マインドセット講座。心の置き方1つで「世界は変わる」という話。

足立です。


今日は僕が小学生の体験と、幼いながらもその体験から「学んだ事」の話をさせてください。


その体験から学んだ事は、それから三十年以上たった今も、僕の考え方や人生観を作っていく上で非常に大きな「経験」の1つになっていると思います。

マインドセット講座~ある冬の日の極寒体験~

これは僕が小学六年生の時の話です。


もう三十年以上前の話になるのですが、当時、野球少年だった僕は、いつも夜遅くなるまで毎日のように野球の練習に明け暮れていました。


それはまさに「1年中」で、真夏の日は勿論、真冬の日でも僕は日々、練習に明け暮れていたんです。


ただ、それはある冬に日の出来事でした。


いつもの通り野球の練習に明け暮れていると、夕方を過ぎた頃に珍しいほどの猛烈な吹雪になってしまい、辺りはすっかりと真っ暗になってしまったのです。


一緒に練習をしていた仲間達は皆、急いで帰り支度をして、それぞれ帰って行きました。


当然、僕も近所の友達と二人で帰り道を急いだのですが、その猛烈な吹雪はどんどん強さを増し、視界は真っ白に、そしてみるみると雪が積もっていきました。


僕たちは野球部の練習の後という事で汗をかいていたので、次第に体中が急激に冷えて体温が奪われていくのが分かりました。


そんな中、その友達がカイロを二個持っていた為、その一個を僕に使わせてくれたのでした。


僕たちは指先の感覚が無くなった凍える手でカイロの袋を何とか破り、カイロを手で揉みました。(当時のカイロは、今のような揉まずに温かくなるようなカイロでは無かった為、とにかくよく揉む必要がありました。)


すると手の中で徐々にそのカイロが温かくなっていくのが分かりました。


そして僕はその暖かくなったカイロをお腹に直接当たるように、服の中に入れて外から手で押さえました。


その「暖かさ」は、全てが真っ白になってしまっている視界の中で指先の感覚が無くなり始めるほどの寒さに震える僕に、本当に大きな安心感を与えてくれた事を今でも鮮明に覚えています。


それくらい、その時の「寒さ」は、今、思い返しても僕の人生の中で「最も寒い経験」として記憶に残っている程、本当に、猛烈に寒かったんです。


ただ、その寒さの反面、友人に貰ったそのカイロ一個のお陰で、僕は同じく人生経験上、一番の「暖かさ」を感じる事も出来ました。


その帰り道の道中は、常にそのカイロの温かさだけに全ての意識を集中させ、一歩、また一歩と自宅への帰路を進んで行ったわけです。


そうして、いつもは20分とかからない帰り道を1時間以上もの時間をかけて、ようやく帰宅する事が出来ました。


約1時間、その「人生最大の寒さ」に耐えながらも、何とか帰宅する事が出来たんです。


ただ、その「人生最大の寒さ」を紛らわしてくれたのは、たった1つのカイロであり、そのカイロが僕を温めてくれていたのは、僕のお腹のほんの1点だけでした。


それこそカイロで温める事が出来ていない僕の体の99%以上は完全に冷え切っていた事になります。


ですが、僕はそのカイロで温めている一点に意識の全てを集中していた為、そのカイロを手にした以降は、そこまでの寒さを感じていなかったような感覚を覚えていたのです。


その当時、僕は小学生ながら、本当は寒くて寒くて堪らないはずの状況でも、全ての意識をカイロが当たっている一点に集中するだけで乗り切る事が出来るなんて、人間の集中力って凄いな!と思ったのでした。


心の置き方1つで「世界は変わる」。

世界一の投資家と言われるウォーレン・バフェット氏とマイクロソフトの創業者、ビルゲイツ氏が世界の長者番付の1位、2位を取ったか何かの時のインタビュー記事を読んだ事があるのですが、そこにインタビュアーから、こんな質問が投げかけられていました。


インタビュアー:お二人のように大きな成功を収める為に必要なものを1つ挙げるとすれば、何だと思いますか?


この質問に対して、二人の回答は完全に一致していたそうです。


ウォーレン・バフェット&ビルゲイツ:Concentration.


concentration=集中力、、、です。


要するに人間の集中力というのは、時に物凄い力を発揮出来るものであり、世界でトップクラスの成功を手にしている二人が口を揃えて、これを即答しているのは本当に凄い事だと思います。


勿論、僕がこの記事を読んだのは、先程の小学生の頃の体験をした、かなり後の話になりますが、僕はその時の体験で学んだ事をよく人生のあらゆる局面で応用していました。


実際にその「集中力」というもので、実際に多くの事を乗り切ってきたのです。


例えば、何か物凄く辛く苦しい時にも、今目の前にある些細な幸せに意識を集中して気持ちやモチベーションを入れ替えたり、本当に大変な仕事を積み上げられている時も、その意識を切り替えて、その集中力で幾度と困難を乗り越えてきました。


その苦労を「大変だ」「苦痛だ」と思う事も無く、むしろ平常心か、それ以上のモチベーションで前向きに乗り越えていく事が出来たわけです。


つまり、その「意識」をどこに向けて「集中」するかで、自分を取り巻く状況や現状は、180度、違った世界に見えてくるという事であり、世界が違って見えてくると、そこで自分は今、何を集中していくべきかも見えてくるようになります。


そして気が付くと、それまでは「苦労」や「苦痛」を感じていた事でさえも、前向きな姿勢で乗り越えていける事も、世の中にはたくさんあるという事ですね。


まさに、ウォーレン・バフェット氏、ビルゲイツ氏が「成功する為に最も重要なものは何か」という問いに「集中力」という答えを出した本質は、そういうところにあるような気がします。


少なくとも、僕は小学生のあの冬の日の体験から、そう解釈しているというお話しです。


実際に、この集中力というもの1つで、どんな状況下でも希望を失う事なく楽しく前を見て歩いて行く事ができていますから。


苦労や苦痛だけを人一倍感じて、そこにグチをこぼしていても何の解決にもならないと思いますので、どうせなら、その環境で「楽しめる何か」を見つけてそこに集中してみてください。


もしかすると、自分も気付いていない才能や能力を開花出来るかもしれません。


そういうものを見つけていけるのも、まさに「集中力の賜物」だと思います。


今、自分を取り巻く環境の中で、自分自身がしっかりと何かに「集中」出来ているか。


それを自問自答して、ちょっとその答えに困ってしまうような人はまず、何かに集中していく事をお勧めします。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ