学んだ知識をネットビジネスで価値のある知識に変える簡単な方法。

足立です。


人はなんで学ぶのでしょうか?


そんな事を真剣に考えてみた事はありますか?


今回は「自分が学んだ物事」を、例えそれがどんなものでも、それをネットビジネスに活かしていく方法について書いてみたいと思います。

学んだ知識をネットビジネスで価値のある知識に変える簡単な方法。

人は小学校に入ると毎日授業という『勉強の場』を有無をいわせず与えられ、勉強をする事で人は少しずつ知識を増やしていきます。(ここで言う勉強や学びは知識を増やしていく事を言っています。)


しかし、子供たちは“なぜ勉強しているのか”よく分かっていません。


そして、テストで良い点を取り成績が良いと親が褒めてくれるので、いつしか子供たちは親とテストのためだけに勉強するようになります。


やがて、子供たちが年齢を重ねると今度は進学に必要な受験のための勉強へと意識が変わっていき、受験や進学のために勉強をするようになっていきます。


しかし、本来の勉強の目的は一体なんなのでしょう?


大人たちは言っていました。


『良い成績を取るため』『良い学校に行くため』『良い会社に就職するため』に勉強をするんだ、と。


それまで勉強して知識を身に付けてきたのは、本当にそれだけが理由なのでしょうか?


テストで良い点を取り、良い学校に進学するためだけに人は勉強をしているのでしょうか?


僕が思うには、親や学校の先生を含む大人たち自身も、『なぜ勉強をするのか』に対する明確な答えを持って居なかったのだと思っています。


今の僕には『なぜ人は学ぶのか?』の答えが明確にあります。


僕は中学を中退しました。


14歳の時には更生施設にも入っていたので、まともに義務教育を受けていたのは小学6年生までです。


そんな僕が『なぜ人は学ぶのか?』の答えが自分の中に明確にあるのです。


皮肉な事に僕は義務教育から投げ出されてからこの事を学びました。


僕が思う、『なぜ人は学ぶのか?』の答え。


それは『人のために学ぶ』です。


何故、学ぶのか。の本質。

綺麗事に聞こえる、この“人のために学ぶ”とは一体どういう意味なのか、もう少し詳しく説明して行きたいと思います。


人が学ぶと自分の中に知識が蓄えられます。


学ぶとは知識の引き出しを自分の中に増やす事でもあります。


もちろん、引き出しを増やすだけでは意味がありません。


ですので、その蓄えられた知識を忘れずに覚えている事が重要になります。


なぜなら、その知識が必要な時にいつでも取り出せて使えなければ意味がまったく無いからです。


「知識が必要な時」とは一体どんな時の事を言うと思いますか?


それは「人が困っている時」です。


今まで学んで来たのはこのためです。


その人の役に立つ知識を自分の中の引き出しからサッと取り出して使うために人は学んで来たのです。


『良い成績を取るため』でも『良い学校に行くため』でも『良い会社に就職するため』でもありません。


「学ぶ事の本質」は学んだ知識を人の為に使う事なんだと、僕はそう思っています。


つまり人は、人の役に立つ為に学ぶんですね。


それが、『なぜ人は学ぶのか?』の僕なりの答えです。


知識は蓄えるだけではいけないという事であり、蓄えただけの知識のほとんどはまずすぐに忘れてしまいます。


その証拠に、ですがあなたは小学校、中学校の時に学んだ算数、数学の方程式や公式を幾つ憶えていますか?


おそらく実際に勉強したものの半分以上は憶えて居ないのでは無いでしょうか。


このように、蓄えただけの知識は忘れてしまうので「知識」はそれを実用的に使っていってこそ記憶に残り、価値を生み出していきます。


これはネットビジネスやアフィリエイト、またコピーライティングのスキルなども全く同じで、どんなに書籍や情報商材でその知識だけを詰め込み、蓄えていっても、実用的に使っていかなければ、その知識はすぐに消えてしまうんです。


要するにそれらを学ぶ為、知識を詰め込む為に使った時間が全て無駄になってしまうんですね。


だからこそ、培っていった知識はしっかりと実用していかなければなりません。


どうやって?


その答えは僕のブログやメルマガで幾度と伝えていますが、一応今回もこの方法をしっかりと伝えておきたいと思います。


学び取った知識を実用し、日常やネットビジネスに活かしていく方法。

それはズバリ僕のようにその知識を情報発信の「ネタ」にしていく事です。


まさにこのブログ、そしてメールマガジンで僕が発信している情報は、僕が実際に学んできた事を形にしているものに他なりません。


実際に僕自身が学んだ事を記事に、メルマガにしていっているんです。


このような形で「アウトプット」していく行為は自分自身でも改めて知識や情報を整理出来ますので非常に効果的です。


自分自身にも効果的であり、またそれを読んでくれた人達にも喜んでもらえるわけですね。


更に僕のようにブログやメールマガジンで価値のある情報などを「アフィリエイト」していけば、お金まで稼げてしまうという一石二鳥(三島?)のインプット&アウトプット方法だと思います。


自分に学んできた事を自分の頭の中で思い返しながら知識をアウトプットしていく事で、その情報全体が整理されていくわけですね。


実際にそれを継続してきた事で結果としてブログのアクセス数とメルマガの読者が増えていったのですが、それは今思うと必然的な事かもしれません。


ためになる、とか勉強になると思ってくれた人がブログを読んでくれたり、メルマガに登録してくれたりするのは自然な流れだと思うからです。


このように自分が学んできた知識をブログやメルマガで発信しておけば、自分自身がその事を忘れないだけではなく、結果的にブログ読者の勉強にもなり、役に立つ価値のある知識として循環させる事ができます。


そして、読者と知識を共有する事で結果的に、読者数が増えてメルマガ登録してくれる人が必然的に増え、ネットビジネスで成功するための基礎が出来上がってしまうというわけです。


僕は学んだ事をブログに書いたりメールマガジンのネタにしていっただけ。


それで学んだ知識を忘れず、少なからず読者の方々の役に立っているんです。


これこそが「人が学ぶ事の意味」そのものだとは思いませんか?


情報発信ビジネスのススメ。

日本で生活している多くの人は勉強が始まった小学生の頃からテストのためや進学するためや就職するためだけに、勉強が必要だと教えられてしまっています。


でも、それは本質的な「学ぶ」という事とは違うと僕は思います。


学んだ知識を蓄えたままでは、いずれ忘れてしまうので、忘れる前にその知識を使っていく事、アウトプットしていく事が必要になります。


それこそが蓄えた知識を忘れないためだけではなく、人のために役立たせる方法でもあるんです。


学んだ知識を人のために使った時初めて、学んだ事と知識に対して最大の価値が生まれるのでは無いでしょうか。


知識は使って初めて価値が生まれるのであり、これはお金と一緒だと思います。


百億円持っていても、もったいないからという理由で何も買わず一円も使わなければ、一万円しか持っていない人が一万円を使った時の方が断然お金としての価値が生まれます。


百億円持っていても何も使わないのなら、それは一円も持っていない事と同じ事です。


お金は使った瞬間にお金としての価値が発生するのです。


知識もお金とまったく同じです。


蓄えていただけで、一切使わなければそこに価値は絶対に生まれないのです。


さらに、知識は使わなければ無くなってしまう性質があります。


本当の意味で価値がゼロになってしまいます。


それでは、何のために学んだのかさえ分からず、本末転倒で学んで来た過程はもちろん、そこに費やして来た時間や労力やお金すらも、すべてが無駄になってしまいます。


人は誰もが1人では生きて行くことができません。


「自立しているから自分1人でも生きていける」という意味の話ではありません。


1人では生きていけないという意味は、「家はどこに住むのですか?」「食材はどうするのですか?「トイレは?」「汚物は誰が綺麗に処理をしてくれているのですか?」という意味での1人では生きていけない、という意味の話です。


知識を蓄えたらそれを誰かのために使って循環させて初めて人として、社会に貢献しながら生きていく事ができるはずです。


こうして自分が出来る事を何かしら社会の役に立ちながら人は共存共栄しているはずです。


人は自分が学んだ知識を、その知識が必要な人に正しく伝える事で社会貢献できるのだと思います。


人の役に立って初めて、学んだ知識の価値も、さらには自分自身の価値も上げていけるのでは無いかと思っています。


学んだ知識を、価値のある知識に換えるには、人の役に立たせる以外には無いのだと思います。


そういう「知識(情報)の発信(アウトプット)」でネットビジネスの世界は実際にそれをお金に換えていく事が出来るんです。


そういった情報発信を「文章」で行っていきたい人はこちらの記事。

>足立流情報ビジネス講座


「動画」の方で行っていきたいという人は、こちらの記事も参考にしてみてください。

>Youtubeプレナー育成プログラム


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ