内部SEO対策と外部SEO対策。上位表示を実現させる確実な方法。

足立です。


インターネットを利用しているユーザーの大半は、調べたい事や知りたい事があった場合、Googleにその知りたい事に関連するキーワードを打ち込んで検索をします。


すると、Googleが瞬時にそのキーワードに沿った情報が載っていると思われるサイトを、ズラっと一覧で表示してくれます。


そして、自分が知りたい情報が載っていそうなサイトなりブログをクリックして自分の知りたかった情報に辿り着く。


これは今のネットユーザーの多くがごく当たり前に行っている自然な行為であり、流れではないかと思います。

インターネットユーザーと検索エンジンの絶対的な依存関係

要するにインターネットユーザーは知りたい情報の載っているサイトや記事を探す時、ひとまず何からしらのキーワードを頼りに検索します。


よって多くの人に「検索されるキーワード」で上位表示されているようなサイトやブログというのは、必然的にアクセスが集まる事になります。


しかも、ただたくさんのアクセスが集まるだけでなく、検索する時点で具体的なキーワードを打ち込んでいる為、それら上位表示されているサイトやブログに集まってくるアクセスというのは必然的に「質の高いアクセスが多い」という事になるわけです。


もし、そんな質の高いアクセスが自然に、たくさん集まって来るサイトやブログに、「売れる仕組み」が構築してあれば・・・。


これは言うまでも無く、そのサイトやブログからはどんどんモノが売れていく事になります。

上位表示されさえしていれば、特に何をする訳でなくアクセスが流れて来るだけで、ある一定の割合でモノが売れていくわけです。


言ってみればこれは、限りなく不労所得に近い「お金の流れ」が手に入る、という事になります。


自分のサイトやブログが上位表示されているのであれば、放っておけば良いのですから、ある意味「不労所得」に近い状態です。


分かりやすくイメージし易くするために、僕はあえて不労所得という言葉をここで使っていますが、ここでお話ししている「不労所得」の確立には、当然それ相応の努力が必要になります。


その努力が結果的に実を結び「不労所得」のような状態になるだけですので、努力を一切せず楽して簡単にこのような「不労所得みたいな状態」になる事は基本的にあり得ません。


不労所得のような状態の裏には、それ相応の努力をする必要があるという事です。


現実的な不労所得を実現出来る方法。それが「SEO対策」です。

この「限りなく不労所得に近いお金の流れ」を自分のものにするために、多くの人が、狙ったキーワードで自分のサイトやブログを上位表示させようと、色々な対策をしています。


それが「SEO対策」と呼ばれるものですね。


その中でも多くの人が行っているのが、たくさんの被リンクを人為的に貼っていくような「外部SEO」と呼ばれる「SEO対策」だと思います。


この「外部SEO」で代表的に挙げられる「被リンク対策」は、被リンクの数が多ければ多い程、Googleに「優良サイトである」と認識され上位表示され易くなると言われていました。


ですが根本的に検索エンジンのアルゴリズムが変わった現在のGoogleには、このような被リンク対策によるSEO対策効果はほとんど見られなくなっています。


通用しないだけならまだ良いのですが、逆にGoogleから嫌われ、人為的に貼られた被リンクが貼られたサイトは、容赦無く圏外に落とされてしまう事例が無数にある程です。


確かに被リンクの数が多いと、一昔前にはGoogleアルゴリズムが優良サイトとして認識してくれた時代もありました。


そんな時代に実際に僕も自分の物販サイトがGoogleに被リンクの数が認められ、見事に人気キーワードで上位表示されるようになった事もありました。


しかし、今はまったく違った部分をGoogleアルゴリズムは見ているんです。


決してSEO専門業者という肩書きがあろうとも、被リンクを人為的に貼るといった「外部SEO」ではGoogleアルゴリズムを騙す事は出来ないのが現代の常識です。


SEOの専門業者でも、なかなか思うような結果を出す事が出来なくなってしまった今の時代の「SEO」というわけです。


これまでのSEO対策とこれからのSEO対策。

これまで多くの人が行っていた被リンク対策などの「外部SEO」に対して、これからのSEO対策に重要視されていくものは、コンテンツそのものの質を向上させていく「内部SEO」と呼ばれています。


そもそもGoogleというのは、Googleユーザーの利便性を第一に考え、検索する人の知りたい「良質な情報」が載っているサイトや記事を常に優先して提供したいと考えています。


その判断を瞬時にしているGoogleの今現在のアルゴリズムに自分のサイトやブログが「好かれる」ためにはどうすればいいのか。


それはわざわざ今では嫌われる事が分かっている人為的な被リンクを貼っていくのではなく、Googleの理念に沿った良質な情報が載ったサイトやブログになるような事を素直にやっていく事です。


その方が今は検索結果の上位に表示される可能性が極めて高くなるという事ですね。


要は、被リンクなどの「外側の要因」に頼るような「外部SEO」ではなく、サイトやブログの中身の質を高める「SEO」が、効果の高い「内部SEO」が重要になっていくという事です。


そんな本質的な「内部SEO」の考え方や視点についてを詳しく教えてくれるSEO対策の教材がこちらの「本質のビジネスSEO術」です。


本質のビジネスSEO術(戸田丈勝)レビュー


そして、この本質的な内部SEO対策をより有効なものにしてくれるのが、僕のブログにも実用しているこちらの「賢威」というSEOテンプレートになります。


SEO対策済みテンプレート「賢威」レビュー


そして狙ったキーワードで「確実に」自分のサイトやブログを上位に表示させるもう1つの方法。


それが「PPC広告を利用する」という方法です。


PPC広告とは、Googleの検索窓に打ち込むキーワードに応じて、必ず上位表示に広告として表示されるサービスの事で、要するに「狙ったキーワードで検索された時、確実に一番目立つ場所に広告を出す事ができる」という広告です。


SEO対策をして、順位が上がるのを今か今かと待つのでは無く、PPC広告を出しさえすれば確実に上位表示させる事ができる訳です。


PPC広告についてやPPC広告を使ったアフィリエイト戦略についてはこちらの「格安教材」がお勧めですね。


人情PPCの極意(大内真哉)レビュー


ここでご紹介した各推奨教材には、私の豪華な特典もお付けしていますので、よろしければ各レビュー記事だけでも読んでみてください。


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ