広告ビジネス(アフィリエイト)と転売ビジネスのメリット、デメリット。

足立です。


ネットビジネスで自立したい、成功したいと考えた場合、特定のビジネスを前提にそれを目指す人もいれば、ネットビジネスで自立する事を前提にビジネスを選択する人もいると思います。


ただ、どちらにしても、そこで実際に参入していく事になる「ネットビジネス」と言えるものは、


・広告ビジネス(アフィリエイト、YouTubeアドセンスなど)
・転売ビジネス(せどり、転売、輸出)



この2つのいずれかに集約されるのが実状であり、いざ「ネットビジネス」を始めていく場合は、おのずとこのどちらかのビジネスに参入していく事になるわけです。


一応、僕は店舗を構えての「バリ島家具の輸入ビジネス」をネットで展開し、そこからこのようなブログを立ち上げて「アフィリエイト」をサイドビジネスとして展開していきましたので、


転売ビジネス(輸入転売) ⇒ 広告ビジネス(アフィリエイト)


という流れで「どちらのビジネス」も経験し、そして双方を今も継続しているような状況にあるんです。


そんな僕から見て、実際にどんな人がせどり、輸入、輸出などの「転売ビジネス」に向いていて、どんな人がアフィリエイト、YouTubeなどの「広告ビジネス」に向いているのか。


今日はそんなテーマで講義してみたいと思います。

広告ビジネス(アフィリエイト)と転売ビジネスのメリット、デメリット。

まず、広告ビジネス(アフィリエイト、YouTube)と転売ビジネス(せどりなど)は、それぞれにメリット、デメリットがありますので、一概に「どちらが良い」という事が言えるものではないと思います。


ですので、どちらのビジネスに参入していくか。


どちらのビジネスを足掛かりにしていくかは、そのメリット、デメリットを踏まえて「自分に合ったもの」を選択していくべきなんです。


ただ、率直なところで「どちらが自分に合っているか」を判断する基準としては、


「すぐにでも結果(収入)を求めたい状況なのか否か」


が主なポイントであり、もしもいち早い結果(収入)を実際に求めたいなら、そのニーズは「転売ビジネス」の方が満たせる可能性が高いものだと思います。


言い方を変えるとアフィリエイト、YouTubeなどの「広告ビジネス」は、ある程度、長期的な視点で結果(収入)を見込んで参入するべきものと言えるわけです。


基本、転売ビジネスは「仕入れて売る」というプロセス1つで、即時、その差額が「利益」になりますからね。


せどりにせよ、輸出にせよ、輸入にせよ、大抵は「アマゾン」や「ヤフオク」などの確立された市場を利用しますので、その「仕組み作り」などにも全く時間を取られません。


だからこそ、やはり結果(収入)を得るまでのスピードは非常に早いんです。


対してアフィリエイトなどの広告ビジネスは、まずは自分のメディア作りが必須になりますし、そこへの集客が図れて初めて成果が出始めます。


そこにはどうしても一定の期間、時間を要しますし、その為には少なからず、その「稼げるメディア作り」に必要なスキルも身につけなければなりません。


それこそ、このブログでもよく言及している「コピーライティング」のスキルなどは、まさに「稼ぐために身につけるべきスキル」の1つに挙げられるものだと思います。


そういったスキルの習得やメディア作りなどにどうしても期間、時間を要してしまうのが、転売ビジネスに対しての広告ビジネスのデメリットなわけです。


「結果(収入)」を早く求めたいなら転売ビジネス。

ただ、広告ビジネスは必要なスキルを習得し、稼ぐためのメディアを構築したなら、ほぼ「ほったらかし」に近い状況でも収入を得られるようになります。


先立つ結果までに時間がかかり、最初は大変な部分もありますが、先々、大きなリターンを少ない労力で得られるようになるのがアフィリエイトのような広告ビジネスのメリットなわけです。


対して、せどりなどの転売ビジネスは、結果が出るのは早いものの、その手間や労力をリターンに変えられるビジネスですので、収入と労力はある程度、否定し続けます。


広告ビジネスのような「ほったらかし状態で稼ぐ」という事は基本的には「出来ない」という事です。


ですので、とくに目先の結果をそこまで重視せず、後々、少ない労力で大きなリターンを得られる仕組みを作る前提で、然るべきスキルの習得やメディア作りなどに伴う努力、労力を覚悟できるなら広告ビジネス。


そういったスキルを習得する努力や、メディア作りなどの労力を避けたい場合や、すぐにでも結果(収入)を求めたい場合は転売ビジネス。


率直な判断の基準としては、このような視点で参入していくべきビジネスを定めていけばいいと思います。


ただ、これは強いて「どちらか1つにしなければならない」というわけではありませんので、両方を並行して取り組んでいく意欲があり、物理的にもそれが可能なら、両方を同時に進めていっても問題ありません。


そういった選択肢も含めて、自分が求めたい結果や後々の展望、また、自分自身の現状や意欲などを前提に「ネットビジネスの方向性」や「進め方」を定めていけば良いという事です。


転売ビジネス、広告ビジネス、それぞれのハードル。

ただ、どちらのビジネスにもそこへ参入して結果を出していくには少なからず「超えるべきハードル」があり、それらを現実的に越えられるかも重要なポイントになります。


広告ビジネスの方は既にお伝えしているような「然るべきスキルの習得」や、それを駆使した「メディア作りそのもの」がハードルになりますが、転売ビジネスは先立つ「仕入れ」を行う際にある程度の「資金」が必要になるはずです。


また、仕入れを店舗などで行っていく場合は「時間的な制約」も生じてくるはずですし「仕入れのノウハウ」や「転売のノウハウ」などを何らかの形で確立(入手)しなければ、やはり継続的に稼いでいく事は出来ません。


ただ「仕入れに要する資金」や「仕入れに要する時間的な制約」などのハードルは、その「手法(市場)」や「ノウハウ」によって避けられる余地があるため、


「自分は転売ビジネスをネットビジネスの足掛かりにしよう!」


という場合は、そういったところも含めて自分に合った転売手法(ノウハウ)を選ぶようにしてください。


先立つ仕入れ資金が不要な形で取り組めるものや、ネットのみで完結できるものなどですね。


ですが、転売系のノウハウを提唱している情報商材などは、かなり粗悪なものも多いので、そこは注意が必要です、、、。


それこそ僕が知る限りで本当に有効なノウハウを提唱している転売系の情報商材は片手に納まりますから、それくらい転売系ジャンルの情報商材は「使えないもの」が非常に多いです。


一応、僕の方では、


・身近なフリーマーケットで仕入れが出来る転売ノウハウ

・ネット転売のみで完結できるプレミア音楽CDの転売ノウハウ

・仕入れ資金が不要な中古車の輸出転売ノウハウ



この3つのノウハウをそれぞれ推奨していますので、もし、あなたが求める条件に見合うものがあれば、僕のレビューと併せて各詳細ページの方を参照にしてみてください。


【身近なフリーマーケットで仕入れが出来る転売ノウハウ】

⇒ ●●●●転売ビジネス公開マニュアル


【ネット転売のみで完結できるプレミア音楽CDの転売ノウハウ】

⇒ 次世代型せどり・転売メゾット「せどりインサイダー」


【仕入れ資金が不要な中古車の輸出転売ノウハウ】

⇒ 中古車輸出実務講座


対して、とくに目先の結果をそこまで重視せず、後々、少ない労力で大きなリターンを得られる仕組みをしっかりと構築したいという場合は、僕が企画しているこちらがお勧めです。

⇒ 足立博流ネットビジネススターターキット「0→1」(ゼロワン)。


こちらは僕がこのブログで行っている事をそのまま体系化しているものでもありますので、広告ビジネスを視野に入れるなら、一度、目を通してみてください。


以上、ネットビジネス参入時における広告ビジネス(アフィリエイト)と転売ビジネスのメリット、デメリット、その参入基準についてでした。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン
物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ