見込み客を一気に引き込むブログ集客・マーケティング戦略のポイント。

足立です。


今日は「見込み客を一気に引き込むブログ集客・マーケティング戦略のポイント」というテーマでお届けしたいと思います。


それでは早速いってみたいと思います。

見込み客を一気に引き込むブログ集客・マーケティング戦略のポイント。

ブログを軸にしたアフィリエイトをする上で、発信するテーマの設定はとても重要です。


人というのは、初めて目にするブログなどに訪れた際、その「どこを見るのか?」というと「このブログは何を書いているブログなのか?」という、いわばそのブログのテーマを最初に知りたがるからです。


『このブログを読む価値があるかどうか』を先に知りたがるんですね。


要するに人は「損」(時間的なものも含めて)をしたくないんです。


そのため、潜在的な意識も含めて、初めてブログに訪問者した人はまず「読むだけの価値」が、そのブログにあるのか無いのかを「すぐに知りたい」と考えます。


インターネットを利用しているユーザーは基本的に、何かしら「知りたい事」があってネット検索を行い、色々な人のブログに辿り着きます。


その時に「自分が知りたい事がこのブログの記事には書いてあるだろうか?」という事をまずは真っ先に把握しようとするわけです。


要するにその「知りたい事」が書いていないブログには、自分の貴重な時間を費やしたくないと思っている訳ですね。(例え物凄く暇人な人でも(笑))


人はそれだけ「損を回避する事」を潜在的に意識して行動しています。


そのブログ、その記事にどんな事が書かれているのか。


そういった事がほとんど分からない状態のまま、その記事を読んでいくような事はまずしません。


そこで重要となるポイントが以下の2点です。


・記事のタイトルや冒頭段階でまずは率直に重要なポイントを示しておく事
・ブログのヘッダーなどで扱っている情報のテーマを明確にしておく事



これらのポイントで瞬時に訪問してきた人の「関心」を引いてしまうわけです。


それが自分が意図して「集客したい人」の関心であれば尚更です。


逆に言えば、自分が集客したい人以外の関心を無理に引く必要はありません。


あくまでも「関心を引きたい人達」の興味を引ける「ブログのヘッダーコピー」「記事タイトル」「記事の冒頭文」を意識していけば良いという事です。


まずはブログのヘッダータイトルを「テーマが明確なもの」にする。

例えば、僕のブログの場合ならヘッダーのタイトルだけでも「これはネットマーケティングをテーマにしているブログなんだな」という事くらいはパッと見の「印象」でほぼ伝わるようになっているはずです。


このように「どんなテーマを扱っているブログなのか」という事を一目でわかるブログにしておく事が、意図するターゲットを率直に引き込んでいくポイントになります。


だからこそ、ブログなどを開設する際はその「テーマ」をある程度、明確にしておかなければならないわけです。


実際に扱うテーマさえ明確に設定出来ていれば、自ずとヘッダーのタイトルも絞られてくるはずです。


少なくとも、ブログのヘッダータイトルなどはそうコロコロ変えるようなものではありませんので、まずはテーマを明確にしたものをバシッ!と掲げてしまってください。


ただ実際に「集客」や「マーケティング」の反応を大きく左右していくのは、何だかんだ言っても「そこから」です。


要するに日々の記事の更新における1件1件の投稿記事のタイトルや記事の内容こそが何よりも「反応(売上)」を左右していきます。


どんなに明確なテーマをブログのヘッダータイトルで掲げていても、肝心な記事(コンテンツ)の1つ1つがペラペラでは何の意味もありません。


どんなにヘッダーのタイトルやデザインが魅力的でも「中身が薄いブログ」のファンになる人はいないからです。


結局、ブログの最終的な判断基準になっていくのは「中身」の方ですので、どんなにブログのヘッダーに拘っても、中身が伴っていなければ結果には繋がりません。


そういう意味で、ブログのヘッダーというのは「第一印象の見た目」的なものでしか無いという事です。


ただブログは人間以上に「中身」が重要ですから、その「第一印象の見た目」は人の判断ほど大きな比重を占めるものではありません。


要するに最も重要なのは日々更新していく記事「コンテンツ」の方だという事です。


そこで意識していくべきが先ほども挙げた「記事タイトル」「記事の冒頭文」の方になってくるわけですね。


ターゲットを訴求できる記事タイトルと冒頭の一文を意識する。

まずブログへ投稿していく記事のタイトルは検索エンジン対策の上でも最も重要なベクトルを占めるものになります。


検索時の上位表示を狙うという点でも重要ですし、いざ検索結果に表示される際にも基本的にはその「タイトル」がそのまま検索エンジンの方に表示されますので、その訴求力によってもアクセスの入り方は変わってきます。


だからこそ「どんな事が書かれた記事なのか?」という事を、タイトルである程度想像させる事が出来れば、それだけ見込み客を集められる可能性も上がるわけです。


よって、基本的に多くのブログ訪問者は、実はその「記事タイトル」の方が気になってブログにアクセスしてくる可能性の方が高いわけです。


キーワード検索の結果として表示されるのは、ほぼ「記事タイトル」の方なわけですから。


要するに検索エンジンからの訪問者の最もオーソドックスな「訪問ルート」と「ブログの見方」は、


1:検索エンジンでキーワード検索をする
2:検索エンジンにヒットしたブログの記事タイトルを見る
3:それが気になればブログにアクセスしてくる
4:そこで初めてブログのヘッダータイトルなどを目にする
5:以上のプロセスを経てようやくその記事の内容を読み始める



という感じです。


ここで記事の冒頭文があまりにもタイトルやブログのテーマとかけ離れたところから始まっていると、そこで訪問者の大半は違和感を覚えたり「さっさと自分の知りたい事を教えろよ」という感じになってしまいます。


その段階でページを閉じてしまう人もいれば、ザッと流し読みを初めてしまうような人が出て来てしまうんですね。


だからこそ、記事の冒頭部分には出来るだけ、その記事タイトルに興味を持ったであろう人が求めている話をダイレクトに持ってきた方がその記事の訴求力が上がります。


要するに「読まれる」という事です。


まずは自分の主張を聞いてもらえない事には、自分に興味を持ってもらう事も出来ませんので、そういう点でもやはり記事の冒頭部分は大切なわけです。


見込み客を引き込むブログ集客・マーケティング戦略のポイント。まとめ

今日この記事でお話しした事は、もうブログ集客、ブログマーケティングの基本中の基本であり「当たり前の大前提」として意識していかなければならないポイントです。


ただ、意外にこれがきちんと出来ているアフィリエイターさんのブログは少なかったりします。


というか、少ないからこそ「95%の人は稼げていない」なんて図式になっているんだと思いますが、今日の内容を意識していく事はそこまで難しい事ではありません。


稼げていないブログの大半はまず今日お話ししたポイントのどこかが疎かになっているはずです。


「ブログタイトル、ヘッダーでブログのテーマ、趣旨が明確になっていない」
「記事のタイトルがターゲットを全く訴求出来ていない」
「記事の冒頭でわりと関係無い話ばかりをしている」
「そもそも記事の内容が薄っぺら」



大抵、稼げていない要因はこの4つのいずれかかと思います。


逆に言えばこの4つをきちんと徹底していけば、ブログ集客からのマーケティングは大抵うまくいきます。


要するに「稼げる」って事です。


今日お話ししたポイントをしっかりと意識して押さえていけるかどうかだけでも、ブログの「反応(売上)」はもう何十倍も変わってくるはずですから、1つでも疎かにしている節があるという人は是非、意識していくようにしてください。


それではまた次回。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ