コピーライティングにおけるキャッチコピーの考え方。

足立です。


ネットビジネスは「コピー」が重要であり、コピーが重要であるからこそコピーライティングのスキルが、その「成果」を上げていく上で必要不可欠だと思います。


これはこのブログ、メルマガで僕が常々主張している事ですが、いざコピーライティングの勉強をし始めると、その中でまず「重要性」を強調されるものの中に「キャッチコピー」というものがあります。


“コピーで反応を取っていくには強烈なキャッチコピーが必要不可欠”


こんな事が大半の書籍・教材に書かれている為、多くの人はこれを忠実に受け止めて「強烈なキャッチコピーを作る事」に力を入れていく傾向にあります。


ただ、どんなにキャッチコピーに拘っても、なかなか思うような成果を上げられない人が多いというのも、現実としてあるのではないでしょうか。


実は僕もそんな「キャッチコピー」に一生懸命拘って、思うような成果を上げられずに苦しんだ時期がある当事者の一人だったりします。


そして僕と同じような経験をしている人や、そこに「気付いていないだけ」で、実は同じ壁に現在進行形でぶつかっている人などが、この業界にはかなり多くいるのではないかと思います。


少なくとも、僕はそのような経験を経て今に至っている状況にありますので、「キャッチコピーばかりに捉われてしまい、結果に繋げられていない人」の為に、今日はその「キャッチコピー」をテーマにその考え方等をお話しさせて頂こうと思いました。


現在進行形でコピーライティングを勉強されている方は勿論、これから本格的に勉強していこうとしている人にも、確実にお役にたてる話だと思いますので、是非、読んでおいてください。

コピーライティングにおけるキャッチコピーの考え方。

まず、人によっては残酷な現実になってしまうかもしれませんが、1つ、この「キャッチコピー」における真実をお伝えしておきます。


まず、あなたがどんな題材でコピーを書いているとしても、「キャッチコピー」にどんなに力を入れていっても、「それだけ」では、結果には繋げていけないと思います。


何故なら人は「キャッチコピー」でモノを買うのわけではないからです。


キャッチコピーはあくまでも「興味」を引く為のものであり、「成約」という段階をゴールとするのであれば、それを果たす為の1つの要素に過ぎないものなんです。


言わば、その「続き」その「先」を読もうと思うかどうか、その「動機」を引き出す為のコピーでしかないわけですね。


勿論、先立つその動機を引き出せなければ、その先のコピーやアピール文を読んで貰う事は出来ませんので、キャッチコピーが重要である事に変わりはありません。


要するにキャッチコピーのみが「成約の決め手になるわけではない」という事です。


とくに多くの人がコピーライティングのスキルを活用していこうとしている「アフィリエイト」において言えば、それこそ「強烈なキャッチコピーを書ける力」はあまり必要ありません。


勿論、そういうコピーを書く力があるに越した事はありませんが、僕のようにブログやメルマガを主体にアフィリエイトをしていくのであれば、そこまでキャッチコピーの強烈さに拘る必要は無いと思います。


というより「拘る場面が少ない」と言う方が適切かもしれませんね。


現に自分に置き換えて考えてみてください。


ブログやメルマガを「読む」というプロセスに入る際、強いて「キャッチコピーに惹かれて読む」というような事がそこまで多くありますか?


まあ、メルマガの件名に惹かれて、とか、ブログのタイトルに惹かれて、という事も全く無くは無いと思いますが、そういうパターンでブログやメルマガを読むのはせいぜい10回に1回くらいではないでしょうか。


スパム的なメルマガをバンバン送り付けるというなら、それこそ強烈な「件名」で興味を引いて読ませる必要はあるかもしれませんが、今時、そんな事をやっている時点で先は無いと思います。


そもそもスパムメールは違法ですから(苦笑)


ただ仮にブログやメルマガをそのタイトルや件名で「読んで貰える段階」まで持って行けたとしても、結局そこからの「内容」が勝負になってきます。


ブログ記事のタイトルやメルマガの件名だけで、何が生まれるかと言えば、そこで生まれるのは「読んでみよう」という動機に過ぎないわけです。


キャッチコピーで生み出せるものは「読んでみよう」という動機。

勿論、その動機は非常に重要ですが、やはり「それだけ」では駄目なんですね。


結局はその「中身」と「内容」が大切になってくるという事です。


そして、ブログへのリピーターやメルマガの愛読者さんを増やしていく為に必要なものも、やはりその「中身の濃さ」「内容の質の高さ」なわけです。


実際にそういうリピーターや愛読者さんを増やしていけば、強いてタイトルや件名に拘る必要も無くなってくるんですから。


では、その「中身」「内容」の質を上げるには一体どうすればいいのか。


これは当然、一言で片づけられる事ではありませんが、強いてあなたが「すぐにその質を向上させられる方法だけ」をここで伝えるなら、答えは1つしかありません。


文章を「心で書くようにする事」です。


「心で書く?何それ?」


あなたはそう思われたかもしれませんが、これは全く持って抽象的な話でも精神論的な話でも何でもありません。


要するに「自分の素直な気持ち、考えを真っ直ぐに書いていくようにする」という事です。


それが僕の言う「心で書く」という事の意味であり、それ以上でもそれ以下でもありません。


簡単な事ですよね?


自分が思っている事をただ素直に書いていけばいいんですから。


その「文章を心で書く」という方法が、僕が知る限り最も手っ取り早く、あなたの文章の質を飛躍的に向上させられるコピーライティングの「黄金法則」だと思います。


少なくとも、僕がやっているようなブログやメルマガを主体とするアフィリエイトで成果を上げていきたいのであれば、これ以上手っ取り早い方法は無いかもしれません。


下手にテクニック論に拘っていくよりは遥かに文章の質、そして反応を向上させられる事が出来るはずです。


心で書く文章がその質と反応を上げられる理由。

何故、自分の考えや思っている事を素直に文章にしていく事で、その質と反応を飛躍的に上げられると断言できるのか。


それはそういう文章にこそ、人柄や人間性が現れるからです。


これは、普段の会話でも同じ事が言えると思いますが、嘘を言っている人や自分をひた隠している人の言葉は、やはりどこか空虚なものに聞こえるはずです。


それは文章でも同じ事であり、むしろ文章を書く事に慣れていない人ほど、そうなってしまうのは当然の理屈だと思います。


逆に言えば、自分の気持ちや考えに反するような事を一生懸命、文章にしている人はつたない表現力で必死に嘘をついているのと同じなんです。


そんな人の話に信頼を寄せる人がいるでしょうか。


要するにブログやメルマガで文章を書いているアフィリエイターの大半は、変に着飾った言葉を使おうとして、自分が普段使いもしない言葉やまず主張しないような事をダラダラと語ってしまうんです。


そんな「よそ行きの言葉」をダラダラと並べるくらいなら、普段、あなたが使っている言葉で、あなたが思っている事を素直に書いていく方が遥かに反応が取れる文章になると思います。


そういう文章を書いてこそ、自分にしか書けない自分らしい言葉、文章がそこに出来上がるからです。


少なくともどこか上の空で「人の温度」が感じられない文章では、人は心を打たれませんし、反応もしてくれません。


当然、そんな文章からは「消費」は生まれない訳です。


だからこそ、下手にスキルやテクニックを持ち併せていないような段階の時は、下手に着飾った言葉を意識せずに「素直に正直な気持ちで文章を書く事」が非常に重要になってくるわけです。


心で書く文章を書く事 > テクニック 

そしてこれは「キャッチコピー」でも全く同じ事が言えます。


それこそ多くの人はこうしたキャッチコピーを作る際、とにかくあれこれと、色々なコピーライティング関連の書籍、教材に書いてあったテクニック論を意識し過ぎる傾向にあります。


ですが、そんなものは本来、二の次でいいんです。


例えばキャッチコピーを普段の「会話」に置き換えて考えてみます。


普通、会話の最初にはまず聞き手に関心をもってもらう事を目的として、何らかの形で話を切り出すはずです。


これがまさに「キャッチコピーの考え方」なんです。


「○○って知ってる?」


こちらから会話を切り出していく際は、まず、こんな感じで聞き手の興味を引いて、話に耳を傾けさせるはずです。


そして、そこから自分がその事についてどう思っているのか、その人にどうしてほしいのか、などを順序立てて話していくというのが普段の会話で誰もが当たり前のようにやっている事ではないでしょうか。


そこで何かの行動を実際に促したいなら、その人がその行動を起こす事によるメリットやベネフィットを提示しなければなりません。


その辺りの「文章によって人に行動を起こさせるにはどうすればいいのか」というところに、コピーライティングにおけるテクニックが存在するわけです。


ただ、そういったテクニックは、「まず自分の考えを素直に文章にしていく」という前提に加えていくものなのであって、テクニックが先にあるわけではありません。


多くの人はそこを逆に捉えている傾向にあり、だからなかなか反応が取れる文章を書く事が出来ないのです。


それどころかテクニックばかりに気を取れられて「心で文章を書く」というところが完全に抜け落ちてしまっている人も少なくありません。


でも、それは「違う」という事です。


あくまでもベースはあなたが普段使っている言葉、表現でいいんです。


コピーライティングというスキルはそれ前提的なベースにテクニックを加えていくものなんですね。


もしもその優先順位や捉え方を間違っていたようなら、今日を境にその意識を切り換えてみてください。


そしてその切り替えた意識を前提にした上で、僕が公開している「コピーライティング講座」の方をご覧になって頂ければ、一層1つ1つの講座内容を良い方向に活かして頂けるんじゃないかと思います。


>足立博のコピーライティング講座一覧


それでは。


Hiroshi Adachi


文章・コピーライティング講座

>足立博のコピーライティング講座一覧


足立博の無料メールマガジン
物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ