コピーライティング上達法:分かりやすい文章を書けるようになる方法。

足立です。


僕が日頃、コピーライティングのスキルを向上させる為に日頃から気を付けている事があります。


もともとはコピーライティングを上達させようと思って始めた事ではなかったのですが、気が付くとそれを意識し始めてから明らかに文章の反応が良くなっていく事を感じたので、今日はその方法をご紹介しておきたいと思います。

コピーライティング上達法:分かりやすい文章を書けるようになる方法

この方法はコピーライティングスキルが上がるだけではなく、根本的に「人に何かを伝える事」が上手になる非常に有効な方法だったりします。


現に僕は人と話をしていても「足立さんの説明は分かり易い。」と、言ってもらえる事が多いです。


そんな僕が日常的に行っているある事。


それは「人と話をしている時」に徹底的に意識している事があり、それは自分が話をしている相手の人から、自分がした話に対して「え?どういう意味?」と、聞き返されたり、自分が話し終わってから今した話の内容で伝わって居なければいけない内容の質問をされたら、


『自分自身にマイナスポイントを課す』


といったことを常に意識するようにしています。


もちろんこれは、僕の中だけのルールなのですが、いざ意識的にやっていくようにすると非常に効果的な事だったりします。


最初はその意識を習慣化するまで、ちょっと大変かもしれませんが、あくまでも「マイナスポイントを意識するようにすればいいだけ」の話なので、決して難しい事ではありません。


では、何故これがコピーライティングスキルの上達にも「有効」なのか。


そもそもコピーライティングと言うのは「見えない相手」に対して、“言葉だけでこちら側の思いや気持ちを分かりやすく伝えるスキル”と言ってもあながち間違いではありません。


つまり、日常的に自分が何かを話す時に相手に自分が伝えない事をしっかり伝える事ができるようになれば、自ずと文章にもそれが反映されていくわけです。


「話す事」から「書くスキル」を高めていく

「話す事」も「書く事」も、どちらも言葉を使って何かを伝える事には違いは無いのですから、話すか書くかの違いはあっても、言葉を使うという本質はまったく一緒です。


つまり「コピーライティングの上達」は、何も「字を書く事だけがすべてでは無い」という事です。


基本的に多くの人は「書く事」よりも「話す事」の方を先に覚えて来たはずですし、大抵の人は書く事よりも話す事の方が圧倒的に多いはずです。


この事からも話すという本質の部分から日頃取り組んでいけば、字を書いて伝えるコピーライティングの段階で、とても分かりやすく文章を書く事ができるようになっていきます。

それと並行して、僕は「自分が話す時ではなく自分が話を聴く側の時」にも、同じように相手の話が自分に伝わったか?という事を意識しながら人の話を聴くようにしています。


これも同じように、コピーライティングのスキルを向上させる効果がある事も僕自身、実証済みです。


相手の話が分からない事があった時に、『なぜ、今の話し方で私が分からなかったんだろう?』と、その場で考えるようにするんでうs。


大体すぐに答えが分かります。話の意味が分からない時の理由で一番多いのは、話に主語が無い事が圧倒的に多いのですが、それすらも自分の知識のひとつとして蓄える事が出来ます。


例えば相手の話に主語が無くてあなた自身、相手の話が分からなかったという場面に遭遇した時、


『主語が抜けるだけで、これ程話というのは相手に伝わらない事なんだ』


という事をしっかりと学ぶ事が出来れば、自分が話す時に気をつける事が出来るようになります。


すると、いざ自分で文章を書く時にも『主語が抜けていると、話が分かり難くなる。』と、気を付ける事で文章力は少しずつ確実に上達していきます。


何も一気に飛躍的に上達するだけが勉強や学びではありませんからね。


要するにコピーライティングというのは、書く事でしか学べないものでは無く、日頃の会話からでもコピーライティングが上達するヒントはたくさんあるという事です。


是非、そんな「日常生活あらのスキル向上」を意識していくようにしてみてください。


コピーライティングのような「本質的なスキルの向上」はそんな習慣を意識していく事が一番の近道なのではないかと思います。


少なくとも今日ご紹介した方法はほんの少しの「意識」で出来る事ですからね。


是非やってみてください。


Hiroshi Adachi


>コピーライティング講座一覧へ


お勧めコピーライティング教材 レビュー

>The Million Writing(ミリオンライティング)と足立博

>コピーライティングアフィリエイトプログラムと足立博


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ