成功出来る人、稼ぐ事ができる人と「出来ない人」の違い。

足立です。


ネットビジネスの世界に限らず、ビジネスの世界では当然ながら「成功出来る人」と「出来ない人」がいます。


どんなビジネスでも「稼げる人」と「稼げない人」がいるわけです。


そして、それぞれの定義として「稼げる人」は『実際に稼げた人』であり、「稼げない人」は「実際に稼げなかった人」です。


物凄く、当たり前の事を言っているようですが、「稼げなかった」という『結果』は、その人が「あ~稼げなかったな。」という気持ちになり、そのビジネスを断念してしまった瞬間に生じます。


要するに、その「諦め」の状況に至らなければ、その人は普通に「稼ぐ為の行動を起こしている途中」と言えるわけです。


これが、実質的な「稼げる人」と「稼げない人」の線引きであるという前提を踏まえて、今日は、実際にビジネスの世界で成功出来る人、稼ぐ事が出来る人とそれが「出来ない人」の違いを紐解いてみたいと思います。

成功出来る人、稼ぐ事ができる人と「出来ない人」の違い。

現在、僕は一応は「ネットビジネス」という市場におけるアフィリエイトというビジネスで実際に「稼ぐ事」が出来ています。


成功者と言うにはまだまだ、ほど遠いレベルですが、人様の基準で見れば、僕レべルの人間でも「成功者」に映る事もあるようです。


では、何故、僕はこうして「多くの人が稼げない」と言われている、アフィリエイトで稼ぐ事が出来ているのでしょうか。


乱暴にその答えを言い切ってしまうなら、それは「稼げるまで行動してきたから」に他なりません。


人によっては、それを「努力」というのかもしれませんが、その「努力の定義」は別として、僕が稼げるまで行動し続けてきた事だけは間違いないわけです。


少なくとも僕が稼ぐ事が出来ている要因を「努力をしてきたから」という言うのは、ちょっと違います。


何故なら、世の中で努力をしたにも関わらず、稼ぐ事が出来ていない人はたくさんいるからです。


ですので、あえて「努力」という言葉を使うなら、「稼げるまで努力をしたから稼げた」というのが正しいかもしれません。


では逆に、稼ぐ事が出来ない人、成功する事が出来ない人は、何故「稼げなかった」のでしょうか。


とどのつまり、これは「稼げるまで行動しなかった事、努力しなかった事」これが1つ挙げられる事は間違いありません。


そして、稼ぐ事が出来ない人、成功出来ない人は、その「行動」や「努力」においても稼げるようになるまでの「試行錯誤」が足りない傾向にあり、その「試行錯誤」も途中で辞めてしまう傾向になります。


要するに行動力、努力という名の「力」が足りないんです。


そしてすぐに自分の中で「辞める理由」「試行錯誤しない理由」を見つけ、自分に言い訳をして行動を辞めていきます。


「時間がないから」
「思ったより難しかったから」
「分からない事が多いから」


そして、こういう「言い訳」を自分の中でする人はとにかく「答え」や「結果」だけを求めます。


とにかく「行動や努力を放棄する理由」を見つけ、そしてそれを「放棄する術」をひたすら求め、結局それが見つけられず、諦めてしまうわけです。


それこそ、その「行動や努力を放棄する理由」「放棄する術」を求めているような人がよく手を出しているのが「楽をして稼げる系」の情報商材です。


裏を返せば、そういう情報商材を売っているような人は、そういう人をターゲットに狙っているんです。


ですので、そういう情報商材にお金を払おうとしている時点で、その人はもう根本的に「稼げない思考の人」である可能性が高いです。


稼げない人=行動を避ける理由、努力を避ける術、そればかりを求める人。

要するに「お金を稼ぐ事」の本質はシンプルで簡単です。


稼げるまで行動する事、努力する事。


それがほぼ全てです。


それが「楽」で「簡単」とは言いませんが、その本質はシンプルなのです。


『行動をしない人』『言い訳をする人』『努力を避ける人』


本当にあなたが何かのビジネス成功し、稼いでいきたいなら、このような人に「ならない事」が成功する為、稼ぐ為の鉄則と言っていいと思います。


『行動する人』『言い訳をしない人』『努力を避けない人』


そういう人になればいいんです。


結局のところ何かのビジネスで成功し、成果を上げていくには、然るべき方法論、知識を身に付け、あるべき手順を1つ1つ踏んでいくしかありません。


そうして1つの物事を「やり抜く事」が全てであり、やり抜かない事には成果は上げられません。


成果を上げていかない事には、成功も見えて来ないんです。


そういう点で僕がよく思うのは『単調で飽きる仕事を続ける事で成果が出る』という事です。


どんな仕事、ビジネスでも、そこには少なからず努力をしなければいかないポイントがあり、そういうポイントは総じて「単調で飽きてしまうような工程」を積み重ねていく必要があるものです。


そういう努力すべき工程を避けて結果を出し、稼いでいくような事はほぼどんな仕事でも「出来ない」と思います。


それが本当の意味で「稼ぐ力を身に付ける」という事なんです。


「努力を避けない事」「努力を避ける方法ばかりを求めない事」


ネットビジネス業界で成功出来ない人が多いのは、そういった「努力を避ける方法」を求める人が非常に多いからであり、そこに輪をかけて「そういう方法」があるかのように思わせる情報、人達が多いからです。


本当にネットビジネスで結果を出していきたいなら、その輪の中に決して足を踏み入れない事ですね。


まずはその「真実」に気付いてください。


そして「努力する事」「行動する事」を受け入れてください。


そこを前提に正しく行動していけば、いつかは必ず結果を出せるのがネットビジネスの世界です。


その為に学ぶべき事、やるべき事、そして「やらなければならない事」は、少なからず、僕なりの観点でこのブログやメールマガジンなどで全て公開しているつもりです。


それは決して「努力を避けられる方法」ではありませんが、努力をすれば必ず結果を出せる方法でもあります。


是非、そこから学べるものを学んでください。


そして行動を起こしていってください。


少なくとも僕が知る限りでは、ネットビジネスで結果を出していく為の本当の「最短ルート」を示している自負がありますので。


>Hiroshi Adachi-BLOGコンテンツ一覧


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ