新年のご挨拶~僕がネットビジネスで稼げるようになるまで。~

足立です。


2016年、あけましておめでとうございます。


今年もどうぞよろしくお願いします。


年明け最初の記事という事で、今日は僕が「今日」という日までやってきた事を書いてみようと思います。


僕のような境遇で人生を歩んでいる人は稀だと思いますが、僕のような人間がこうした「人様に対して情報を発信していく事」でそれなりのお金を稼ぐ事が出来ているという事実は、少なからず、それを励みにして頂けると思うからです。


少なくとも、このブログを読んでいる下さっている方の大半は、ネットビジネスというフィールドで少なからずお金を稼いでいきたいという願望を持っている方だと思いますので。

僕がネットビジネスで稼げるようになるまで。

これまでの記事でもお話ししてる通り、僕は中学校を中退し、15歳で社会に出てから約30年間、自分ですべてを決断して行動してきました。


僕がまともに「教育」を受けていたのは中学1年生までで、中学2年生以降は「更生施設」に預けられ、施設から戻っても悪友や地元の悪い先輩たちと遊び回る生活を送ってしまい、それから二度と中学校に足を踏み入れる事はありませんでした。


当然、そんな僕に「やりたい仕事」などがある筈も無く、また中学を中退した人間を雇ってくれるのは、土建屋や建設会社などの肉体労働をする現場仕事ばかりで、当時の僕はそんな限られた選択肢の中で「生き方」を選んでいくしかなかったのです。


それでも僕は最初はその限られた選択肢の中で「建設業で独立する」という夢を描いて、何年かはその現場仕事をこなしてきました。


ですが、その労働生活は、朝起きると枕にタップリと染み込むほどの鼻血を毎日出すほどの疲労が貯まっていくような生活で、現場の誰よりも若かった当時の僕は、とにかくどの現場でも過酷な仕事を体がボロボロになるまで課せられたのでした。


そんな状況でも、僕は真夏の炎天下の中でもフラフラになりながら仕事をしていたのですが、次第に疲労がピークを迎えると、頭に急な激痛が走るようになってしまい、僕は建設業そのものを継続する事さえ困難になってしまいました。


そして僕は意を決して建設業での独立を諦めたのです。


その後、僕が小さな会社を作ったのが二十歳の頃でした。


その自営業を続けていく中で、ようやく僕は「自分のやりたい事」を形に出来るようになり、自分の考えたデザインを活かした家具屋や、ハンドメイドのレザーアーティストとしての道を開拓していったわけです。


そしてその道を開拓していく中で触れていくようになったのが「インターネットの世界」であり、それが僕がネットビジネス、ネットマーケティングを始めていくようになるきっかけになっていったのです。


コピーライティングの重要性を知る。

こうしてインターネットで商品を売る事、売れる事を認識していった僕は、早い段階であるスキルの重要性に気が付きます。


それが、このブログでも度々お伝えしている「コピーライティング」と呼ばれる文章を書く為のスキルです。


家具にせよ、レザーアイテムにせよ、ネットで商品を売っていくには、「文章の力」が必要不可欠であり、その「文章の力」を身に付けていくにはコピーライティングを勉強していく必要があると思ったわけです。


この時の僕の「気付き」が功を奏し、僕の「インターネットを介しての商品売上」は、そのスキルを伸ばしていくと共にグングン伸びていきました。


そして、その際に培った知識や経験を活かせるビジネスとして、このような「ネットビジネス」をテーマとするブログを起ち上げ、今に至っているというわけです。


結果として僕は、このようなメディアを構築する事で、本業である物販業とは全く別の収入を得る事が出来ています。


ただ、今は誰もがこのような「インターネット上に掲げたメディアのみ」で、自由に収入を得られる時代になっている事は間違いなく、このような「収入源の構築」は、本当に誰もが比較的、容易に出来てしまう時代になっています。


事実、僕がこのメディア(ブログ)を構築する為に「実際にやってきた事」は至ってシンプルな工程のみであり、その工程自体は、やろうと思えば、誰もが簡単に出来る事です。


ですが、これは決して「ネットビジネスは簡単に儲けられる」という事を言っているのではありません。


やる事自体は「シンプルな工程」であっても、その「シンプルで工程」で実際にお金を稼いでいくには、その「シンプルで工程」でお金を稼げるだけのスキルやノウハウが必要になってきます。


それが他でも無く、僕が早い段階で気が付いた「コピーライティング」というスキルであり、そのスキルを駆使したマーケティングノウハウなどにあたるわけです。


結局、「楽に」稼ぐには・・・。

ネットビジネスを始めていく際、多くの人は「文章が苦手」というような理由で、文章を書く事やその為のスキルを学ぶ事を避けようとする傾向にあります。


そういう稼ぎ方やそういったスキルを学ぶ事が「大変そう」であり「楽ではなさそう」と考えているだからです。


言わば「楽」をする為に、そういう稼ぎ方やそういったスキルを避けているわけですが、ネットビジネスの本質や現実を捉えると、その道筋はむしろ、より大変で楽ではない道筋でしかありません。


実際にその道を避けて、長期的に稼ぎ続けている人を僕は見た事が無いからです。


勿論、せどりなどのビジネスでコツコツと稼ぎ続けているような人はいると思いますが、それも決して「楽に」稼いでいるようには見えません。


むしろ本当に「楽に」稼いでいるのは、アフィリエイトなどで稼ぎ続けられる仕組みをしっかりと作り上げているような人達です。


そういう人達はほぼ例外なく、メールマガジンなどでコピーライティングのスキルを駆使してその仕組みを作り上げているのです。


ただ、そういう人達は間違いなく、その稼ぎ方やそのスキルを磨く為に努力をした時期があるはずであり、その努力を経てそのような状況を作っています。


つまり、その努力を避けている人ほど、結果的にはより苦労を伴う道を進み続けているという事であり、その努力を避けずに受け入れているような人ほど、成功を手にしているという事です。


あなたが本当の意味で「楽に」稼ぐ事、稼ぎ続けていく事を望まれるのであれば、まずは然るべきスキルを身に付けていく為の「努力」をする道を選んでいった方がいいと思います。


一見は「楽」そうに見える、目先の利益ばかりを追えば追うほど、その労力と時間は無駄なものになっていく可能性が高いと思うからです。


もし、ご自身に思いあたる節があるようであれば、今年はその意識を変えて行動してみてください。


少なくとも、僕のブログでは、そんなあなたのお役に立てるであろう情報を多数公開していると思いますので。


Hiroshi Adachi


足立博の無料メールマガジン

物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログ、運営者である足立博の公式メールマガジンです。


クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして有益な情報やノウハウを余すことなく情報発信しています。


購読は無料ですので僕の生き方や考えに少しでも興味や共感を覚えている下さっているようなら是非ともご登録ください。


巷では有料で公開されているレベルの質の高い情報をシェアさせて頂きます。

>Hiroshi Adachi公式メールマガジンへの無料登録はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

Hiroshi Adachi

足立博


中学中退という異例の経歴を持つ「小卒社長」。2000年にバリ島家具のフルオーダー専門店ROBIN、2004年にCANDy BLOODを開業。同時にインターネットマーケティングを学び各リアル店舗事業を成功させる。
>足立博プロフィール・経歴


物販事業経営者、アフィリエイター、マーケッターが集まるHiroshi Adachiのブログの運営を開始。クリエイターとしての活動の傍らマーケティングアフィリエイターとして情報発信中
>足立博のメルマガはこちら

CANDy BLOOD

CANDy BLOOD


あなたを強烈に表現するためのハンドメイドレザーアイテム専門店です。CANDy BLOODは、消耗品という位置付けの量販品では感じる事のできない「ステージの違いを感じる事の出来るハンドメイドアイテム」をあなたの為だけに創り出しています。よろしければ是非HPの方も覗いてみてください。
>ハンドメイドCANDy BLOOD


バリ島家具専門店ROBIN

バリ島家具専門店ROBIN


洗練されたバリ島家具を扱う専門店です。家具屋の事など何も知らなかった私が独りで買い付けに行った事からROBINの物語は始まっています。是非ショップのHPも覗いてみて下さい。
>バリ島家具専門店ROBIN


このページの先頭へ