分かりやすい文章の書き方。

足立です。


このブログでは度々「コピーライティング」という文章についてのお話しをしているのですが、このネットビジネス業界では文章が「下手」な人ほど、何故か「難しい文章」を書こうとする傾向にあります。


下手というのはちょっと語弊がありますが、要するにあまり「結果を出せていない人」「経験を積んでいない人」ほど、“小難しい文章”を「書こうとする傾向」「書いている傾向」にあるんです。


ただ、その理由というか、そういう文章を書いてしまう人の原因、要因はある程度、ハッキリしています。


それは単純に「小難しそうな文章を書く事で自分を賢く見せようとしている」んです。


これを意識的にやってしまっている人もいれば、無意識的にやってしまっている人もいると思いますが、アフィリエイトなどのビジネスで収入を得る為にブログやメルマガを書いている人で「結果」を出せていない人は、大抵、その「小難しい文章を書いてしまうスパイラル」にハマっている場合が多いです。


もしもあなたがブログやメルマガなどをやっていて、たくさんの文章を書いているのに上手く結果を出す事が出来ていないなら、もしかすると無意識的にこのスパイラルに陥っている可能性があります。


今日のお話しはそんな「小難しい文章」を、いかに「分かり易い文章」にしていくかというお話になりますので、思い当たる節がある人は是非、お付き合いください。

分かりやすい文章を書く秘策。

まず、当たり前の事ですが、あえて「難しい文章」「小難しい文章」を読みたいと思う人はいません。


そして「難しい文章」「小難しい文章」を読ませても、その文章を書いた人が「賢い人」と思われる事もさほど「無い」と思います。


結局それは「話が分かりにくい人」という印象にしかならないからです。


やはり多くの人は「分かりやすい文章」にこそ、反応します。


話が分かりにくい人の話を聞くより、話が分かりやすい人の話を聞きます。


まあ、当然の事ですよね。


何より、こういったブログやメールマガジンの文章で読んでいる人の「反応」を取っていきたいなら、やはり「分かりやすい文章」を書いていく事は、ビジネス的な面でも必要不可欠だと思います。


まずは「自分が伝えない事」をきちんと理解してもらえない事には話にならないからです。


文章を読んでいる方も、その人の言っている事が理解出来て、初めてそこに「共感」などの感情を抱きます。


少なくとも、自分の文章でその読者を「惹きつけたい」のであれば、主張そのものを「理解」してもらい「共感」してもらうというプロセスは不可欠ですし、それを重ねていってこそ「信頼」や「尊敬」というものを勝ち取れます。


言っている事が根本的に理解出来ない人の事を尊敬する人、信用する人はまずいません。


だからこそ、この手のブログやメールマガジンでは、まず第一に「分かりやすい文章を書いていく事」が、必要不可欠になるわけです。


では、どうすれば「分かりやすい文章」を書いていく事が出来るのか。


実はその「分かりやすい文章」というものの答えは、誰もが「自分自身の中」にその『答え』を持っています。


自分自身の頭の中、感覚の中に根付いているものなんです。


少なくとも「日常会話」を何の支障も無く出来る人であれば、その時点で「どういう話がわかりやすく、どういう話がわかりにくいのか」は、その正しい感覚を持っていると考えて問題ありません。


現にその日常会話の中で、人の話を聞いたり、自分の考えを伝えたりする事が出来ているんですから。


人の話を聞いて理解出来るという事は、そこに「分かる話」と「分からない話」の線引きを自分の中で出来ているという事になりますので、少なくとも自分の感覚的な線引きの中で「分かりやすい話」と「分かりにくい話」の境界線があるという事になります。


勿論、これは口頭での「会話」の話になっていますが、この「会話」における感覚は実質的には文章においても全く同じ事が言えますので、何ら変わりがあるものではありません。


つまり自分自身の感覚の中で「分かりやすい話」と「分かりにくい話」の線引きがある以上、基本的には「その感覚」をそのまま文章に落とし込んでいけばいいという事です。


あとは、実際に自分が書いた文章が「分かりやすい話(分かりやすい文章)」になっているかどうかを客観的に読み返していくようにして、もし分かりにくければ、それを手直ししていくようにすればいいんです。


最初は、その手直しの部分が非常に多くなるかもしれませんが、そうやって「自分で気付いた点を自分で直していく」という事を繰り返していく事が、そのまま「分かりやすい文章を書いていく事」の訓練にもなっていきます。


要するに「分かりやすい文章」を書いていく上では、変に「分かりやすい文章の定義、ポイントはこうである」というような、それこそ小難しいポイントや理論を頭に詰め込み、それを意識して文章を書いていく必要は無いという事です。


ただ単純に「分かりやすい文章を書いていく」という点については、既に自分自身の中に感覚的にあるものを形にしていけばそれで十分です。


あなたが感覚的に「分かりやすい」と思う文章であれば、それは他の人が読んでも「分かりやすい文章」になっているはずだからです。


少なくとも日常的に人との会話が普通に出来ているという人であれば、その辺りの感覚がそこまで人とズレているという事は無いと思います。


このブログでも公開しているようなコピーライティングのテクニック等は、その必要最低限の「分かりやすい文章」の中で活用していくべきものだという事ですね。


>足立博のコピーライティング講座一覧


参考にして頂ければ幸いです。


Hiroshi Adachi


文章・コピーライティング講座

>足立博のコピーライティング講座一覧


足立博の無料メールマガジン
物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ