自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(かねもと鍼灸整骨院 金本博明)レビュー


足立です。

今日は僕も20年くらい前に散々悩まされたパニック障害。

そんなパニック障害の克服プログラムである、こちらの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」のレビューを書いていきたいと思います。

>自律神経失調症・パニック障害改善プログラム

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(金本博明)レビュー

まず、この自律神経失調症・パニック障害改善プログラムに付いているテキストは小学生の低学年の教科書以上に字が大きいので、読みやすいのですが、行間が広過ぎでページの無駄遣いが目立ちます。

明らかに重要では無い内容の事までも、長々とページを使って書いてある感じがして、ページ数稼ぎをしている感じが否めませんでした。

ただ本題にあたる「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の内容そのものについては決して悪いものではありません。

実際に僕が20年前に試して結果や効果があった有効な方法もたくさん書かれています。

その反面、テキストの中には明らかに不必要で意味の事もダラダラと書かれている印象がありますね。

「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」そのものの理論や考え方はパニック障害の克服には非常に重要な事なのですが、その分だけ無駄な部分も多いところが非常にもったいないです。

その大切で重要な内容だけを、シンプルにまとめてくれれば、もっと分かりやすいマニュアルになったのではないかと思いました。

206ページも使わずに、字を普通のサイズにして内容も必要な所だけをピックアップすればきっと50ページくらい・・・30ページくらいには出来たのでは無いか?と思えてしまいます。

例えば、『首の凝りを予防する』など、色々な症状に対する予防策が、たくさん載っているのですが、それらの多くは当たり前過ぎる事が書かれていて、

『~に気を付けましょう。』

といった具合の簡単なアドバイスしか書かれていないのですが、そんな事は今では簡単に誰でも調べられるような内容が多いです。

そこにページをたっぷり使ってダラダラと書いてある所が非常に残念な印象を、購入者が受けてしまうのでは無いかと思いました。

著者は、シンプルでページ数が少ないと、料金を高くする事に罪悪感を感じてしまったのでしょうか?

この商材を作った人は、ご自身もうつ病やパニック障害や自律神経失調症を経験して苦労をされて来た方です。

そのため、気持ちが優しくて人を想う気持ちが強い人だと思いますので、購入者にお得感を感じてもらいたかったのかもしれません。

ただ、僕はそれが裏目に出てしまったように思います。

この内容の中から本当に重要で大切な所だけを取り上げて、よりシンプルなマニュアルにしてくれれば、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」はより価値のあるプログラムになっていたのではないかと思いました。

その方が確実に『こんなにも簡単でシンプルなのに効果があるなんて凄い。』と、多くの購入者が思ってくれたはずです。

1つ1つのポイントは非常に良いものだっただけに、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」のテキストを読んで率直に思った点はその部分ですね。

結局のところ「パニック障害克服の為にやるべき事」というのは、ここに書かれている内容の中のほんのわずかです。

ページ数が多いので、やる事が一見多いように戸惑うかもしれませんが実際にやるべき事は、決して多くはありません。

ただ・・・その割に、効果は絶大にあると思います。

何よりこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」に書かれている事の大半は、パニック障害の克服に至るまでに実際に僕自身が試してきた事でもあります。

僕がパニック障害を克服したのはこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」が世に出る前の話ですが、この内容をその当時に試していれば、おそらくですがとても楽な状態のままパニック障害を克服する事が出来たのではないかと思います。

少なくとも3年間にも渡る、あの壮絶な地獄のような試行錯誤の日々は送らずに済んだのではないか・・・

そう素直に思えたというのが僕の正直な意見です。

更に断定的な言い方をするのであれば、このプログラム内容であれば「効果が出ないはずが無い」と言ってもいいくらいです。

ただ・・・です。

僕は、日頃からブログやメルマガの中で、心に届く文章を書くには、思った正直な気持ちを書く事が一番重要な事だと常に言い続けて居ますので、ここからはもう少しこのプログラムについて突っ込んだ事を書いていきたいと思います。

自律神経失調症・パニック障害改善プログラムのDVDについて

まずこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」にはDVDが付いています。

そのDVDの内容全体を見て感じたのは「プロの業者が作った」という割に、まったくプロの仕事という感じがしない内容だという事。

説明不足に感じる箇所も多々あります。

この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の著者である、かねもと鍼灸整骨院の金本博明さんは、「このDVDを見ながらやれば簡単に出来ます。」という事を強調し、セールスレターにも「中学生でも簡単に出来た」というような事が書いてあります。

ですが、実際に一ヶ月以上その内容を試してみた僕には、やや疑問を感じる箇所が2箇所ありました。

それは、どこかと言うと、このDVDはいちいちDVDを一時停止しなければ、その「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の内容応じたストレッチが出来ないという事です。

おそらくですが、最初の頃は大半の人がここに手こずる気がします。

勿論、「出来ない」という訳ではありません。

ただ「面倒臭い」と思う人は居ると思います。

これは、購入者が実際にDVDを見ながらやっていく事を考えるなら、すべての「工程」と「動作」を全く同じ尺を取って、それこそDVDと全く同じ時間軸で動作できるように説明していってくれれば良かったのではないかと思います。

ここは、正直言って、かなり端折り過ぎているように感じました。

例えば、右側と左側の両側をやらなければいけない時に、片側だけで次のストレッチへと進んでしまう、といった具合です。

全部の項目がすべてそうと言う訳ではありませんが、そんな感じの部分が多々見受けられます。

それでは、いちいちそこで一時停止を押さなければDVDだけがどんどん先に進んで行ってしまうので、本当の意味での「見ながら」というのが不可能になってしまっているんです。

正直言ってこれは「親切」とは言えませんし、ストレッチの動作を完全に覚えてしまうまでは、毎回一時停止をしなければなりません。

そして、もうひとつの疑問点と言うのは頭の後ろ部分のツボ押しのシーンがあるのですが、なぜか前側からの映像しか映っていないんです。

要するにどうやってそのツボを押しているのかが見えない。。。

このシーンは、実際に試したという中学生は、一体どうやってそのツボを押さえたのでしょうか?

正しい場所を押す事はなかなか出来ないはずです。

ちょっとした事なのですが、実際に毎日やっている僕の率直な意見です。

購入者が、ガッカリする前に正直にすべてを書いた方が良いと思い、この2点は率直に思った事を書かせてもらいました。

良い事だけを書いてある著者のセールスレターだけでは、誤解を招く恐れがありますからね。

少なくとも著者の金本博明さんは消費者を「騙す」という意識などは全くないものと思いますので、そのような広告と中身のギャップを出来るだけ埋められるように、この記事では僕なりに思った事を正直に書かせてもらっています。

ただそれらの部分を差し引いても、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の内容に効果がある事は僕が実際に試した上で実証済みです。

その上で、このその「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」で至らないと思った点はありのまま書かせてもらいました。

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム付属の枕について

ここからは、この自律神経失調症・パニック障害改善プログラムに付属している「枕」の話です。

この枕、僕は正直な事を言うと購入前、そしてそれを使ってみる前の段階では「対した事は無いものだろう」と思っていました。

まず手元に届いた枕を見た際、パッと見は思っていた以上に小さい枕で、この枕だけで8,000円以上するという事に何よりも驚きを覚えました。

モノ作りのプロをしている僕は、この枕を見た瞬間に「原価計算」をしてしまい、その利益率が数字でハッキリと見えてしまった程です(笑)

ただ、それでもこれに「効果」があるのなら、まったく何の問題もありません。

そこでひとまずは実際に枕を試してみる事にしました。

まずこの枕は「美骨枕」というらしく、枕を使っている時は首の骨を美しく保ってくれる・・・のだそうです。

ちなみに僕は「ストレートネック」の為、首の骨がまっすぐでとにかく首に負担がかかりやすく、かなり昔から首の調子が悪いです。

そんな僕にも果たして効果があるのか。

・・・これ・・・かなり、良い・・・?

いえ、「かなり」と言うか「相当」良いと思いました。

これは最初の印象とのギャップもあるのかもしれませんが、正直言って本当に驚かされました。

首が約10分足らずでふにゃふにゃに柔らかくなって、頭がスーッと鮮明になっていくような、そんな感覚さえ感じられました。

これは僕自身の体感として、本当に相当良い枕だと思います。

そして何より予想していた以上にその効果もありました。

実は、僕は3年間のパニック障害との戦いで「パニック障害の原因の大きな要因は首にあるのではないか。」という事に自分なりにも気が付いている部分がありました。

そもそも、その「パニック障害の原因=首」の理論が僕の考えと一致していた事が、僕がこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」を手に取ってみようと考えた一番の理由でもあるんです。

もともとこのブログではそんな僕の体験等を記事にしていましたので、少なからずそういう相談メールも頂いていましたし、ブログへの訪問キーワードでも「パニック障害 克服」というようなものがわりと多く見られていました。

だからこそ、ある程度、もともとの僕の考えと一致するところが多いこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」が本当に効果のあるものだったなら、このブログでこれを紹介していきたいと思ったわけです。

そんな経緯があってのこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の枕の話なのですが、僕はもともとそんな「パニック障害の原因=首」という考えから、「首を柔らかくしたい」と思い色々な方法を試していた時期がありました。

そうこうしているうちに、自分なりの方法でその原因を改善し、パニック障害を3年に渡る生き地獄を味わった上でようやく克服したのですが、まさかこうも「あっさり」と、まさかこんな「簡単な方法」で、こんなにも自分の首がふにゃふにゃに柔らかくなるとは思ってもみませんでした。

本当に色々な事を試してきた僕だからこそ、強く言える事ですが、こんなにも簡単に、且つ短時間でここまで首が柔らかくなった事は一度も無かったと思います。

ここまで首をふにゃふにゃに柔らかくするには、痛くて仕方のない首のマッサージを長時間受けてようやく・・・というレベルです。

ただ、そういった首のマッサージは、次の日から三日間ほどの、揉み返しが漏れなく付いてくるという副作用付きのマッサージだったので、それと比べるとこの枕には本当にビックリさせられました。

あとは僕が試行錯誤の上、偶然にも発出来た首を柔らかくする方法の1つで、バケツに半分水を入れて、両手をグルングルンと、ロボコンのように回す方法があるのですが、これを長時間やっても、ここまで首がグニャグニャに柔らかくなる事はありませんでした。

それが「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」の枕は「この枕を使うだけで4分から10分で効果がある」と書いてあるのですが、実際にこれはそれだけでも確かに十分な効果がありました。

首が本当にふにゃふにゃになって、首のコリがほんの数分でスーッと解消されていきます。

この枕を使ったストレッチに関しては、今は毎日朝と夕方と寝る前の3度やっているくらいです。

ただ、色々と試した結果としては、布団の上やベッドの上だと著しく効果が落ちます。

フローリングなどの下が柔らか過ぎない床でやった方がしっかりと効果が出ますね。

こちらを手にした際は必ずそうして下さい。

この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」は、もう「この枕だけで良かったんじゃ無い?」と思ってしまうくらい、この枕に関しては本当に高い効果があります。

本当に首のコリが一瞬で解消されてグニャグニャになりますから。

自律神経失調症・パニック障害改善プログラム、まとめ

僕は実際にこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」を使い、パニック障害やその原因を克服した訳ではありません。

ただ実際にパニック障害を克服出来た経験者としての意見としては、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」は間違いなく効果があるプログラムだと思います。

これは本音で書きますが僕が自分のパニック障害を克服する前に、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」を試す事が出来ていたら、おそらく3年ものあの地獄のような苦労の日々は大幅に軽減出来たのではないかと思います。

そもそも僕がパニック障害を克服した方法は、一言で言えば「心側」からのアプローチでした。

そんな僕が、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」を総合的に見て思った事。

それはやはり「心側からのアプローチも大切だったんだ」という事です。

要するに、この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」に、あえて足らないものがあるとすれば、それは「心側からのアプローチ」となる部分はないかと思います。

その方向性でのより明確な「方法」があれば、いざこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」でパニック障害を実際に克服した際、より確かな安心感が得られるのでは無いか、と思いました。

この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」で提唱している首を良くする事でパニック障害を改善していくアプローチ。

それと同時に僕がパニック障害を克服した「心側からのアプローチ」も併せて試みていく事で、身体的にも精神的にも「パニック障害を克服していく自分自身に自信が持てるのでないか」と思った次第です。

僕がパニック障害を克服した「心側からのアプローチ」について

では、そんな「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」に足りない部分だと思った、僕が実際にパニック障害を克服した「心側からのアプローチ」という方向性の克服方法について、もう少しお話ししておこうと思います。

僕は、1996年に激しい発作を起こしパニック障害と診断されました。

その時の発作は本当に猛烈で、その発作そのものがトラウマになってしまった程です。

そして、その決意を固めてから約3年間。

同じ悩みを抱えている人なら分かると思いますが、まさに僕は「生き地獄」を味わう事になります。

ただそれでも、僕は実際に薬を一切飲む事なく、自力でパニック障害を克服する事ができました。

その3年間は本当に地獄のような日々を送る事になってしまいましたが、パニック障害と診断された時、僕自身の心の中から聞こえて来た

「薬を飲むな!依存してしまうぞ!」

という声に従い、今は本当に良かったと思っています。

何度も襲ってくる猛烈な発作は生きた心地を一瞬で奪い、いとも簡単に何十回も何百回も僕を死の恐怖へと陥れました。

何度気が狂いそうになった事かしれませんが、それでも僕は頑なに薬を飲む事はありませんでした。

医者にも「こんな激しい発作で薬を飲まない人は居ない、薬を飲めば格段に楽になるよ」と言われました。

ただそれでも僕はその誘惑には一切耳を貸さず激しい苦しさを選びました。

『薬を飲んで、発作を抑えてもそれは気休めでしかないし、その抑圧された発作はいずれ必ず症状となって現れるはずだ。』

と思ったからです。

僕はそんな幸せの前借りのような事はせず、その時に真っ向から立ち向かうと決めたんです。

本当に苦しかったあの当時。

薬の力に頼らず自分の心の声だけを信じ、すべての発作をひとつひとつ逃げずに直視し来ました。何度も逃げ出したい気持ちになったか数え切れません。

しかも、当時は今のように認知度も全くないような時代ですので、薬を飲まずに治したという人の情報がまったく無い時代。

それでも、自分の決断は間違って居ないと信じ、腰まで泥に埋れているような光の見えない闇の世界を独り歩いていました。

そんな時、ふと一筋の光が僕の目の前にハッキリと見えたんです。

そしてそれは「薬に頼らずにパニック障害を克服する」という事の正しさを確信した瞬間でもあったのです。

ただ、始めてパニック障害と診断されてから3年以上が経ち、僕の周りには友達も誰も居なくなっていました。

僕がその瞬間を迎える事が出来た時には、既に僕は「孤独」になっていたのです。

それでも、僕はパニック障害を克服できるその光が見えてきた時、清々しく、新しく生まれ変わったというような実感が身体をみなぎりました。

そして実際に最初から最後まで薬を飲む事なく、パニック障害を克服する事ができたのです。

僕は克服までの長い道のりの中、何を感じ、何を思い、何を考え、何をして来たのか。

実はそれを「形にしたもの」が、僕の手元にはたくさんあります。

実際にパニック障害を克服していく中で、その当時救われた言葉や文章。

そして僕自身が書き留めていったパニック障害克服までの道のり。

これは同じパニック障害の悩みを抱えている人にとっては本当に勇気を与えられる内容になっていると思います。

少なくともこの記事をこうして一生懸命読んでくださっているあなたは僕と同じ悩みを抱えているか、同じ悩みを抱えている人が身近にいるのだと思います。

そこで今回、この記事を読み、この『自律神経失調症・パニック障害改善プログラム』を用いて「金輪際、薬に頼らずパニック障害を克服しよう」と本気で考えて頂けるなら、僕の方からはこのプログラムに足らないと感じた「心側からのアプローチ」をまとめた

『内面方向からのパニック障害克服プログラム』

をお付けしたいと思います。

内面方向からのパニック障害克服プログラム

首の調子を良くする事は絶対に大事で重要です。

僕がもし、パニック障害の時にこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」を使って居たなら、その克服までに至ったスピードは勿論ですが、その間の「不安」や「苦痛」も大きく軽減しながら障害を克服する事が出来たと思います。

やはり「内面的アプローチ」と「外面的アプローチ」の両側から働きかける事が、パニック障害の克服における“最も理想的な方法”だと思うからです。

この『自律神経失調症・パニック障害改善プログラム』による「外面的アプローチ」も、僕からの『内面方向からのパニック障害克服プログラム』による「内面的アプローチ」もパニック障害の悩みを抱えるあなたには間違いなく効果がある、僕の経験から言えばおそらくは「最善」と言える克服方法ではないかと思います。

僕がパニック障害を克服する為にやって来た事が具体的、且つ詳細に「全て」書いてあります。

パニック障害の克服にあたり、どのように心構えをするのか。

どうやって思考パターンを変えていくのか。

どうやって行動して来たのか。

その全てをこの「内面方向からのパニック障害克服プログラム」の中に詰め込みました。

この『内面方向からのパニック障害克服プログラム』は、このブログ、この記事を介して『自律神経失調症・パニック障害改善プログラム』を購入してくれた方への特典プログラムになります。

パニック障害克服の為の文献・言葉集

またこの「内面方向からのパニック障害克服プログラム」と併せて僕がパニック障害の真っ只中に見た本や文献で勇気を貰った言葉、自分自身で気付いた事などを書き綴った「パニック障害克服の為に文献・言葉集」も併せて提供させて頂きます。

僕が実際にパニック障害を克服するまでに勇気を貰い、モチベーションにもしてきた「生きた言葉集」です。

これもきっと「心の励み」になるはずです。

あなたがその障害を克服できる事を願って。

・内面方向からのパニック障害克服プログラム

・パニック障害克服の為の文献・言葉集

この「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」をこのブログ、この記事から購入頂ける場合の僕からの特典として、あなたへ送りたいと思います。

この『自律神経失調症・パニック障害改善プログラム』は、首の不調を取り除く方法のみでパニック障害を克服する方法に特化しているため、僕がパニック障害を克服した時にやって来た事である、思考パターンを変える方法や、パニック障害に対する認識や理解の事が書かれていません。

もちろん、それだけでもパニック障害を改善する事は出来ると思うのですが、首の調子を整えながら、思考パターンも同時に変える生き方を手にするという両側からのアプローチだったら、もっと効果的に確実にパニック障害を克服する事ができると思いました。

それを形にしたものが僕からの二つの特典プログラムです。

ただ何よりも重要な事はまずはあなたがパニック障害の「克服」を心に決める事。

そしてその為の行動を始める事です。

決意と行動。

それに勝るものはありませんし、障害の克服にこれは必要不可欠です。

そしてその決意と行動をこの「自律神経失調症・パニック障害改善プログラム」と僕からの「内面方向からのパニック障害克服プログラム」へ向けてみて頂ければ、おそらく僕はあなたの決意さえ揺らがなければ、その障害はほぼ間違いなく克服できるのではないかと思います。

いずれにしても、今、踏み出す第一歩が最も重要です。

その一歩を踏み出せば・・・きっとその先には悩みから解放された明るい未来が開けますよ。

それは実際にパニック障害を克服して、明るい毎日を送っているこの僕が保証します。

あの地獄ような3年間があるからこそ、同じ悩みを持っている人の痛みもわかりますし、それを克服出来た後の日常の幸せの「重さ」も、人一倍わかっているつもりです。

そのどちらも僕はこの身を持って体感しているからこそ、その一歩を踏み出して欲しいと思う次第です。

この記事が以前の僕と同じ悩みを持つあなたに少しでも勇気を与えるきっかけとなり、そして障害の克服のきっかけになれば嬉しいです。

>自律神経失調症・パニック障害改善プログラムの購入はこちらから

追記:自律神経失調症・パニック障害改善プログラムのサポートは必要か。

この自律神経失調症・パニック障害改善プログラムのにはサポート付きの購入プランとサポート無しの購入プランがあります。

サポートありのコースをご購入した方が良い、と僕が思う人はこのプログラムの著者である金本博明さんの『かねもと鍼灸整骨院』の所在地である大阪付近にお住まいの人。

あとはパニック障害になって日が浅い人は、サポートありのコースで購入された方がいいのではないかと思います。

パニック障害を発症した当初というのは、とにかく不安感が強く、おそらく大きく絶望の淵に立たされている事と思いますので、実際に『かねもと鍼灸整骨院』に行き、金本博明さんとお話される事が大きな安心感に繋がると思います。

そして、施術を金本博明さんから受けながら、付属DVDのアドバイスを直接してもらう事で。より正しいやり方が分かり、また疑問等も解消されるのではないかと思いました。

サポートありと、サポート無しの金額の差がたった3,000円の違いですので、かねもと鍼灸整骨院に直接行くことができる方であれば、サポートありのコースがお得だと思います。

また、分からない事をメールで相談する事ができるというのも、パニック障害になったばかりの人にとってはとても安心できると思います。

ただ、ひとつだけ言っておきたい事は、パニック障害を克服するのは自分自身の力でしかありません。

誰かに頼りたい気持ちが強く、誰かに依存してしまうとパニック障害は治りませんので、そこは注意してください。

そのあたりは金本博明さんも分かっていると思いますので依存させてしまうようなサポートはしないものと思いますが、それでも当事者自身がその認識を持っておく事は非常に重要です。

逆にサポート無しのコースをご購入した方が良いと思う人は、パニック障害になって、ある程度月日が経っている人。

またパニック障害がどんなものなのかを理解していて、パニック障害と共になんとか折り合いを付けて上手に付き合っている人。

あとは薬を飲まずに自分でパニック障害を治そうと思っている人ですね。

そういう人は、サポート無しのコースでも特に問題は無いと思います。

サポートが無くても、しっかりと確実にやる事で十分に効果が得られるはずですから。

実際に毎日やっていく事で、徐々に正しいやり方が分かってくるはずです。

勿論、これはあくまでも僕の個人的意見ですので、参考までに留めてください。

サポートありのプランにするか、なしのプランにするかはセールスレターの方を読んだり、購入前に問い合わせなどをしてみて決めてもいいと思います。

>自律神経失調症・パニック障害改善プログラムの購入はこちらから

長文となってしまいましたが、お付き合い頂きありがとうございました。

あなたが障害を無事克服し、僕のように「その経験さえ貴重なものだった」と前向きな人生を送れる日が来る事を願っております。

思い悩むより、行動。

何事もそうですが、これが何より大切ですよ。

足立博

足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。

クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。

購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。

巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

“自律神経失調症・パニック障害改善プログラム(かねもと鍼灸整骨院 金本博明)レビュー” への6件のフィードバック

  1. 清水 猛 より:

    こんにちは
    はじめまして、清水と申します。足立さんの、パニック克服方法たいへん励みになりました。自分もやってみます。

  2. しげ より:

    足を骨折して入院中にパニック障害と診断されました。まだ足も治っておらず、おまけにパニック障害の軽い発作もありますが足立さんのサイトで勇気をもらいクスリを断ちました。軽い発作と頻繁にくるムズムズ、辛いけど足が治り仕事に復帰できればパニック障害も治ると信じて、また覚悟を決めて臨みたいと思ってます(^-^)/

    • candy_admin より:

      しげさん、コメントありがとうございます。よく薬を断つ決断をしましたね。素晴らしい事だと思います。そして、早い段階で薬を断つ事ができて良かったと思います。多くの人が、この段階で薬に頼ってしまい薬に依存してしまいます。この感じのままいけば、しげさんは早い段階でパニック障害を克服する事ができると思います。頑張って下さいね。

  3. しげ より:

    足立さん、ありがとうございます。
    薬に頼らず前向きに向き合っていくという決意からまだ1週間程ですが薬を飲まなきゃっていう衝動はもうなくなりました。私の場合は妻がかなり協力してくれてますので助かります。またなにより足立さんのこのサイトに勇気を頂いて頑張る事が出来ます。
    同じ悩みをかかえてる皆さんも、ホントに頑張ってもらいですね。

  4. おさむ より:

    足立さん、内面方向からのパニック障害克服プログラム』は、このブログ、この記事を介して『自律神経失調症・パニック障害改善プログラム』を購入してくれた方への特典プログラムになります。とありますが具体的にどのように
    購入すれば、足立さんの内面方向の克服プログラムが付いてくるのでしょうか?

  5. じぃ より:

    先ごろ、メルアドにも登録させていただきました。

    実は自律神経失調症の症例に該当するような症状が自身に
    表れまして、その改善のための『自律神経失調症・パニック障害改善プログラム』レヴューの閲覧でこちらのブログにたどり着きました。

    まだ全てのコンテンツを見るには到底ですが、当たり前のことが当たり前にできていなかったことを知らされるばかりです。それが確認できただけでも足立さんには感謝しています。ありがとうございます。

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ