The Million Writing(ミリオンライティング)イーブックジャパン 宇崎恵吾 レビュー

足立です。


僕は「人生の転機となったと思える情報商材」というものが、広い範囲で言うと3つあります。


ただそのうちの1つは「情報商材」というよりは、ある企画への参加案件のようなものだったので、厳密に言うと「商材」としては2つになるでしょうか。


そのうちの1つがこの宇崎恵吾さんというコピーライターさんがインフォトップ、アドモールという情報商材ASPを介してリリースしている「The Million Writing(ミリオンライティング)」というコピーライティングという分野のスキルを高める為の情報商材になります。


ちなみに僕がこの情報商材を「人生の転機のきっかけになった」と思えるのは、その内容もさる事ながら、そこに付けられていたある「特殊な特典案内」によって“ある人”との出会いを果たせた事も大きく起因しています。


そして“その人との出会い”はこのThe Million Writing(ミリオンライティング)を購入された方、全ての人に平等に与えられる「チャンス」でもあるのです。


人は人との出会い1つで良くも悪くも本当に大きく人生が変わります。


むしろ人は、人との出会いの中で人生という道の方向性が運命的に、必然的に決められていっているのではないでしょうか。


このThe Million Writing(ミリオンライティング)という教材は価格にして3980円と、到底「人生を変えるきかっけになる」とは思えないような金額で販売されている教材です。


ただその「内容」その「特殊な特典案内」はその金額にゼロを2つ・・・3つ足してもおつりがくるほどの圧倒的な「感動」と「影響」を僕に与えてくれました。


もし、あなたがこの記事をきっかけにこのThe Million Writing(ミリオンライティング)という教材の事を知ろうとしているなら、どうかこの記事は3980円というお金の格安教材をサラリと紹介しているだけ・・・というような安易な見方はしないで欲しいというのが僕の素直な気持ちです。


あなたがこの記事を「どれくらいの思い」で読んでくれるかで、あなたの人生も大きく変えられる事になるかもしれないから。


やや前置きが長くなりましたが、この記事の本題に入っていきますね。

宇崎恵吾さんのThe Million Writing(ミリオンライティング)の話

話は少し遡りますが僕がオーダーメイドのバリ島家具専門店をオープンしたのは2001年の事でした。


その後「これからの時代はネット販売が主流になる」と思い、僕は2005年から僕の手がけるハンドメイドレザーアイテムのネット販売を開始しました。


そして2007年から本格的に「ネットビジネス」というものを学び始めたのです。


その頃、この情報業界では「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」という業界ではかなり有名な情報商材がリリースされていて、僕はその教材を通じてDRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)という手法と「コピーライティング」というものを生まれて初めて本格的に「学び」ました。


僕はクリエイターというプライドとアイデンティティが強いので、自分の個性をとても大切にしています。


そこで、ネットでモノを売る時にも自分の個性を活かす事が重要だと考えた僕は、他の人との違いが出せる文章が特に大事だと気付き、その神髄は「コピーライティング」というスキルにあると思いました。


そしてそのスキルを重点的に学び始めたわけです。


「和佐大輔と木坂健宣のネットビジネス大百科」という教材には、木坂健宣さんによるコピーライティングの音声講座が付属していて、その内容は「理論」はきちんと学べる内容だったのですが「音声教材」という事もあって「ピンポイントで繰り返し勉強する」という上では、少々不向きなものでした。


結果的に僕は「ネットビジネス大百科」のコピーライティングの音声パートを自分なりに図解化し、体系化して、自分なりのテキストを作り、それを基にコピーライティングを徹底して勉強していきました。


「伝えたい事を分かりやすく、イメージしながら読んでもらえる文章が書けるようになりたい。」


これが僕なりのコピーライティングを学ぶ事で目指していきたい方向性でした。


同時に僕はストーリーテリングというスキルの勉強も始め「神話の法則」などの書籍を読み漁っていたのですが、率直なところ僕が目指しているコピーライティングの方向性や僕が直接的にやりたい事に繋がるコピーライティングのスキルというものは、ネットビジネス大百科を自分なりに噛み砕いたものにも、「神話の法則」などのストーリーテリングの中にもいまいち「コレ」というものを見出せないモヤモヤを感じていました。


率直に言えば“自分の作った商品をもっと的確に売り込んでいけるネット販売に直結したコピーライティングのスキルを学びたい”と思っていたのです。


そんな思いを抱いていた時、ふと目にしたものがこの「The Million Writing(ミリオンライティング)」のセールスレターでした。




僕は直感的に「もしかすると、これなんじゃないか。」とそのセールスレターに何か並々ならぬ「何か」を感じました。


僕はこの「The Million Writing(ミリオンライティング)」を購入する以前にネットビジネス大百科の木坂健宣さんの「二人三脚コンサル」という66万円のコンサル案内に申し込んだ事があり(こちらについてもこのブログで記事を書いてますのでよろしければ読んでみてください。)、この「The Million Writing」のセールスレターには何かそれに近いものを感じました。


言うなれば価格を見る前の段階では60万円近いお金を求められても、それを支払うだけの心の準備は整っていたという事です。


ただその金額を見た時、僕は思わずパソコン画面を3度は見直したと思います。


「3,980円?」


後に僕はこの筆者の宇崎恵吾さんやその師匠のXさん(ウェブ上では宇崎恵吾さんの師匠としては一切氏名を明かしていない為、ここでは「Xさん」と呼ばせてもらいます。)から、「その価格の意味」を聞く事になるのですが、その時は率直に肩透かしをくらったかのような感覚を覚えました。


何というか「人生を変えるくらいの覚悟」を決めて読んでいた情報商材の価格が3980円だったのですから、安いに越したことは無いという思いとは裏腹に「この価格帯でそこまでの内容は無いだろうな。」と、少なからずタカをくくっていた部分があった事は確かでした。(ただそんな思い購入から数分で大きく覆される事になります。)


何にせよここまで感情を揺さぶられ、3980円というお金を惜しむはずがありません。


僕は即座に申し込みの手続きをして「The Million Writing」を購入し、早速そのマニュアルに目を通していきました。


「別次元」のコピーライティング。

この「The Million Writing(ミリオンライティング)」という教材は、著者である宇崎恵吾さんが、コピーライティングだけで年間5億円を稼ぐという彼の師匠、Xさんからの教えをまとめあげたもので、一言で言えば「超本格派な売れる文章力が身に付く」極めて具体的、且つ実践的なコピーライティング教材でした。


まさにこれまで目を通してきたどのコピーライティング関連の書籍や情報商材等よりも群を抜いて「それ」を体系化している「別次元」のテキスト。


それはネットビジネス大百科のコピーライティング講座等を含めてそれなりにコピーライティングを学んできた僕だからこそ、そう思えるものなのかはわかりませんが、少なくとも僕はそれくらいの「衝撃」を受けました。


初心者がこの教材の内容を本気で吸収し、そこに書いてある事をきちんと学んでいけば、「売れる文章が書けるようになる」という事はもとより、ありとあらゆる事を伝えられる「文章力の根本」となるものが確実に身についていく内容になっていると思います。


それほど「教材」としての構成やクオリティが半端では無い洗練されたマニュアル内容になっているのです。


何かこの教材のPDFファイルのみが神格化されているような、そんな気配さえ感じてしまう圧倒的なクオリティを僕は心底感じさせられました。


またかんりのレべルでコピーライティングを勉強してきた「上級者」と言えるような人であっても、この教材は間違いなくその人の本質的な更なる文章力を引き出せる内容になっているのではないかと思います。


少なくともインターネットという市場から「文章」というもの1つで億というお金を自由自在に稼ぎ出していく「確信」と「自信」、そして実際にそれをいつでもやってのける事が出来るような卓越したスキルを持つコピーライター“以外”はこの教材を読んで何も得るものが無いという事は「ありえない」と思います。


初心者から上級者までが広くそのスキルを本質的に高められる教材。


そんなものがあるのかとあなたは思われるかもしれませんが、それが紛れも無くこの「The Million Writing」という教材の中に詰め込まれているのです。


そのイメージはもはや文頭の「はしがき」を読んでいくだけでも伝わってくるものがあり、そのままその内容を読み進めていくと、更にそれが確信的なものになっていく感覚。


しかもただ「分かりやすい」というだけではなく論理的、科学的に“なぜ、この文章が売れる文章なのか?”という理論も事細かく説明されていて、僕としてはその全てが100%納得できてしまう文句の付けどころのない内容になっていました。


まさに「手抜き感」ゼロの受講者視点でその論理が展開され、1つ1つの文章が綴られて進行していくのです。


このマニュアル構成こそが既に卓越したコピーライティングスキルの成せる技であり、その産物であるという事をまざまざと感じさせられました。


そして「受講者」が実際にコピーを書いて行く時の細かい心理の流れや、コピーを書く時に陥りやすい一見些細に見える実は重大な過ち等についても汲み取られていて、そういった普通の教材ではまず触れられもしないであろうポイントさえ、見事に書き上げられていました。


この「The Million Writing」が一体、どれくらい売れているのか、明確なところはわかりません。


ただ僕は「情報商材」というようなものでは無く、もはや普通のビジネス書として世間に、世界的に翻訳されて売り出されてもいいんじゃないか。


もしろそうされるべき内容ではないかとさえ思いました。


それが実現されれば「コピーライティング」という分野の書籍としては、過去、類にを見ないレべルの大ベストセラーになっても決しておかしくは無い内容だと僕は本気で思っています。


そんな教材内容を、僕は一頁ずつ丁寧に、そしてそれを実践しながら、毎日何度も同じ項目を読み返して行きました。


とにかく「文章力を身に付けたい」という全ての人に読んで欲しい本格的、本質的なコピーライティング教材。


まだその内容を知らないあなたは「ここまでの評価」は幾ら何でも大袈裟だと思われるかもしれません。


ただ実際にその内容に触れ、この教材の価値を本質的に分かっている人は僕の言っている事を全く「大袈裟」とは捉えていないのではないかと思います。


それだけの「価値」を情報商材としては考えられない価格帯で提供してくれているコピーライティング教材。


それがこの「The Million Writing」という教材なんです。


コピーライティングの重要性。

ネットビジネスで成功する為には「人に伝わる、分かりやすい文章」を書いていくことは、よもや「大前提」と言っていいと思います。


しかし、コピーライティングで一番大切な事は「自分にしか書けない文章が書けるようになる事」だと僕は思っています。


この「The Million Writing」でしっかり基礎を学ぶ事ができれば、その学んだ事を元にして、他者との違いが出せる文章を書く段階に進んでいけるはずです。


だからこそネットビジネスを何らかの形で進めていくのであれば、この「文章力」というもの、コピーライティングのスキルというものは何よりも先に身に付けた方が絶対的に有利な非常に重要なスキルだと思います。


色々なマーケティング手法が次々に誕生しては消えていく中、常に新しい手法を学び続けて行くのは大変な時間と労力が必要です。


そんな中でも普遍的で変わらないものこそコピーライティングを軸にしたマーケティングだと思うからです。


文章力を身に付けるにはそれなりの時間も苦労も要しますが、普遍的なこの王道を学んだ人だけが、いつの時代にも常に成功できる人でもあるはずです。


なぜなら、何を売るにも間違いなく必要なのは「言葉」だからです。


その言葉を輝かせ、人の心を動かす言葉に変える「力」とその「答え」がコピーライティングの中にあります。


そんなネットビジネスにおいて普遍的に最重要と言える「コピーライティング力」を鍛え上げるのに最も適している教材が、このミ「The Million Writing」だという事です。


何より、この僕自身がこの「The Million Writing」で勉強して文章力が上がったと自覚できている事。


それ以上でもそれ以下でも無く、シンプルに言うなら、その一点が僕がこの情報商材をこうして推薦する一番の理由だと思います。


この「The Million Writing」でコピーライティングのスキルを学べば、間違いなく「分かりやすくて説得力のある文章」を自分だけの言葉で日常会話的にスラスラと書いていく事ができるようになると思います。


そして「売るべくして売れりたいものを売れるような説得力のある文章」や「信じて欲しい物事を信じてもらうべくして信じてもらう事が出来る共感性の高い文章」更には「読み手を興奮させて夜も眠れなくしてしまうような強烈な文章」などなど、その状況に応じて読み手の心理を意図する方向に誘発出来る高いコピーライティングスキルを身に付けられるはずです。


「気に入らなければメール1通で全額返金。」という圧倒的な自信と保証

また「The Million Writing」にはこの情報商材業界では今やほとんど見られなくなった「無条件返金保証」というものが付いています。


「内容に満足出来なければメール1通で全額返金。」


この一点からも筆者である宇崎恵吾さんの、その圧倒的な自信が伺えるのではないかと思います。


ただこの価格で与えられる、この圧倒的な教材内容を見て、返金を要求するような人などどう考えてもいるはずがありません。


もしいたとするなら、その人はこの教材を本当の意味できちんと「読んでいない」か、もはや感覚として「ビジネスセンスが無い」としか言いようが無いです。


あるいは3980円で娘の命が助かるとか(笑)


そういう意味でも自分のビジネスセンスを試す意味で、試にでもこの教材を手に取って本気でその内容に目を通していってみてください。


万が一そこであなたが「価値」を感じないなら・・・勿論、返金請求をすればお金は全て戻ってきますが、僕の本心からのアドバイスとして、この教材に価値を感じられないなら、もう「文章」というものが関係するビジネスは絶対に辞めておいた方がいいです。


悪い事はいいませんので。


勿論、人には向き、不向き、理解出来る物事とそうではない物事がありますので、ある意味では、そういう判断が出来る教材と言ってもいいかもしれませんね。


いずれにせよ、この教材にはその値段以上の価値が十分にありますし、あり過ぎるくらいです。


僕は自分の判断で一度買った物は、すべて自分の責任だと思うので、返金保証が付いていても付いていなくても、いつも「自己責任だ」という気持ちで買い物をします。


当然この「The Million Writing」も、同じ気持ちで購入しました。


ただ、その中身を見て普通に確信しました。


「この内容で保証なんて必要無いな。」と。


現在も価格帯は3,980円ですが、その10倍の39,800円だったとしても買う人は大勢いるでしょうし、返金要求する人もまず居ないのではないか?と思います。


それくらいクオリティがあり、何より僕自身の文章力がこの教材を手にした事で格段に上がったという実感があります。


それは僕のビジネスの売上全体に大きく影響してくる事ですから、その金銭的対価はもう本当に計り知れない金額になっていると思います。


そしてその「対価」は今後の人生におけるあらゆるビジネスにおいても更に増え続けていくんです。


もしかすると、僕の人生で「最も費用対効果の高い買い物」になったのは、他でもなくこの「The Million Writing」なのかもしれません。


ただ、ここまでの解説を経ても、この教材はこれだけでは“まだ”終わらないんです・・・。


信じられない特典。

文頭でも少しお話した通り、この教材にはある「信じられない特典」が付いています。


この教材で僕の人生が変わったという事に間違いはありませんが、厳密に言えばこの特典で僕の人生が「大きく」変わりました。


更に厳密に言うなら、この特典を通じて出会う事が出来た「ある人」によって、僕の人生は大きな「変えられた」んです。


その特典というのは「The Million Writing」の著者である宇崎恵吾さんの師匠である「Xさん」に「文章の添削」もしくは「コピー等の制作を依頼出来る権利」が付いているというものでした。


何度も言う通り「The Million Writing」の価格は3,980円です。


ただこのレベルの特典が付くならこの教材は巷で出回っているような数十万円代の「高額塾」などよりも、遥かに価値があると僕は思いました。


色々な意味でこの特典の「本質的な価値」が分かる人なら398,000円という価格帯でもこの教材を購入する人は後を絶たず出て来ると思います。


少なくとも僕は、この特典の利用を介してその「Xさん」とも直にお会いすることが出来ています。(勿論、そこまでの間にも紆余曲折があった上で、ですが。)


そして今は一緒にお仕事をさせてもらい、日々大きな感動と影響を僕に与え続けてくれています。(彼のコンサル等についての具体的な話はまた別の記事で詳しく書いていますので、興味があればそちらも読んでみて下さい。)


こんな「規格外の特典」が付いているという点も含めて、この「The Million Writing」は本当に「素晴らし過ぎる」、そんなコピーライティング教材だと思います。


少なくとも僕はネットビジネスを初めて8年以上も経過してから、この「The Million Writing」を手に取りました。


今からネットビジネスをやり始める人が、このコピーライティング教材を最初に手に取れば、僕なんかよりも格段に早い段階で高いステージに駆け上がる事ができると思います。


それほどコピーライティングが重要なスキルという事であり、それだけこの教材はそれを学ぶ上で価値のある教材だという事です。


しかも、それだけではない「規格外の特典」と「保証」が付いているのですから、僕の事のメッセージを読んでも、まだ購入を迷っている人がいるなら、その人はちょっと気がしれませんね(笑)。


でもこれは本気でそう思います。


コピーライティングの重要性に気付いた。


とにかくネットビジネスで稼ぎたい。


とにかく人生を変えるきっかけが欲しい。


あなたの中にそんな思いが少しでもあるなら、まずはこの教材を手に取ってみてください。


そのスタートラインは、たぶん誰が立っているスタートラインよりも「成功」という名のゴールの最短ルートを辿れるものになっているはずです。


あと「The Million Writing」には、もう1つセールスレターにさえ明かされていない「シークレット特典」というものが付いています。


3980円で一体どこまでやってくれるんだこの人達は・・・という「感動」は、僕的にはもう「ディズニーランド並み」のものでした。


まさに「これでもか!」「これでもか!!」というくらいに畳み込みかけてくる圧倒的なクオリティ。


このシークレット特典についてはあえて書きませんので、あなたのその目で確認してください。


人によってはこの特典の方が「圧倒的なこの“本編マニュアル”以上」に価値を感じるものになるかもしれません。


決してあっても無くてもいい適当なレベルの特典ではありませんので、こちらにも多いに期待していいですよ。


>The Million Writingのご購入はこちらから


足立博からの購入特典。

もう特典なんてものは必要ない、圧倒的な教材なのですが、あえて「僕から」この教材を購入してくださるという人にはささやかながら下記のような特典をお付けします。


宇崎恵吾さんの師匠「Xさん」のメルマガバックナンバー

宇崎恵吾さんの師匠が「誰なのか」という点は、宇崎さんのオフィシャルブログやメルマガ、また彼名義の作品等では基本的には一切明かされていません。


ただ、そこまで頑なに秘密にしている事でも無いそうです。


「コピーライターという立場でそこまで目立つ意味もメリットも無い、そもそも自分が関わらないような人に無駄に知られるような“意味の無い有名人”になりたくない。」


それが「Xさん」のスタンスである為、あえてオフィシャルで公開されるようなところでは彼の名前は一切表に出ないようにしているそうです。(そういうところも何か「カッコいい」と思ってしまう僕。)


それでもそれが「誰なのか」という事や、これだけのクオリティの高い教材を作った人の師匠であれば、その人の事を知りたいと思うのは至って普通の事だと思います。


そしてその興味は最終的に「その人の文章を読んでみたい」というところに行き着きます。


少なくとも僕は教材を読み始めて10分くらいでそう思い始めました。


そういうわけで、僕のブログを介して「The Million Writing」を購入頂けた際は、宇崎さんの師匠の過去のメルマガのバックナンバー(PDFにして300P以上のボリューム)を差し上げます。


全てビジネス関連のテーマで彼自身の言葉で発信されている貴重な情報ですので、この一冊だけでも僕が受けた影響は非常に大きいですし、少なくとも教材代金である3980円以上の価値はこれだけで十分にあります。


一応、このバックナンバー集にある内容はメールマガジンとしては二度と配信しない内容だそうです。


その内容も含めて多いに期待してください。


宇崎恵吾さんの師匠「Xさん」のコンサル語録

ただ「Xさん」のメルマガバックナンバー集は実は他にも入手ルートはあるので、そこにもう1つ特典を付けます。


これは僕じゃなければ付けられない本当にレアな特典で、内容は僕が「Xさん」から受けてきたコンサルにおいての「コンサル語録集」です。


メールで直にもらった文章はもとより、スカイプや対面で頂いたアドバイスなど、僕なりに「Xさん」の言葉やアドバイスで「響いた」もの、「感動」したものをまとめました。


バックナンバー集ほどの容量はありませんが、僕にとっては全て、物凄く価値のあるものでしたし、出来上がったものを読み返しても「これはいいものが出来たなあ」と自画自賛してしまいました。


こちらの特典もお付けしますので、是非、僕の立場になってそのコンサル語録をあなたなりに受け止めてみてください。


きっと多くの「気付き」を得られると思います。


足立博のメールサポート&スカイプ相談

これはもはや自己満足に近い特典(笑)になってしまいますが、あなたが「僕の事」を信じて僕の推奨する教材を購入してくれて、そこで更に僕を必要としてくれるなら、僕はあなたの為に出来ることをさせてもらいます。


困っている事、悩んでいる事、更に上のステージを求めてアドバイスが欲しい事などあれば、僕に何でも相談してください。


まあ、もともと直にメールを頂ければ、相談等には普段から乗っているのですが、何の前置きも無くそういうメールを出来ない人もいると思いますので、あえて「特典」という形でこれを付けさせてもらいました。


これで僕に相談する動機や前置きにもなると思いますので、僕の力やアドバイスが必要なら、ビジネスの事に限らず何でも相談してください。


僕が答えられる事なら可能な限り精一杯の回答を出来る限りさせてもらいます。


また必要であればスカイプでの相談なんかも可能です。


一応僕もお店などを経営しているので、いつでもどうぞというわけにはいきませんが、事前に相談の予約等をして時間を調整して頂ければ、スカイプ相談にも対応させてもらいます。(お店に来てくれれば僕はそこにいますけどね。)


メールでは出来ない、うまく伝えられない、それでも僕に相談したい「何か」があるなら、僕は喜んであなたの話を聞きます。


そしてまた、可能な限り僕なりの回答を出させてもらいます。


これは以前、「Xさん」が僕にしてくれた事でもありますので。


以上、3つが僕からお付けする特典です。


是非「最高のコピーライティング教材」を手に取ってみてください。


>特典付き「The Million Writing」のご購入はこちらから

“The Million Writing(ミリオンライティング)イーブックジャパン 宇崎恵吾 レビュー” への12件のフィードバック

  1. 匿名 より:

    こちらからミリオンライティングを購入しましたが、宇崎さんの師匠の過去のメルマガのバックナンバー(PDFにして300P以上のボリューム)と「Xさん」から受けてきたコンサルにおいての「コンサル語録集」という2点はどこからいただけますか?

    • candy_admin より:

      足立です。
      私のブログからミリオンライティングをご購入頂きありがとうございます。
      特典の方はインフォトップより案内の方をDLいただけるようになっていたかと思いますが
      ちょっとわかりにくかったようなので、先ほどメールアドレスの方に直接送らせて頂きました。
      ご確認ください。
      今後ともよろしくお願いします。

  2. fumi より:

    こちらからミリオンライティングを購入したのですが、宇崎さんの師匠の過去のメルマガのバックナンバー(PDFにして300P以上のボリューム)と「Xさん」から受けてきたコンサルにおいての「コンサル語録集」のダウンロード方法が分かりません。
    2点の入手の方法を教えていただけますか?

  3. candy_admin より:

    fumi 様、足立です。
    教材のご購入ありがとうございます。
    特典の方、メールの方を頂ければ直接添付致します。
    一度、私のアドレスまでご連絡ください。
    よろしくお願いします。

  4. 美穂 より:

    こちらから、Million Writingを購入させて頂きました。
    前述の方の同じく、特典2点に関してのダウンロード方法がinfotopでも見つからなかったので、ご対応宜しくお願い致します。

  5. candy_admin より:

    美穂様、足立です。
    教材のご購入ありがとうございます。
    特典の方、メールの方を頂ければ直接添付致します。
    一度、私のアドレスまでご連絡ください。
    よろしくお願いします。

  6. Suzuki Tsutomu より:

    足立さん。
    初めまして、足立さんの、誠実な文章に心奪われた
    Suzuki Tsutomuです。
    「The Milion Writing」の商材を購入しました。

    そして、足立さんの特典、ダウンロード方法を教えて
    頂きたくてメールを送らせて頂きました。

    よろしくお願いします。

    • candy_admin より:

      Suzuki Tsutomu様、足立です。
      教材のご購入ありがとうございます。
      特典の方、メールの方を頂ければ直接添付致します。
      一度、私のアドレスまでご連絡ください。
      よろしくお願いします。

  7. 山口 より:

    本日、足立さんのブログから「The Milion Writing」を購入させていただきました。

    特典の入手の仕方が私もわからないので、直接添付していただければ幸いです。

    今後ともよろしくお願い致します。

    • candy_admin より:

      山口様、足立です。
      教材のご購入ありがとうございます。
      特典の方、メールの方を頂ければ直接添付致します。
      一度、私のアドレスまでご連絡ください。
      よろしくお願いします。

  8. 佐藤 より:

    はじめまして、こんにちは。

    本日、「The Milion Writing」の商材を購入させてもらいました。

    メルマガのバックナンバーの受け取りかたがわからないのでよろしくお願いします。

  9. 金澤 より:

    足立様

    本日、足立さんのブログから「The Milion Writing」を購入させていただきました。特典を添付で頂きたくメールをさせて頂きました。 何卒、よろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ