返報性の法則(返報性の原理)とネットビジネス。

足立です。


あなたは「返報性の法則(返報性の原理)」というものをご存知ですか?


これは人間心理の原則の1つと言われているのですが今日は「返報性の法則(返報性の原理)とネットビジネス」というテーマで記事を書いてみたいと思います。

返報性の法則(返報性の原理)とネットビジネス。

ネットビジネスに限らず、どんなビジネスにも共通する事だと思うのですが、「この人と親しくなりたい」と、思う人が居る場合に、その人とどうやったら親しくなる事ができるでしょうか。


勿論「方法」は色々あると思いますが、おそらく最も「成功率」が高いのではないかと思う方法が「返報性の法則(返報性の原理)」という、人間が持っている“固定的動作パターンの性質”を利用する方法ではないかと思います。


「返報性の法則」というのは、全ての人が本能的に持っている「人に何かをしてもらったら、自分がしてもらった事と同等か、それ以上の事を、お返しにしたくなる」という心理の事を言います。


分かりやすい例で例えると、スーパーなどの食料品売り場で売り子さんが「美味しいですよ、どうぞ食べてみて下さい。」と言ってウィンナーなどの試食品を手渡ししているのを見た事があると思います。


これも「返報性の法則」を利用した販売方法なのですが、要するに、これと同じ返報性の法則を利用する、という事です。


まずは人に対して、その人に何かを一方的にするのですが、それが相手にとってメリットがある事であれば、更に効果が高まるのは言うまでもありません。


先ほどの食品売り場の例の場合では、欲しくも無い人に一方的にウィンナーを手渡ししているだけです。


それでも、手渡しされた人は、そのお返しをしなければいけない、と思ってしまい、そのウィンナーを買ってしまう人もたくさん居る訳ですね。


この「返報性の法則」を利用して、親しくなりたい人ともそれほど難しくなく、親しくなる事ができる訳です。


要するに「この人と親しくなりたい」という人がいた場合、その本能的な「返報性の法則」の性質を利用すればいいわけです。


ではどうこの「返報性の法則」を使うのか。


それは、まず最初は、親しくなりたい人に対して、一方的にでも「何かを与える事」を考えるんです。


それが、その人にとってメリットがあれば、「返報性の法則」が働く可能性が高まります。


例えば、挨拶をするだけでも返報性が働き、挨拶をされた側も挨拶を返してくれる、といった経験は誰にでもあると思います。


しかし、挨拶くらいならまだしも、誰か分からない人から一方的に何かをされたら、不信に思う人の方が多いですので注意が必要です。


親しくなりたい人にとって、明らかにメリットになる事を与える事が出来れば、返報性の法則が利用できる可能性が高まり、そうで無ければ返報性の法則が働かないケースも出てきます。


そのため、親しくなりたい人に対して明らかなメリットを見極める事が最初に必要になってくるわけです。


返報性の法則をネットビジネスに活用する方法。

この「返報性の法則」は当然、ネットビジネスでも活かす事が可能です。


例えばネットビジネスをやっていく上で、「この人と親しくなりたい」と思う人が居た場合にも、「返報性の法則」を利用する事ができると思います。


ネットビジネスをやっていく上で、「この人と親しくなりたい」と思う人というのは、自ずと自分よりも高いレベルを持った人である事がほとんどだと思います。


そんな自分よりもはるかに上回るレベルを持った人と親しくなるためにも、この「返報性の法則」を利用する事は極めて有効な効果を発揮出来ます。


例えば、その親しくなりたい人のブログやメルマガがあれば、その人にとってメリットになるようなコメントを出して、徐々にあなたの事を覚えてもらったりするのも良いかもしれません。


ただ、この時注意が必要なのは、不信感を感じさせては元も子もない、という事です。


ストーカーのように執拗なコメントや、見返りを期待し過ぎるあまりに「返事が欲しい」といった事を要求したりする事はご法度だと思って良いでしょう。


それは、その人にとってメリットとは感じてはもらえるどころか、不信感を抱かせ遠ざけてしまう事になりかねないからです。


そして、その人と親しくなる事ができた後で、その人にとってメリットになる事を与えられる事ができれば、「返報性の法則」が働き、もしかしたらそれ以上のリターンを得る事ができるかもしれません。


返報性の法則を上手く利用する事ができれば、あなたにとって大きな利益を得る事に繋がっていくかもしれません。


そのためには、まず最初にあなたから、相手にメリットだと感じるものを与え続ける、といった視点が必要だという事です。


要するに大きな「何か」を得たければ、まずは自分の指し出せる「何か」を提供しなければならないという事ですね。


それが「1つの鉄則」だという事です。


ただ「求めているだけ」では自分のもとには何も巡ってきません。


これも1つの原則ではないかと思います。


それではまた。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ