マーケティングにおけるリサーチの本質について。

足立です。


僕はネットで商売をするようになり、もうすぐ10年になります。


そして、その10年のネットビジネス経験の中で、僕は「コピーライティングの重要性に気付いた時」が、その転機となったポイントだと考えています。


その重要性に気が付いて以降、僕はネットビジネスにおける、あらゆるノウハウ、スキルを差し置いてでもコピーライティングに磨きをかける為、コピーライティングの勉強をして来ました。


少なくとも今の僕の現状は、その努力の賜物である事は間違いないと思います。


ただ、こうしてコピーライティングを勉強してきた中で、僕がつくづく「重要性」を感じるようになったのは『文章を書く為のリサーチ』です。

マーケティングリサーチの本質について。

実際に自分が書いた文章の反応は、その文章を書く前の「リサーチ」の時点で決まってくると言っても過言ではありません。


そして、その「リサーチ」というのは、お客さんのリサーチであり、市場のリサーチでもあり、売り込んでいく商品についてのリサーチでもあります。


これらをしっかりと「理解」していない事には、絶対にお客さんが反応出来る文章や、その商品を魅力的にアピールするコピーは書いていく事は出来ません。


ただ、この「リサーチ」は、実質的には「情報のインプット」であり、まさにこれは、その市場の事、ターゲットの事、商品の事を、文字通り「勉強」して頭に入れていく事を意味します。


故に、この「リサーチ」には、少なくとも僕はそれに先立つ「興味」が無ければ、それを率先して有意義に行っていく事が出来ないという考えを持っています。


好きな事や興味がある事なら、その情報を調べて、自分の頭の中に入れていく事も全く苦にはならないからです。


逆に、好きでも無い事、全く興味が無い事を調べて、それを自分の頭の中に入れていく行為ほど、苦痛で詰まらないものはありません。


それこそ僕は、昔から大が付くレベルで「勉強嫌い」でしたので、そういう好きでも無い事、全く興味が無い事を調べていく行為は、小学校、中学校時代の勉強を思い出してしまいます。


何の興味も関心も無い事を、ただ漠然と詰め込まれて、ただテストの為だけに、何の意味があるのかもわからない情報を覚えさせられて・・・そんな小学生、中学生時代の「苦痛な勉強」を思い出してしまうのです。


勿論、人によっては「ビジネスの為」「お金の為」と割り切って、全く好きでも無く、興味も無いような事を、勉強して頭の中に詰め込める人もいるかもしれません。


ですが、少なくとも僕はそういうタイプの人間では無かったので、自分が好きな事、興味がある事でなければ、根本的にリサーチが「出来ない」わけです。


ただただ、学生時代の勉強のように苦痛だからであり、現に僕は、それを中学の途中で投げ出してきた人間ですからね。


でも、世の中には少なからず、僕のように興味の無い事、好きでも無い事を調べて、勉強していくような事が苦手な人、出来ない人がいるものと思います。


例えそれが、「儲かる」と分かっていても、その「お金の為」という目的だけでは、どうにもそれが苦痛で耐えきれないという人がいると思うんです。


そして、世の中には、その事を自分で自覚出来ていない人もたくさんいるような気がします。


それこそ、ネットビジネスを始めて、途中で挫折してしまったような人の多くはまさに「そういう人」なんじゃないでしょうか。


金の為、収入の為と割り切って、さほど自分が興味も関心も無いようなテーマでブログやメールマガジンを初めてはみたものの、途中で作業が続かなくなり、辞めてしまったというような人達です。


こういう人の挫折要因はまさに「リサーチ不足」の可能性が高く、そもそもの「リサーチ」を率先して「やらなかった事」「出来なかった事」が要因なのではないかと思います。


もし、当初の段階から、自分が好きな事、自分が興味を持てる事をテーマにブログやメールマガジンをやっていれば、その状況や結果はまた違ったものになっていたんじゃないかと思うんですね。


リサーチ不足=興味不足。

ただ、ネットビジネスで結果を出していくには、どうやっても「リサーチ」が重要であり、その市場の事、お客さんの事、商品の事を理解する必要があります。


ですが、その極めて重要な「リサーチ」というプロセスは、それに少なからず、自分が前向きな興味や関心を持っていなければ、それをしっかりと、十分に行えない可能性が高くなってしまいます。


僕のような、勉強嫌いなタイプの人は「とくに」ですね。


逆に、物凄く興味がある事や好きな事を、その対象にしていったなら、その「リサーチ」はむしろ楽しい作業になるはずです。


例えば、僕は本業の方で「革(レザー)製品」を扱っているのですが、革の事については、僕はとことん追求してきた自信があります。


ビジネスにおけるリサーチの必要性云々を抜きに、率先してそれをやってきたわけです。


その結果、誰よりも革の事が詳しくなり、そして、その革製品についてのアピールをさせてもらえれば、誰よりもそれを魅力的に出来るようになった自負があります。


むしろ、マニアレベルの人にこそ、本腰を入れて本気のアピールが出来るようになり、僕のお店には、そういう本当に「革好きな人」が集まってくるようになっているんです。


結果論で言えば、これは他でも無く「リサーチ」の賜物であり、僕が誰よりもその革製品のリサーチを徹底的に追及してきたからこそ、今の商売が成り立っていると言えます。


でも、そこまでの徹底的なリサーチが出来てのは、やはり僕自身が革の事を好きだったからであり、興味や関心が尽きる事無く出てきたからです。


少なくとも僕は、革の事に関しては「仕事だから」という理由付けで「調べなければならない」といような気持ちで、それを勉強してきたような事は一切ありません。


むしろ僕自身が「知りたい」から、その「知りたい」の意欲のままに行動してきたら、いつの間にか、詳しくなっていたのです。


でも、ビジネスにおいて非常に重要な「リサーチ」というプロセスには、そんな自分自身の「知りたい」という意欲こそが、何よりも大きな原動力になるものだと思います。


その「知りたい」という原動力も無しに、ただビジネス、仕事と割り切って徹底的なリサーチが出来る人を僕は逆に尊敬しますが、世の中でそんな人はほんの一握りなのではないでしょうか。


過去、あなたがさほど興味も無く、好きでも無いテーマを掲げてブログやメルマガなどをやった経験があり、それを途中で辞めてしまった経験があるのであれば、それは他でも無くあなたが「僕と同じタイプ」だったからかもしれません。


少なくとも、ネットビジネスにおける「アフィリエイト」などは、自分が好きなテーマ、好きなジャンルで情報を発信していく事でお金を稼げてしまうビジネスです。


あえて興味も関心も無いようなジャンルでやっていく必要なんて、無いわけですね。


自分が意欲的に「知りたい」と思えるようなテーマやジャンルを選んでいく事。


もしくは、自分が選んでいるテーマを好きになり、興味を持っていく事。


そして「知りたい」という意欲を作り出していく事。


僕はこれこそが、何よりもネットビジネスでの成功の確率を引き上げる重要なことなんじゃないかと思います。


リサーチを始める前に、自分自身がそのリサーチという行動に先立つ意欲を高める事が重要だという事ですね。


その「知りたい」という意欲を満たす為に、徹底的に追及したリサーチが出来て初めて、お客さんの心に刺さるようなコピーを書けるようになるものだからです。


少なくとも、そういうコピーが書けるようになれれば、ネットビジネスで稼いでいく事は全く難しい事ではなくなるはずです。


ただ、それに先立つ「リサーチの本質」は、僕はそれに先立つ「知りたいという意欲」にこそ、あるんじゃないかと思うわけですね。


これはネットビジネスに限らず、全てのビジネスにおいて重要な視点だと思いますので、何かのビジネスを始めていく際は一度、自問自答してみてください。


『自分がそれを「知りたい」という意欲を持っているか』

『それを「知りたい」という意欲を作り出せそうか』



この2つが「NO」なジャンルでビジネスをするのは、僕は避けた方がいいんじゃないかと思います。


リサーチ不足で失敗する可能性が高くなると思うからです。


少なくとも僕は最低限でも、この自問自答に「YES」と答えられるものを選び、ビジネスを進めていく事をお勧めします。


是非、参考にしてください。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ