とか100万とか、そんな金額どころでは無く1000万とか1億とか普通にそれくらい稼げる額が変わってきます。


ネットビジネスでそれくらい重要なのがコピーライティングであり、「The Million Writing」と「ネットビジネス大百科」はそれを徹底的に勉強出来る絶好の教材だという事です。


そんな2つの教材をピンポイントで計13980円で手に入れる事が出来るなんて、なんてあなたは幸運なのか(笑)


というかその重要性に気付いてこの2つの教材に出会える時点で、ネットビジネスの市場においては群を抜いて「成功」への加速スピードはマックス状態に達していると思います。


この2つの教材は本当にそれくらいお勧めです。


宇崎恵吾さんのThe Million Writing

和佐大輔さんと木坂健宣さんのネットビジネス大百科


ちなみにこれらのレビュー記事は僕のブログのコピーライティング講座で解説している、「人を行動させる文章の原理原則」に沿って書いています。


とくに「The Million Writing」のレビュー記事は前回の講座でもご紹介した通り記事を読んだ5人に一人の人は購入に至るという成約率ですから1人25人を誘導すれば日給にして1万円になるという記事です。


この記事1つで日々サラリーマンの日給くらいは余裕で稼げてしまっているわけですね。


そんな記事を幾らでも作れるようになってしまうのがコピーライティングというスキルだという事です。


ちなみにですが今日ご紹介したThe Million Writingとネットビジネス大百科の同時購入で、僕の方で主催しているこちらの企画の方に参加頂けます。


足立博流ネットビジネススターターキット「ゼロワン」


ネットビジネスで結果を出していく為に身に付けるべきある2つのスキルにのみスポットを当てた、


“0からの一歩を10歩、100歩に繋いでいく”


という企画になります。


その2つのスキルのうちの1つは当然、コピーライティング。


参加頂いている方が「結果」を出している比率は、どんな情報商材や高額塾よりも高い企画ではないかと思います。


それくらいの作り込まれたコンテンツと環境を提供しています。


よろしければ企画概要だけでも読んでみてください。


あくまでもその参加条件は下記2つの教材を僕から購入して頂く事「それだけ」です。


宇崎恵吾さんのThe Million Writing

和佐大輔さんと木坂健宣さんのネットビジネス大百科


要するに絶大的な価値のある2つの教材を手にして頂いた上で、僕の「ゼロワン」の企画に参加して、そのコンテンツ、環境の方も使い倒して頂けるという事です。


こちらに参加されている方の多くが実際に高確率で成果を出せているは他でも無く、その基盤となる2つの教材が優れているからなんですね。


勿論、僕からの提供コンテンツの方にも僕自身、2つの教材に負けないくらいのものを提供しているつもりです。


この2つの教材を基準に作り込んだのですから。


よろしければ是非、参加を検討してみてください。


足立博流ネットビジネススターターキット「ゼロワン」


それでは次回の「足立流情報ビジネス講座」で。


Hiroshi Adachi


足立流情報ビジネス講座

第1回:ネットビジネス、情報商材アフィリエイトで最も重要な事

第2回:知識を「無限大のお金」に変えていく方法

第3回:ネットビジネスで最も収入と「直結」するスキルとは

第4回:その最強のスキルを「最速」で身に付ける方法

第5回:その最強のスキルを最速で「活かす」方法


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ