初心者がアフィリエイトで稼ぐ為に必要な事。重要な事。

足立です。


今日は、初心者がアフィリエイトを始めていく際、そして稼いでいく際の「心構え」というか「意識するべき重要なポイント」ついて書いてみたいと思います。

初心者がアフィリエイトで稼ぐ為に必要な事。重要な事。

世間では「アフィリエイト」というと「怪しい」「胡散臭い」「楽して稼いでいる」というような偏見の目で見られてしまう事があります。


それでもアフィリエイトへの偏見は、昔よりはかなりマシにはなった感はありますが、それでもインターネットに馴染みの薄いような人達からは、まだまだ訝しげな顔をされる事が多いです。


アフィリエイトで全く稼げていないうちは、現に「稼げていない」わけですから、回りの人にアフィリエイトがどう思われる、思われているかにはあまり気にも留めない事かもしれません。


ただ実際にアフィリエイトで稼ぐ金額が毎月50万円や100万円を超えてくると世間の目は一転して「楽して儲けやがって、、、」的な目で見るような人が出てきます。


それくらい「アフィリエイト」というビジネスは、世間的にまだまだ理解されていないのが現実だという事です。


ずっとインターネット上で情報を見たり読んだりしていると、少々その「世間」とのズレを感じてしまうところもあるかもしれませんが、インターネットに触れていない層の人達というのも実際は世の中にまだたくさんいます。


そういう人達からすれば、何を売るでもなくブログやメールマガジンをやってサラリーマンの2倍3倍ものお金を稼ぐというのは、やはり不可解な世界の話なんだと思います。


ただ「パソコンを使ってインターネットで稼いでいる」と聞けば、そういった層の人は「楽をして稼いでいる」という印象を持ちますが、実際アフィリエイトで稼ぐ事は言うほど、楽でも簡単でもありません。


これは「稼いでいる人ほど」その現実を知っていると思いますし、やってみて「稼げなかった人」も、決して楽に儲かるようなビジネスではないという事は体感しているのではないかと思います。


アフィリエイトで稼ぐ事は、決して「楽」ではない。

これはどんなビジネスでもそうですが、やはり「人並み以上の結果」を出すまでには、それなりの努力が必要ですし、何よりもそれを継続し続けなければなりません。


努力と継続。


これはどんなビジネスにも必要不可欠な要素だと思います。


ただ、世の中のビジネスにはその「継続」という部分だけでも大きな費用がかかるビジネスはたくさんあります。


そもそもお金を一切かけずに「ビジネス」を始められるようになったのは、まさにインターネットが登場してからだと思いますし、それがネットビジネスの強みの1つではないかと思います。


この「一切お金をかけずに始められる」というところが、多くの「甘い認識のアフィリエイター」を作っている要因にもなっていると思いますが、何にせよアフィリエイトはお金を一切かけずに始められます。


そして一切お金をかけずに「継続」する事が出来ます。


その「継続」をし続ける事ができた人が、その結果としてアフィリエイトで稼いでいるわけです。


ただ中にはどんなに継続しても「稼げない」という人達もいます。


その要因は「正しい手順を踏んでいない事」と「正しい努力をしていない事」にあるのではないかというのが僕の考えです。


「正しい手順を踏んでいない」は稼ぐ為にやるべき事をやっていないケース。


「正しい努力をしていない」は稼ぐ為に必要なスキルを身に付ける為の努力を出来ていない(していない)というケースですね。


アフィリエイトにも色々なジャンルがありますので、その「正しい戦略」も「正しい努力」もそのジャンルによって変わってくる部分がありますが、物や情報を「売る」という見方をすればやはり「文章のスキル」は必要不可欠になってきます。


僕が日頃から重要性を訴えている「コピーライティング」のスキルですね。


アフィリエイトで稼ぐ為の戦略、努力はコピーライティングから。

少なくとも僕のようなブログやメールマガジンを使うような戦略で「情報商材のアフィリエイト」を行っていくのであれば、コピーライティングのスキルは何よりも重要なスキルです。


とくに情報商材のアフィリエイターには、今後は更に「信用」や「信頼」が重要な要素になっていくと思います。


その信用や信頼を作り出すのは「自分が発信していく情報」であり、情報の発信は基本的には文章で行っていくしかありません。


今でこそ「動画で」という選択肢もありますが、どんなに動画主体で情報発信をしていこうと思っても、その動画を「見て貰う為」には少なからず文章による誘導も必要になってくるはずです。


つまり僕がやっているような「情報商材のアフィリエイト」であれば、とにかく必要な事は「情報発信を継続する事」であり、それを「戦略」とするなら、必要な努力は「文章(コピーライティング)のスキル」を身に付ける為の努力ではないかと思います。


言わばこれが情報商材のアフィリエイトで稼ぐ為の1つの答えだという事です。


この答えを避けている人、違う方向性の努力をしている人は当然ですが、稼ぐ事は出来ないと思います。


また、そしてその継続が出来なかったが「稼げなかった人」なのではないでしょうか。


あとは自分が学んでいるコピーライティングのスキルが本当に正しいものなのか。


実はこれも非常に重要なポイントの1つだと思います。


それこそ「自分の書いたコピー(文章)」がコピーライティングの原則に沿っているのかを実際に見てくれる、そんな「コピーライティングの先生」が居れば、それはまさに「最高の環境」だと思いませんか?


そしてその「コピーライティングの先生」が極めて高いスキルを持った実力者であるなら、それ以上の環境は無いのではないかと思います。


あとはその指導に従って「正しい努力」と「継続」をしていけばアフィリエイトは間違いなく結果を出す事が出来るわけですから。


「努力の方向性」と「それを継続する価値」を変えてくれるアフィリエイト教材。

ちなみに僕は色々と遠回りをした上で、その「コピーライティングの先生」を見つける事が出来た事で、その瞬間からアフィリエイトで稼ぐ為の最短ルートを辿る事が出来たと思っています。


その結果や成果は、今の僕のブログを読んで見て頂ければ分かっていただけるのでは無いでしょうか。


「インターネットビジネス」に精通した範囲では間違いなく国内でトップクラスの実力と実績を持っているコピーライターが、自分の文章、コピーを実際に見て指導してくれるという「環境」が用意されたアフィリエイトプログラム。


それがこちらの「Copyrighting Affiliate Program」です。


>Copyrighting Affiliate Program


僕は、この教材で大きく人生が変わったと言っても過言ではありません。


そして僕のように人生を変えられた人は本当にたくさんいる教材だと思います。


それくらいの環境が用意されているのですから、当然と言えば当然かもしれません。


あなたがこの環境に身を置かずにアフィリエイトを続ける事。


それが既に「遠回り」なのではないかと思うくらい、僕は「アフィリエイトで稼ぎたいならまず参加しておいて絶対に損は無いプログラム」だと思っています。


是非、僕と同じようにあなたのアフィリエイター人生も大きく変えてみてください。


「努力の方向性」と「それを継続する価値」そのものが大きく変わると思いますよ。


それではまた。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ