僕がコピーライティングの重要性を説く理由。

足立です。


僕のこのブログは「アフィリエイト」というビジネスで収入を得ていく事を目的に運営しているものになりますが、僕自身は決して専業のアフィリエイターというわけではありません。


むしろ本業は店舗での物販業の方で、ネットビジネスという点でも約10年前から物販のサイトもやっています。


あとはカメラマンとしての仕事やデザイン関係の仕事もしていますので、そういう仕事を含めると僕はアフィリエイターでもあり、店舗オーナーでもあり、クリアイターでもあるわけです。


そんな幾つもの肩書を持っている為、僕はこのブログでも「アフィリエイター」という肩書きではなく、マーケティングクリエイターという肩書きを名乗っています(これは完全に僕の造語ですが 笑)


ですので、このブログで発信している情報に関しても、僕はとくに「アフィリエイタト」というビジネスに特化した情報を発信をしている訳ではありません。


時折、コピーライティングや集客についての講座をお届けしていますが、あれらは決して「アフィリエイト」というビジネスだけにフォーカスして発信しているものではないわけです。


あくまでも「インターネット」というフィールドで使える「マーケティング」に役立てられる情報を発信しているわけですね。


要するにこのブログで発信している情報の1つ1つは、情報商材のアフィリエイトにも役立つものですし、物販にも役立てられるものだという事です。


実際、僕自身がその両方に活用している知識、ノウハウなので、僕の意識としてはインターネットマーケティング全般に活用出来るその「本質」的な情報のみを発信していくように心がけています。


僕自身そういった「本質的な知識、ノウハウ」こそが、ネットビジネスで成果、結果を出し続ける為には、何よりも最重要と言えるレベルで「必要なもの」だと考えているからです。


そして僕がインターネットマーケティングを展開していく上で、最もその重要度が高いと考えている「本質的」なスキル。


それが幾度とこのブログでもその重要性を説き、またその関連講座をお届けしている「コピーライティング」というスキルです。

僕がコピーライティングの重要性を説く理由。

僕が最も重点的にコピーライティングの重要性を説く理由。


それは他でも無く、このコピーライティングというスキルこそが、最もインターネットマーケティングにおける基盤、基礎、骨組みを作る上で役立てられるからです。


更に言うと、僕はこのコピーライティングというスキルはインターネットマーケティング、ネットビジネスに限らず、あらゆるビジネスにも役立てられる「ビジネスというものの本質を追及出来るスキルでもある」と思っています。


僕自身、実際に実店舗の経営においても、このコピーライティングのスキルを活かす事が出来ているからです。


例えば、実店舗で商品についての事や、こだわりなどをポップに書いているのですが、そのポップを読んで接客を一切せずに物が売れている事などは、まさにコピーライティングの力以外の何物でもありません。


店の外にもポップがありますが、そのポップを読んで新規客が店に入って来て、店内のポップを読んで商品を買ってくれるのです。


これは、コピーライティングの力で、お客さんが商品に興味を持ち、その商品を欲しいという気持ちにさせる事が出来ているという事を意味していると思います。


そしてコピーライティングのスキルはそういった「文章」や「コピー」というものに限らず、営業や商談などにもそのまま役立てていく事が出来ます。


コピーライティングは「言葉」で人を説得し、誘導するスキルですので、それを商談や営業に役立てられないはずがありません。


つまりこのコピーライティングというスキルは、「人」を相手にするビジネスであれば、どんな分野のビジネスにも通用する「本質的なスキル」なのです。


インターネットマーケティングやネットビジネスに特化した見方をしても、僕がやっているアフィリエイトなどのビジネスには勿論の事、物販系のビジネスにも十分にこのスキルを役立てていく余地があります。


だからこそ僕は「コピーライティング」というスキルをまず高めていく事の重要性を強調して説いているわけです。


コピーライティングというスキルの本質。

また、僕が重要性を強調しているのは決して「小手先」レベルの低俗なコピーライティングスキルではありません。


それこそ情報商材のセールスレターで用いられているコピーライティングのテクニックはやたらとその「小手先レベル」のものが多く、コピーライティングを題材とする教材でもそういうものが非常に多く見受けられます。


ただただ読み手を煽るような胡散臭いキャッチーコピーなどがこれに該当します。


この業界では本当に多いですよね。


ただ、これは低俗なコピーライティング教材やアフィリエイト系の教材の中で触れられているコピーライティングについてのくだりが、そういうものを推進しているせいもあると思います。


そしてそういうコピーがあまりに溢れ過ぎている為「反応を上げるにはそういうコピーを書けばいいんだ」と捉えてしまう人がまた次から次へと出てきます。


まあ、確かにそういうコピーは一部の「情弱層」や考えの甘い、意識の低い「低俗な客層」には打ってつけかもしれません。


そういう意味では、情報商材やアフィリエイトの業界には適したコピーと言える一面もあると思います。


ただやはりそういう低俗なコピーで情報商材等を売り込んでも、大抵の場合、その情報商材はもとより、そのインフォプレナー(販売者)もそれを煽っていたアフィリエイターも評判を落とす事になります。


コピーがただの誇大広告だからであり、そういうコピーを真に受けてお金を出した客層も決して「良い」とは言えないからです。


そういった「情弱層」と呼ばれる人達に、煽り文句だらけの誇大広告で情報を売り付ければ、それは良い評判が立つはずがありません。


そんな人達を煽る事でしか反応を取れないようなスキルは「コピーライティング」とは、到底言えないと思うわけです。


少なくとも僕が考える「本質的なコピーライティングスキル」とはかけ離れたものである事は間違いありません。


結局のところそういった誇大広告等に頼っているような人というのは、本質的なコピーライティングのスキルをしっかりと身につける事が出来ていないからこそ、そのような大袈裟なだけのコピーに頼らざるを得ない訳です。


本質的なコピーライティングのスキルを身に付けていれば、そんな誇大広告や煽りに頼るようなコピーを書かなくても、いざ「反応して欲しい人達」に反応してもらえるなコピーを自在に書いていく事も可能になります。


少なくとも僕はそれがコピーライティングの本質だと思っていますので、このブログの文章等もそれを意識して書いています。


実際、僕がブログやメルマガで推奨した情報商材を購入して頂いて、不満の声等は一切頂いた事はありませんし、そのような思いは絶対にさせていない自信もあります。


時折頂く、購入者さんからのメールは本当に感謝や満足の声だけだからです。


本質的なコピーライティングのスキルを正しく学び、そのスキルを身に付けていけば、そういう「感謝されるビジネス」を真っ当に進めていく事が出来るという事です。


情弱層と呼ばれる人達を煽るような文章をひたすら書いている情報起業家さんやアフィリエイターさんは未だに多く見受けられますが、確実に一昔前よりは肩身が狭くなっているはずです。


端的に言えばそういう人達はどんどん「儲けられなくなっている」はずですよ。


そういう情報が蔓延っていた全盛期に比べれば、明らかにそういう情報やそういう情報を売る人達は減ってますし、以前、全面に出ていたような人もあまり出て来なくなっていますよね?(あの人とか、あの人とか、、、。)


結局、そのような「一過性のスキル」で「一過性のビジネス」をやっていたような人達はどんどん淘汰されていっているという事です。


ですから、どうせやるなら「本質的なスキル」をきちんと身に付けて真っ当にビジネスを進めていきましょうよ。


その方が長く、確実に大きな対価を手にし続ける事が出来るはずですから。


まずはその最初の一歩として、僕がお勧めしているのは「本質的なコピーライティングのスキルを身に付ける事」というわけです。


もし、意欲が湧いたようであれば僕がやっているコピーライティング講座の方をご覧になってみてください。


>足立博のコピーライティング講座一覧


それでは。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ