商品を売り込む為のコピー、マーケティングの視点について。

足立です。


僕はこのブログや自身のメールマガジンで、主に「情報商材」をアフィリエイトして、本業とは別の副収入をこのブログやそのメルマガを介して得ています。


その中で、主に紹介(アフィリエイト)しているものは、こちらの「ミリオンライティング」という『コピーライティングの教材』なのですが、


The Million Writing(ミリオンライティング)


このように、特定の商品を多くの人に「売りたい」と思った時、その商品を売り込んでいく為の「コピー」や「マーケティング」をどういう視点で考えていくべきか。


今日は、そんな「商品を売り込んでいく為の全体的な思考や視点」についてお話ししていきたいと思います。

商品を売り込む為のコピー、マーケティングの視点について

アフィリエイターに限らず、商売をやっている人で、自身の扱う商品の売れ行きがいまいちという人は、多くの場合、既にその出発点とも言える「モノの見方」が既に間違っている傾向にあります。


要するにコピーを作っていく事やマーケティングを展開していく上での「視点」が既にズレてしまっているわけです。


とくに、その商品を「売ろう」と思った時点で、多くの人が間違った見方をしてしまうのは、『この商品は、他の人も欲しがるだろう』という楽観的な視点でコピーを作り、マーケティングを展開してしまう事です。


例えば、僕のように「コピーライティングの教材」を多くの人に売り込んでいこうと思った場合、


『アフィリエイターやネットビジネスをやっている人は、みんなコピーライティングのスキルを身につけたいと思っているはずだ』


と考えてしまうんです。


ですが、果たしてアフィリエイターやネットビジネスをしている人の多くは、本当にコピーライティングのスキルを身に付けたいと思っているのでしょうか?


実際のところは、決してそうとは言えないと思います。


何より、そういう人が本当に求めているものは「コピーライティングのスキル」ではなく、その先にある「結果」なんです。


むしろ、その「結果」を手にしていく上で、出来る事なら、文章(コピーライティング)の勉強なんかしたくないと思っている人が大半なんじゃないでしょうか。


おそらく、ネットビジネスやアフィリエイトをしている人の多くは「出来れば難しいスキルの習得は避けて楽に稼ぎたい」と思っている人が大半なはずです。


だからこそ、『ワンクリックで不労所得』というような安易な謳い文句の情報商材が、未だに売れているわけですね。


つまり、大半の人達はネットビジネスで「儲ける事」が目的であり、強いて「その為にコピーライティングの教材が欲しい」という人は少数派なわけです。


見込み客が本当に求めているものは何かを前提に考える。

ですが売り手側というのは、ついついここを勘違いしてしまう傾向にあります。


お客さんが本当に欲しいモノは一体何なのか?という本質の部分を見落としてしまいがちなんです。


そして、その勘違いをしたままの状態で、その勘違いを前提にコピーを書き、マーケティングを仕掛けていくような事をやってしまいます。


だから「売れない」わけです。


先程の「コピーライティングの教材を売る」という事を例に挙げると、多くの人が「コピーライティングの教材を欲しがっている」という勘違いをしているような人は、その前提でコピーライティングの教材の「内容」をそのまましきりにアピールします。


でも、それでは駄目なわけです。


まずは「コピーライティングというスキルそのものの重要性」をしっかりと「気付かせなければ駄目」なんですね。


また逆に、コピーライティングのスキルを身に付けなければ、どんな苦労をする事になるのかを認識させるのも有効です。


当然、コピーライティングのスキルによって「出来るようになる事」や、その先にある「未来像」をイメージさせていく事も非常に有効です。


これが俗に言う「ベネフィット」というものです。


コピーライティングというスキルを手にしなければ、もたらす事が出来ないベネフィットをイメージさせる事。


これが出来れば、コピーライティングのスキルを手にしなかった場合の「最悪の未来」を避け、手にした場合の「最高の未来」を手にしたいと思うのが普通です。


そのマイナス方向からのバイアスとプラス方向からのバイアスが相乗して「商品購入の動機」に繋がっていくわけですね。


見込み客、ターゲットとなる人達が何を本当に望んでいるのか。


なぜ、その人がその商品を手に入れる必要があるのか。


その必要性を気付かせ、認識させ、そしてその先の未来をマイナス方向、プラス方向双方でイメージさせていく事が重要であるという事ですね。


もし、今現在、アフィリエイトをやっていて、ブログやメルマガの売り上げが著しくないという場合は、この根本的な視点を間違っていないかどうかを見直してみてください。


そこを改めるだけでも大きく売上は変わってくると思いますので。


是非、参考にしてください。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ