Youtubeアドセンスで稼ぐ方法と収入の目安。

足立です。


今日は“進化するインターネットと新しいお金の稼ぎ方”というテーマで「Youtube(ユーチューブ)」を利用した稼ぎ方やマーケティング活用について。


その具体的な方法などをお話ししていきたいと思います。


それでは早速いってみます。

Youtube(ユーチューブ)の動画投稿で稼ぐ方法

既にご存知の方も多いと思いますがユーチューブはYoutubeアドセンスという仕組みを導入する事で、自分が投稿していった動画の収益化を図る事が出来ます。


この仕組みは物凄くシンプルで、要するに自分の動画が再生されればそこに勝手に広告が表示されて報酬が課金されるというもの。


要するにブログなどに貼り付けていたアドセンス広告をユーチューブの投稿動画にそのまま適用出来る事です。


動画がたくさん再生されればそれだけ収入も上がり易くなり、その目安はおおよそですが

Youtuneアドセンス収入=動画の再生回数×10%


くらいと言われています。


要するに月に1万回再生される動画を投稿出来れば、その動画からは月に1000円の報酬がそれこそ「ほったらかし」で入ってくるという事です。


そういう動画をたくさん投稿しておけば・・・


当然、それ相応の収入がどんどん入ってくるようになります。


さて、ここであなたが率直に思う事はおおよそこんな感じの事ではないでしょうか。


“でも、一体どんな動画を投稿すればいいの?”

“というか、そもそも動画ってそんなに再生されるものなの?”



もしくは


“そもそも何万回も再生される動画なんて投稿できないし!”


と、完全にネガティブな発想になっている人もいるかもしれません。


でも、その答えは既にYoutubeの中にあるわけです。


要するに実際にどういう動画がたくさん再生されていて、どういう動画で実際に稼いでいる人がいるのか、それを見ていけばいいわけですね。


あーだこーだ言うのはその後でも遅くありません。


実際に稼いでいるYoutbe動画を見てみる。

再生回数の多い動画となれば必然的に「嵐」や「AKB48」など、人気アーティスト関連の動画やPVなどが挙げられ、あとはお笑い番組の録画投稿も再生回数は多いです。


ただこの手の動画は基本的に著作権に違反している動画なので、Youtubeアドセンスによる収益化が認められていなかったり、いざ報酬が発生していっても没収される恐れがあります。


ですので、今回の「稼いでいる動画」からは、こういう著作権に触れるような動画はあえて外します。


まあ、豆知識としてラジオの録音にキャプチャ画像を付けて、動画としてアップするという方法であれば、Youtube側も「グレーゾーン」扱いで、問題なく収益化出来る場合があります。


ですがこれも基本的には著作権に反している方法なので本当は黒です。


なのでそういうグレーゾーンの動画も基本はパスして、そういう「怪しい要素」ゼロできっちり稼いでいる動画で実際にどういうものがあるのかを見ていきたいと思います。


例えば国内からの投稿動画で、最も再生されているというのがこちらの動画です。





再生回数、2700万・・・いえ、2億7000万回です(笑)


えー・・・その10%が広告収入になっているとすると、、、


この動画を投稿した人は2700万円稼いでる計算になりますね。


でも、実際にこの動画には広告が挟まっていますので実際にそれくらい稼いでいる可能性は多いにあります。


どう少なく見積もっても1500万くらいは稼いでいるでしょうね。


投稿日が2008年なので、もうかなり前の投稿動画ですが年間200~400万円は稼いでいる動画という計算になります。


基本、ユーチューブ動画はブログなどと違って一度投稿したら後はほったらかしが基本です。


ですのでこの動画を投稿した人は普通のサラリーマン並みの収入をこの動画を投稿した労力のみで数年稼いでいる計算になりますね。


動画の撮影時間はたったの30秒です。


用意したのはコーラ1本とフリスク1粒。


それをお風呂に持っていって撮影。


画質的に、たぶんスマホのカメラか何かですね。


・・・ハッキリ言って誰でも録れる動画ですよね?


まあ、この動画は海外からのアクセスも拾って外国の人が再生している比率も相当高いと思います。


ただYoutubeアドセンスは海外からのアクセス、海外の人の再生もそのまま収入になるんです。


つまり外国人に受けそうな動画を投稿してバンバン再生してもらっても稼げてしまうという事です。


・・・凄い仕組みだと思いませんか?


ブログやサイトにアドセンス広告を貼り付け、実際に稼いでいくのはかなり大変です。


そもそもの集客に多くの人が挫折しますからね。


でもユーチューブ動画で稼ぐ分には、そういった集客という作業はとくに必要ありません。


要するに多くの人に再生してもらえる動画を投稿すればいいんです。


まあ、多少なりと「キーワード」や「サムネイル画像」(動画の紹介画像)は意識する必要がありますが、言ってもポイントはそんなところです。


あとは海外からの、外国人のアクセスを狙うなら、そのポイントを幾つか抑える事くらいでしょうか。



先程の2億回以上の再生動画はかなり運の要素もあるレベルですが実際はこの10分の1、100分の1、強いては1000分の1の再生回数でもいいわけです。


それでも2000万回再生、200万回再生です。


200万回再生でも10%で20万円ですよ。


そういう動画でも10個投稿すれば200万円。


100個投稿すれば2000万円です。


まあ、200万回再生でもわりと多いので、現実的に見るとその更に10分の1。


狙うとすれば10~20万回再生くらいですが、それでも1~2万円くらいの収入にはなります。


でも先ほどの動画もそうですが、そういう動画を撮影する労力はものの1分です。


投稿にかかる労力だってかがた知れています。


それで1本の動画から1~2万円。


運が良ければそれが10倍、100倍になります。


でもどんなに動画を投稿してもリスクは無いんです。


これをやらない手は無いと思いませんか?


・・・と言っても僕はこうして自分のブログを更新したり、メルマガを書く方がもっと効率的に稼げるので、そこまでYoutube動画で稼ぐ方法に固執はしてません。


ですが僕のようなブログやメルマガを作る事が出来ず、アフィリエイトでうまくいっていない人はたくさんいるわけです。


そういう人やそういうスキルが無い人でも、このYoutube動画を投稿していくくらいの事は出来るはずです。


それでコツコツとでも収入を手にしていけるなら、僕は選択肢の1つとしては多いにアリだと思います。


例えばこんな動画なら本当に誰でも作れる(録れる)と思います。





ドンキホーテでガムボールマシンを撮影しただけ(笑)


これも30秒の動画で2800万回再生。


トータル280万円くらいの広告収入です。


子供がいる人なんかはこんな動画も鉄板ですよ。





子供に楽しくおもちゃで遊んでもらっているだけの動画です。


でも800万回再生(笑)


これでも80万円です。


この動画を投稿している人はこういう動画をいろんなおもちゃでバンバンアップしてますね。


しかもどれもかなりの再生回数になってます。


トータル1000万円単位の稼ぎはありそうですね。


子供達はおもちゃをいっぱい買ってもらえて、きっと動画を取っているご両親も楽しんでいるんだと思います。


まさにこうやって「楽しみながら」お金を稼いでいるわけです。


逆に僕はちょっとアーティスト気質なので、こういう「どうでもいい動画」を取って公開する事にどうしても抵抗を感じてしまうのですが、そんな僕みたいな人はぼく稀だと思います(笑)


実際、凝った動画である必要は無いって事です。


現に僕が拘って作った動画の再生回数は・・・ですから(まあ、再生回数を稼ぐつもりでアップしているものではないので、僕の動画はそれでいいんです。)


Youtubeアドセンス・・・やってみようかな。というあなたへ。

Youtubeアドセンス・・・やってみようかな。


そんな意欲が湧き始めているなら、それは多いに行動に移していくべきだと思います。


どうせリスクなんて無いんですから、やらないよりはやった方がいいですよ。


まあ、基本的な事として、Youtubeへの登録方法や動画のアップロード方法、投稿した動画を収益化させる方法などは、ググれば詳しいサイトは幾らでも出てきます。


とりあえずやってみるレベルなら、そのレベルの情報収集でも十分イケるはずです。


僕がこのメルマガで手順を解説するまでもありません。


ただいざ「稼ぐ」となると当然そこにはコツやポイントもあります。


先程も言ったようにキーワードやサムネイル画像、チャンネルページの作り方・・・などですね。


まあ、この辺りもそこまで難しいポイントではないので、今回のメルマガ講座では控えますが、需要があるなら僕の方である程度教えていっても構いません。


ただそれよりももっと重要なのは、やっぱり「どういう動画が再生回数を伸ばせるか」です。


いかに手軽に、簡単に作れる動画で再生回数を伸ばすか。


これが一番のポイントではないでしょうか。


それこそ幾ら再生回数を稼げるキーワードを狙ってもそれと無関係な動画を投稿していては意味がありません。


これはある意味、ブログの記事と一緒です。


いかに狙い目のキーワードとそれにマッチした動画をアップするか。


一応Youtubeアドセンス、Youtubeのマーケティングを情報商材として題材にしている教材は僕の知っている限りで言うとこの4つです


Youtube-Ads Capture Sheet CLUB(9800円)

Youtubeプレナー育成プログラム(29700円)

YouTube トレンドマーケティング(40000円)

ハンモック YouTuber Academy(247000円)


価格にかなりバラつきがありますが、Youtubeアドセンスに特化した教材としては「高い」「安い」という価格の先入観を抜きにしても「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」がダントツでクオリティの高いコンテンツとフォロー体制で徹底された実践環境を整えてくれています。


9800円という価格には到底見合ないくらいコンテンツもサポートも充実しているので、これは本当にお勧め出来る教材ですね。


逆に全くお勧め出来ないのは「YouTube トレンドマーケティング」と「ハンモック YouTuber Academy」の2つです。


この2つは本当に高いだけで中身が伴ってません。


基礎的な部分なら「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」の方が遥かに良い内容になっていますし、応用的な部分はそれぞれ多少はオリジナリティがありますが、そこに価格に見合う価値があるかと言えばNOです。


Youtubeプレナー育成プログラムについては、非常に評価できる教材なのですがこちらはユーチューブを利用した総合的なマーケティング教材で、Youtubeアドセンスで稼ぐ教材としてはちょっと毛色が違います。


そういう意味では「ハンモック YouTuber Academy」もどちらかというとそっち路線のものですが、これは価格が高すぎるだけで内容について言えば、Youtubeプレナー育成プログラムの方が断然良いです。


ただ今日はあくまでも“Youtubeアドセンスで稼ぐ”というテーマでお話ししていますので、その観点で言えばお勧め出来るのは断然、


Youtube-Ads Capture Sheet CLUB


です。


一般のビジネス書並みの価格で、テキスト、動画、メール講座に充実のサポートとかなり手厚いコンテンツが提供されてますからね。


これはYoutubeアドセンスで稼ぐ事に興味をお持ちであれば、手にしておいて損は無い教材だと思います。


いずれにしても今、ユーチューブの相関図としては、動画投稿者より「再生利用者」の方が多いのは明らかです。


それだけ稼ぎやすい市場になっている事は間違いありません。


ブログを利用した文章による情報発信、アフィリエイトなどでなかなか成果を上げられていない人。


まずネットで稼ぐという事を体感したい人はこういうものを入口にしていくのも1つの方向性かと思います。


そこから次の展開に進んでいってもいいわけですから。
  


Youtubeアドセンス教材、足立博の限定特典。

Youtubeアドセンス教材として推奨した「Youtube-Ads Capture Sheet CLUB」の方をこの僕から購入頂いた場合、僕の方から下記特典の方をお付けします。


現在Youtubeマーケティング教材としては、こちらでご紹介した特典コンテンツと共にこちらの教材を推奨しています。

>Youtubeプレナー育成プログラム


某動画マーケッタ直伝!海外からのアクセスと再生回数の伸ばす4つのポイント

これは実際にYoutubeで稼いでいる知人に監修してもらったコンテンツで、実際にその知人が海外からのアクセス、再生回数を稼ぐ為にやっている事。


その4つのポイントをマニュアル化してまとめてもらいました。


僕自身、そのポイントを聞いて「なるほど!」と思った内容なので、非常に参考になると思います。


その知人の実績を見る限り、そのポイントを押さえる事で実際に成果が上がっている事も間違いありません。


4つのポイント、いずれもちょっとした意識とアクションで簡単に押さえる事が出来るものなので、これをやらない手は無いと思います。


とくに裏ワザめいたものではないので、とくにリスクもありません。


むしろやれば効果が上がる事はまず間違いないです。


実際に稼いでいるYoutube動画に学ぶ5つの「稼げる動画」の作り方

具体的な「稼げる動画」の作り方です。


Youtube-Ads Capture Sheet CLUBでもこの事例は色々上げられていますが、僕の方の特典ではこれをまた別の事例を別の切り口、視点で解説しておきました。


あと、Youtube-Ads Capture Sheet CLUBでも扱われていないジャンルの「稼げる動画」の作り方もマニュアル化して追加済みです。


動画の作り方、動画を投稿(アップロード)する際のキーワードの狙い方、タイトルの付け方、サムネイル画像のポイントなど、実際に稼いでいる動画の事例を基にしてかなり詳しく解説しています。


初めて動画を作ってアップロードする人でも、最大のパフォーマンスを発揮出来る形で動画を作って投稿出来るはずです。


完全在宅で作れる動画。


ちょっとしたお出かけ感覚で作れる動画。


旅行先などで作れるちょっとしたお宝動画などなど、バリエーションも多様になっています。


勿論、全て自分一人で撮影できるものばかりなので、やって出来ないというものは1つも無いはずです。


是非、全てやってほしいですし、何より楽しんでやってもらいたいですね。


>Youtube-Ads Capture Sheet CLUB

>Youtubeプレナー育成プログラム


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ