ネットビジネスとコピーライティング~その重要性と可能性~

足立です。


前回は「今後のネットビジネスの可能性」と言うテーマで記事を書かせて頂きました。


そして今回は、その「続き」と言いますか、少なくとも僕は“実際にネットビジネスを始めていくなら、このスキルだけは避けずに身に付けていった方が、より速く大きな成果を上げていける”と考えている、


「コピーライティング」


と言うスキルについてお話ししていきたいと思います。


このブログでは過去に何度もその重要性を説いていけているスキルではありますが、このブログには常に「今日が初めて」という方もいますので、今一度、改めて、


「ネットビジネスとコピーライティングの関係性」


というテーマでお話しさせて頂ければと思います。


それでは早速、いってみましょう。

ネットビジネスとコピーライティングの関係性

ひとえに「ネットビジネス」と言っても、せどりや転売、アフィリエイトや、YouTube系のビジネスなど、今は本当に幅広いジャンルのネットビジネスが存在します。


要するに「ネットビジネス」という言葉は「インターネットを介してお金を稼ぐ事」を一括りにして、そう称しているに過ぎないわけです。


ただ、結局のところ“ネットビジネスにおいて最も少ない労力で最も大きなリターン(収入)を作り出していく事が出来るスキル”というものを挙げるとするなら、それはやはり「コピーライティングのスキル」になると思います。


何故なら、コピーの力を駆使していけば『大きな収入を「継続的」に生み出し続けてくれる仕組み』を自在に作り上げていく事が出来るからです。


少なくとも、僕にコピーライティング、ネットビジネスの多くを教えてくれた方は、このコピーライティングのスキルを駆使して、数日で作り上げたサイト1つから、1億単位の収入を稼ぐような事を平気で実現しています。


「そんな馬鹿な。」


と、あなたはそう思われるかもしれません。


ですが、当の僕でさえ、このブログに投稿した1つの記事から何百本単位で1つの情報商材を成約していく事が出来ています。


実際、そういう売上に繋がっている記事が幾つかあり、そういう記事は今も継続的に売上(成約)を伸ばし続けているんです。


事実、コピーライティングにそれだけの力と可能性がある事は、何よりも僕自身がこうして体験済みであり「体験中」なわけですね。


しかし、このコピーライティングというスキルの可能性、重要性に、本当の意味で気が付いている人は、僕がこのネットビジネス業界をザッと見渡す限りでも非常に少ないように感じます。


それこそ、必要以上にSNSの集客に力を入れていたり、YouTube動画をひたすらアップロードする事に時間を費やしていたり、明らかに直しどころがたくさんある記事やメルマガを垂れ流しにしていたり・・・。


それなりに「やっている人」でさえ、そのような状況なのですから、これからそういう人達の教えを受けたり、影響を受けてネットビジネスを始めていく人達も、当然ながら「そういう人達」と同じような事を始めていきます。


むしろ、そういう「非効率な事」をやっている人ほど、弟子やら生徒やらを高額なコンサル料を取って集めていく傾向にありますので、その度にその「非効率なノウハウ」がこの業界に出回っていく事になるわけです。


それこそここ最近は、YouTubeがバンバン、テレビCMなどを流し、情報番組などでもYouTuberなどを頻繁に取り上げていた為、


「これからのマーケティングは動画だ!YouTubeだ!」


と豪語するような起業家が次々と現れ「もうコピーライティングは必要ありません!」「文章が書けなくても稼げます!」という認識を多くの植え付けようとしている傾向にあります。


確かにYouTubeや動画ビジネスの可能性が広がっている事は事実ですし、YouTube動画だけでも稼ぐ事が出来る時代になっている事は間違いありませんが、そのような動画中心のマーケティングを仕掛けていく上でも、


“高いコピーライティングのスキルがあれば、もっとその収入を跳ね上げる事が出来る”


という事を、やはり動画マーケティングだけに固執している人は気が付いていません。


そもそもの動画の再生数や、その動画からの導線、その後の売り込みのプロセスなど、どんなに動画によるマーケティングに力を入れても、やはりその「入口」や「繋ぎ」の部分を含め、あらゆるところで「文章の力」というのが数字を左右します。


そしてこれは、SNSを使ったマーケティング手法でも同じ事が言えますので、やはりネットビジネスにおいて「コピーライティング」というスキルは、絶対的に「避けてはいけないもの」であり、


“避ければ避けるほど、本来、手に出来るはずの大きな利益を遠ざけてしまうもの=大きな損失を生み出すもの”


というくらいの考え方をしても妥当なくらい、本当に重要度の高いスキルなわけです。


それでもコピーライティングを避けますか?

少なくとも、先程お話ししたような「一度書いただけで継続的な収入を生み出していくれる記事」を実際に書き上げていくには、この「コピーライティングのスキル」を正しく身に付けていく事が必要不可欠です。


ただ、このスキルは一度、その原理原則をしっかりと身に付けてしまえば、何度でもそのスキルを駆使して「売れる文章」を書いて「稼げる記事」を投稿していく事が出来るようになります。


幸い、今のネットビジネス業界には「アフィリエイト」という素晴らしいビジネスモデルがあるので、他社、他人が作った「良質な商品・商材」だけを自由に選んで扱っていく事が出来ます。


アフィリエイターとしてその商品を紹介していくだけで、その商品が成約されれば、その売上に応じたアフィリエイト報酬を稼いでいく事が出来るんです。


とくに僕が扱っている情報商材であれば、販売額の50%以上もの「販売者よりも多い取り分の報酬」が設定されている事も珍しくありません。


そういう商品(商材)を紹介する記事を、そのスキルを駆使して書いていくだけで、そこから「継続的な売上」がどんどん上がっていくようになるんです。


そして、そういう記事を書いていけばいくほど、またスキルが研ぎ済まされていきます。


そうなると、本当に文章を書いていく事自体が楽しくなってきますよ。


まあ、そこで楽しさを覚えるようになるかどうかは、ある程度、個人差もあるかもしれませんが、少なくとも僕は楽しくなってきました。


文章を書く事自体が楽しく、しかもその文章がお金を生み出してくれるようになるんです。


想像しただけでワクワクしてきませんか?


ただ、あまり文章を書く事自体にあまり慣れていないというところと、日本人特有の「自分の意見を言葉にするのが苦手」という国民性からか、大半の人は「文章を書く」という事自体に苦手意識を持っている傾向にあると思います。


でも、考えようによっては、だからこそコピーライティングのスキルを伸ばしておく事は、ライバル達を大きく出し抜けるチャンスでもあるんです。


先程もお伝えしたように、僕にコピーライティング、ネットビジネスの多くを教えてくれた方が1つのサイトで1億単位の収入を稼ぎ出す事が出来ているのも、僕が1つの記事から何百本も1つの商材を成約出来ているのも、


“ライバルを出し抜いてコピーライティングのスキルを存分に使い倒しているから”


なんですね。


ですので、あなたが仮に文章を書く事に苦手意識があるとすれば、それは多くの人も同じだと思います。


あなたがそこに苦手意識があるからこそ、それを克服していった先には大きな可能性があるのだと前向きに考えてみてください。


逆転の発想というヤツです。


世の中のビジネスの「成功の法則」なんていうものは、まさにこのような逆転の発想の先にあるものが大半なんじゃないかと思います。


ただ、そこに踏み出せないから多くの人は失敗してしまったり、月並みの結果しか得られないんです。


そこで歯を食いしばり、決意を固めて一歩を踏み出していった人だけが大きな成功を手にしていくのではないでしょうか。


今のネットビジネス業界には、一見は楽に大きく稼げそうに感じられるビジネスやノウハウが次から次へと出てきます。


ですが、結局のところコピーライティングをしっかり学び、身に付けていく事こそが、最も少ない労力で「大きなリターン」を「長期的」に手にしていける、その「可能性」に繋がっていくんじゃないかと思います。


要するに一見は「いばらの道」や「遠回り」に見えても、実はコピーライティングを学んでいく事こそが、ネットビジネスにおいては、あらゆる意味で「最短ルートなんだ」という事です。


少しでも僕の考えに共感して頂けるようなら、僕の方でもコピーライティングに言及した講座を幾つか公開していますので、是非、参考にしてみてください。


>足立博のコピーライティング講座一覧


それでは。


Hiroshi Adachi


文章・コピーライティング講座

>足立博のコピーライティング講座一覧


足立博の無料メールマガジン
物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ